どっちがファースト?

皆さんご存知かどうか分かりませんが、放送局というところはそれなりに言葉遣いには注意を払って勉強しています。その割には間違いが多いと言われるとそれまでなんですが。

でも日頃から、テレビやラジオに出て喋る人、そしてテレビやラジオの放送用の原稿を書く人やテロップを作る人に注意を促すいろんな書類が回ってきているのは事実です。例えば視聴者センター週報とか用語月報とか…。で、結果としてテレビやラジオに出ることもなくテレビやラジオの原稿を書くこともテロップやフリップを発注することもない社員の目にもそれらは触れるわけです。

んで、実はそれらは時として鬱陶しいのです。何それ?と思うこともあるのです。

例えば、「ファーストフード」ではなく「ファストフード」だという指摘(指導?)。何それ? 曰く、マクドナルドやミスタードーナツは first food ではなく fast food なので「ファーストフード」と書くのは誤り、と。

──それって、なんか杓子定規で納得の行かない理屈だと思います。

音としてむしろファーストに近いのは first ではなく fast のほうではないですか? いや、この場合はどちらも元の発音をちゃんと書き伝えきれていません。そもそも外国語を、外国語の日本語にない音を、カタカナで表記し切ろうとすること自体が無謀なのです。

でも、もし松本道弘式に書くなら first はフーストでしょう?

first の母音を日本では「曖昧母音」と言います。しかし、曖昧に感じるのはあくまで日本人の感覚であり、欧米人にとっては非常に明確な母音なのではないでしょうか? ただ、なんであれ日本の文字では未だに表記のしようがない音であることは間違いありません。

そもそも表記のしようがないのだから、「first の場合はファーストと書くのが正しい」という理屈は既に破綻してしまっているのです。

そして、fast の母音もまた日本語にない音です。中学では「エとアの間」などと説明されることが多いようです。となると、むしろ fast のほうがフェアストとかフャストなどと、まだ近い音を書き表せそうな気がします。

ただ、鎖国が終わって外国人と外来語が入ってきた時、日本語には f という子音さえなかったわけで、それを考えるとファという表記が精一杯であり、first も fast も同じようにファーストになってしまっても仕方がないように思います。

単音は1字で、長音になるとそこに横棒を足すのが日本語だと単純に理解している人も多いかと思います。しかし、実はそんなに厳格かつ単純なものではありません。例えばその理屈で言えばボーイは誤りでボイと書かなければなりません。doll はドールではなくてドルまたはダルになるはずです。

日本語で外来語を表記する時、アクセントのある音節には不思議に長音を充てたくなるのです。逆に長音棒引きを見るとそこにアクセントがあると思ってしまいがちなのです。パターンなどという表記はその悪しき例です。

長音だから棒引きにするということが必ずしも正しい発音やアクセントに繋がるわけではないということがお解りいただけたでしょうか?

そもそも明治政府が長音の時に棒を使って表記する「字音棒引き」を教科書に採用したところから始まって、外来語の表記はなかなか難しいところに入ってしまったのです(詳しくはここをお読みください)

よく考えれば日本語で書き表しようがないものを平然と書き表している例はたくさんあります。例えば the がザ、three がスリーだなんてあんまりだと思いませんか?

lord も road も一緒くたにロードなのに、fast だけは頑としてファーストではないと言うバカバカしさを私は感じてしまうのです。mail はメール、note はノートと頑なに伝統的な(つまりは実際の発音とは遠い)表記を守っているのに、bowling だけはボーリングではなくボウリングでなければならんと言う不統一を私はおかしいと思うのです。

別に「ファーストフード」だって構わないじゃないですか。

逆に「あ、そうか、ファストフードなのか。first ではなくて fast なんだ」と納得する人がいたらお会いしたいもんです。こんな風に書くと大変申し訳ないのですが、多分英語の発音にあまり慣れ親しんでおられない方なのではないかという気がします。

Copyright©yama-a Apr.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ