当意即妙の受け答え4

与謝野馨氏が野党である「立ち上がれ日本」を離党して菅政権の閣僚に迎えられたとき、古巣である野党からは当然ながら裏切り者と罵られ、一方与党の議員からも「つい先日までは民主党批判の急先鋒だった人物ではないか」と不信感を顕わにされていました。

与党と野党の両方から責められ、与謝野氏はしどろもどろの弁明をするしかありませんでした。

そんな与謝野氏の名前をこんな風に皮肉って twitter で呟いた人がいました:

与党と野党の間で謝っている

これを読んで私は非常に面白いなあと思いました。こういうのこそを「ウィットに富んだ」と形容すべきなのではないかと思いました。そして、そういうウィットに富んだ発言を、特に誰かに何かを投げかけられたときの「返し」としてこういうことが言えれば最高だと常々思っています。

このホームページで今まで3回にわたって書いてきたこのシリーズはまさに巷で見つけたそういう例のコレクションです(「当意即妙のことば」「当意即妙の受け答え2」「当意即妙の受け答え3」)。

これは twitter ではなく2ちゃんねるで見つけた例なのですが、こんな当意即妙がありました。

ケーキ三等分するじゃん?
1/3って0.33333333…じゃん?
じゃあ残りの0.00000…0001はどこに消えちゃうの?

ナイフに付着してるんじゃね?

ね、却々おかしいでしょ?

あるいは会社で聞いたこんな会話。話している2人は40代の同期入社。途中からひとりがフーゾクについて語り始めたので、あきれたもうひとりがこう言いました。

若い頃は俺もよく行ったけど、さすがにこの歳になったので、もう卒業したよ

すると、言われた彼は驚いた顔をしてこう返しました。

え、卒業? 俺なんか留年しようかと思ってるのに…。

どうです? 相手の使った表現を受けてのウィットに富んだ返しだと思いません?

次は facebook でのやり取りの例。

私の妻は方向音痴の私とは正反対に場所に関する記憶が優れています。所謂「写真記憶」の能力があるらしくて、一度行った場所であればまるで写真を見ているように、「この先の左側にはレンガ造りの洋館があって」などと詳細に想い出すので驚くことがあります。

ただ、不思議なことに彼女はデパートなどでエスカレータを昇り降りしようとすると必ずと言って良いほど反対側(例えば昇りたいのに降下用エスカレータ)の前に行ってしまうのです。

そのことを facebook に書いたら、それを読んだある人がこう書いてきました。

写真記憶は動画ではないので、エスカレータが上りか下りか判別がつかないのではないでしょうか?

うーん、これはお見事。一本取られたとしか言いようがありません。

さて、いつもはいくつかこういう例を載せた挙句に、最後は私自身のネタで締めることにしているのですが、今回は勇気を振り絞って(?)ここから最後まで私のネタ何連発かで行きたいと思います。当意即妙には遠いと言われなければ良いのですが(笑)

私は他人からは妻に対して優しい人間だと思われることが多いみたいで、そう思われることは別に構わないのですが、ときどき揶揄を込めて「愛妻家ですねえ」と言われることがあります。何度も言われてるとちょいと鬱陶しくなってくることもあって、そんな時にはこう返します。

実はウチ、恋愛結婚なんですよ

世の中のほとんどが恋愛結婚になった今だからこそこういう返しがすっとぼけた皮肉になる、と私はひとり悦に入っているのですが、残念ながらその意図するところをちゃんと読み取って言葉につまるような人は稀で、哀しいかな、大抵の人は「何それ?」という感じでスルーしてきます。

それじゃ、とても当意即妙の受け答えなんて言えませんよね。すみません。

では、こういうのはどうでしょう? twitter でのやり取りです。

誰かが歌詞の一部を書いて、それを受けて誰かがその歌詞の続きを非公式RTで続けて、なんてことはよくあるのですが、このときも最初は誰かが「雪は降る あなたは来ない」と書いたのが発端でした。

それを受けて誰かが「アダモも来ない」と続けました。それを受けて私が「アダモステも来ない」と書きました。これはアダモとアダモステの両方を知っている世代には受けが良かったと見えて結構大量に RT されました。

同じく twitter での歌詞ネタ。

ある人が「今、浅香唯の『セシル』を聴いている」と書きました。私がそれに「浅香唯けど昼は痒くない」と続けました。そうすると彼は「たぶん夜も痒くないでしょう」と応じてきたので、私はさらにこう返しました。

いや、誰も痒くないです。何故なら作曲は NOBODY だから。

これも一部の方には受けたみたいです。自分で書くのもなんですが、単に浅香唯の名前で遊んだだけではなく、そのヒット曲の作曲が誰であったのかまで頭に入っていないとできない返しです(と自画自賛w)。

同じく twitter での歌詞ネタ。このときはロスインディオス&シルビアの『別れても好きな人』でした。このときのやり取りも非常に面白かったのですが、長くなるので今回は中抜きします。

ともかく歌詞を非公式RTで続けて行くといういつもの形で、例によって面白い展開があった後、最初に歌い始めた女性がこう書いてきました。

ご唱和いただきましたみなさん、ありがとうございました。

それを受けて私がこう返しました。

いえいえ、こちらこそ。ご昭和ありがとうございました。

え? しょーむない? え? 古すぎて解らないって? え? それって当意即妙じゃなくて単なるオヤジギャグじゃないかって? ちっとも面白くないって?
──嘘でしょ、ほんとは吹き出しそうなんでしょ?

そんなぁ、昭和ネタだからって平静を装うのはやめてくださいよ。

Copyright©yama-a Jun.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ