おしっこと貼り紙の言語社会学(?)

私がよく行く映画館にシネ・リーブル神戸というところがあります。そこの男子トイレの小便器の上の壁にはこんな貼り紙がしてあります。

いつもきれいにお使いいただいてありがとうございます

まあ、ここだけじゃなくて、こういう貼り紙のあるトイレには時々遭遇するのですが…。

で、例によって、と言われそうですが、私はこの表現に何か引っ掛かりを憶えてしまうのです。はい、いつものことです(笑)

だって、これ、皮肉に聞こえません?

この貼り紙は(あるいはこの貼り紙を書いた人は)私が現に今(あるいは今までずっと)きれいに使っているのか汚れをまき散らしているのか、どこかでちゃんと見て知っているのでしょうか? そんな訳ないでしょう?

ならば知りもしないのに勝手に「いつもきれいにお使いいただいて」と断定されるのは嫌味じゃないですか。なんか皮肉っぽい表現になっているとは感じませんか? 私の根性が曲がっているのでしょうかね(笑)

いや、この表現が皮肉っぽいかどうかは別としても、素直に「きれいにお使いください」では何故ダメなのでしょう? 現にそんな風に書いてあるトイレもあります。

みんなが使うトイレです。きれいに使いましょう。

なんてね。

でも、この貼り紙を書いた主はその表現は採らなかった。何故か? そんな風にストレートに書いてしまうと、

俺がきれいに使ってないとでも言うのか、ゴルァ!

などと絡んで来る人がいると踏んだのでしょうか? そこまでガラが悪くなくても、気を悪くしたりする人がいるかもしれないと気を遣ったのでしょうか?

まあ、確かにそういう人もいるかもしれません。しかし、例えば「ここからお入りください」というのは「お前はいつも違うところから入ってくるだろうが、このバーカ」という意味ではありません。いや、もちろん、そういう意味合いを込めることもできますが、特に文脈も脈絡もないところでそんな風に受け取るのは受け取るほうが歪んでいるのだと放置して良いのではないでしょうか?

つまり、私にはどうしてそこまで気を遣うのかが解らないということです。いや、そもそもそこまで気を遣って「いつもきれいにお使いいただいてありがとうございます」という表現にたどり着いたのか、それともあまり何も考えずに(でも、裏側では何等かの気持ちが働いて)こういう表現にたどり着いたのか、その辺のところが読みきれなくて、なんだかすっきりしないのです。

しかし、それを言い出したら「お忙しいところ失礼いたします」とか「お急ぎのところ申し訳ありません」なんてのも同じではないか、という意見もあるかもしれません。確かにそれはそうなんです。でも、それほど気になりません。何故ならこの2つは見事に慣用句になっているので、元の意味を失って形だけのものになっているからです。

よく使われているから意味を失って気にならないけど、それほど使われていないから意味が目立って気になるというのはおかしいではないか、と言う人もおられるでしょうが、ま、言葉なんてそういうものです。

日本中のほとんどすべてのトイレに「いつもきれいにお使いいただいて…」という貼り紙が出現する時代になれば、それはきっと気にならないものになるでしょう。

ところで、話は変わりますが、アメリカ合衆国に行くと Thank you for not smoking という表現にお目にかかります。私はこの表現を初めて目にしたとき、ははあ、「禁煙」という硬い表現と比べるとなんと対照的なんだろう、と驚嘆しました。これがフランクで社交的なアメリカ人気質なのかなあ、と感心しました。

「いつもきれいにお使いいただいてありがとうございます」という表現は構造的にはこの Thank you for not smoking とそっくりなのですが、しかし、どこかなんか違うのです。

たとえタバコを吸おうと思っていても Thank you for not smoking に出くわすと、「あらら、先に言われちゃった(笑)」という感じになるのに、便器を前にして「いつもきれいにお使いいただいてありがとうございます」と言われると、なんかそこら中におしっこ撒き散らしたくなるんですよね。

そんなことないですか? やっぱり私の根性が曲がっているのでしょうか(笑)

しかし、それにしても日米のこの違いは何なのでしょう?

英語では Thank you が冒頭にあるのに対して日本語では「ありがとうございます」が後から追いかけるからでしょうか?

それとも「いつも」という表現が余計なのでしょうか? これがあるために「お前はいつもおれのことを知ってんのか!」とツッコミたくなるのでしょうか?

あるいは英語では Thank you の後が否定の表現であるところが却って限定的で好感を与えるのでしょうか? 例えば「横にこぼさずに出しきっていただきましてありがとうございます」と変えたらどうでしょう? 否定表現を入れることによって感謝の対象をすごく狭い範囲のことに限定し、「いつもきれいに使っている」などという証明しにくい抽象的なことを言うのをやめれば、悪印象は緩和されるのでしょうか?

それとも、日本語の表現が硬すぎるのでしょうか。上の「横にこぼさずに」みたいなユーモアを入れ込んだ表現にしておけば角は立たないのでしょうか?

いろいろ改善案は考えられるのですが、何故私がこんなに一生懸命考えているかと言えば、それはやはり「いつもきれいにお使いいただいてありがとうございます」という表現に、なんかどこかで引っ掛かりを覚えてしまうからなのです。

どうでしょう、皆さん? そんなことないですか? え、そんなことどっちでもいいですか? ええ、どっちでもいいって人もたくさんいるでしょうね。

でも、どっちでも良いとお感じになる心の広い方にこそ憶えておいて頂きたいのです。自分ではなんでもない表現に他人が引っ掛かりを覚えることがあるということを。

私も時折そういうことを忘れてしまって、自分がなんとも思わないから他人に対してもそれで良いだろうと軽率に動いてしまって反感を買い、大失敗することがあります。

そういうことがあるので、今回はちょっと書いてみた次第です。

いつも最後までお読みいただきましてまことにありがとうございます(ね、ちょっと、イラッとするでしょ?)

Copyright©yama-a Jun.2011mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 前号へ 前号へ