「自分事」にひとこと

最近「自分事」という単語を耳にしたり目にしたりすることがあります。「じぶんごと」と読ませるようですが、私にはこれが気持ち悪くて仕方がありません。どうも成り立ちから間違っている熟語であるように思えるのです。

自分事というのは、意味としては他人事ではなく自分事、つまり、知らない人・関係のない人のどうでも良い話ではなく、自分に降りかかってくる、自分の責任でなんとかして行かなければならないもの、という意味のようです。

つまり、ここでは自分事が他人事と対になっているわけですが、これが実は対になっているようで対になっていないのです。なぜなら「他人事」は「ひとごと」と読むからです。

「他人事」を「たにんごと」と読むのは間違いであるということは随分前から至る所で指摘されています。しかし、何度も指摘されるということは何度指摘されても改められる向きがないということであり、既にあまりに広がりすぎているので、多分近い将来その読みは公認されてしまうでしょう。

ただ、まあ、規範性の強い日本語の使い手を自認する私が書く上では、一応現時点では誤読であるとさせてください。ここではそれを前提に書きます。

さて、「他人」と書いて「ひと」と読ませることはよくあることです。「ひと」という単語で「他人」を表すこともよくあることです。

例えば「人の振り見て我が振り直せ」という常套句は、その意味を明確にしたい書き手は「他人の振り見て我が振り直せ」と書きます。読みは同じく「ひと」です。

「ひと」という単語は man とか they とか human being とかを表すこともありますが、others や strangers の意味でも使われるのです。当然その場合は「他人」という漢字を充てることができます。

とくに「ひとごと」という場合、単純に「人」という漢字を使ってしまうと「人事」になってしまい、これは誰が読んでも「じんじ」でしょう。そうなると別の意味になってしまうのです。だから「他人事」あるいは「他人ごと」と書いておいたほうが間違いがないのです。

ところが、これを「たにんごと」 と読んでしまう困ったちゃんが現れて、この言葉は混迷の海に流れ出して行くことになったのです。

で、「たにんごと」の対義語ならば「じぶんごと」だという発想の造語が「自分事」という表記をまとっているわけですが、「他人事」は「ひとごと」であり完全な大和言葉の熟語であるのに対して、「自分事」は漢語+大和言葉の造語になっているわけで、そこが私が気持が悪いと思う所以なのです。

では、どうすれば良いか?

「他人事=ひとごと」と対応するためには、前半部分を「自分」という漢語ではなく大和言葉にする必要があります。となると、出てくるのは「私事=わたくしごと」です(これを漢語として「しじ」と読んでしまうと、やはり「ひとごと」とはペアにならないのでダメです)。

しかし、私事という言葉は「公的ではなく、個人的な」という意味ですから、意味の上では残念ながら「他人事」の対義語としては不適切です。

ならば、何が正解か?

「我が事=わがこと」ではないかと思うのです。これならば響きも大和言葉ですし、意味・用法も「他人のことではなく、我がこととして捉える」ということになって、しっくり来るのではないでしょうか。

つまり、昔からある「我が事」という表現が立派に「他人事」の対義語として通用するのに、そこに無理やり「自分事」という造語を持ってきたところが気持ち悪さの根源だったということです。

どうです? え? そんなことどうでも良いって? まさに他人事ですか?

人がこんなに丁寧に説明してあげているのに、人の気も知らないで…。

ちなみに、上記の「人」は「人間」でも「他人」でもなく、「自分」「私」を表しています。「人」も言葉も非常に多様な存在であるというのが今回の結論ということになりましょうか(笑)

Copyright©yama-a May.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ