サインはV、でも表記はビクトリー

外来語の日本語表記についてはこのホームページでも何度となく取り上げていますが、改めて考えてみると外国語の発音を日本の文字に置き換えるのってなんと難しいことかということがよく解ります。

今まで書いてきたこととかなり重複しますが、バラバラと部分的に指摘するのではなく、総括として書いてみたくなって新たに章を立てることにしました。

外国語が日本語になるとき、その表記は大なり小なり歪みます。それはそもそも言語間で使われている音が違うのだがから仕方のないことです。しかし、それでも一生懸命近い音を探して近い文字に置き換えようとするのが人間の性というものです。

とは言え、そもそも日本語に全く存在しない音の場合は、他の音よりはまだ似通ってるかなという程度の音や表記に置き換えるしか仕方がありません。そこをどう工夫するかによっていろんなパタンが生まれてきました。

典型的なところで言うと、日本語には th の音はありませんので無声音の場合はサ行に、有声音の場合はザ行(ごくまれにダ行)に置き換えています。

このことによってカタカナから英語の綴りを想像するのが一段と難しくなりました。

つまりサ(ザ)行の文字を見ると我々は英語の綴りとしてどうしても s や z、j などを思い浮かべてしまうのですが、th の可能性もあるということです。

例えばサウザンアイランドってドレッシングありますよね? あれ自体がどうやら和製英語らしいのですが、私はてっきり southern island だと思っていて、ならばサザンアイランドではないかと首を傾げていたのですが、調べてみるとどうも thousand islands が訛ったもののようです。

th をサ(ザ)行で表してしまうことによって、その辺りが非常に不分明になってしまうのです。

鉄の女と言われたイギリスのマーガレット・サッチャー元首相の姓の綴りが Thatcher だと知って驚いたのは彼女が首相の座を降りて随分経ってからのことでした。

日本語になかった v の音の場合はヴァヴィヴヴェヴォという新しい表記を宛てたのですが、それをしなかった(できなかった) th の場合は意外に不便なことになってしまったと言えましょう。

わざわざ書くまでもないかもしれませんが、ここで v の例を挙げておきましょう。

しかし、日本人はやっぱり v の音に馴染みがないからなのか、あるいは上手く発音できないからなのか、この表記はそれほど普及していません。むしろバ行で表記するほうが普通なぐらいで、例えばヴァレーボールなんて誰も書きませんし、コンヴィニ(コンヴィニエンス・ストア)なんて表記も見たことがありません。

ただし、人名については最近では原語の発音を忠実に再現しようという向きもあるようで、スティーヴン(・スピルバーグ、キング等々)、デイヴィッド(・リンチ、リー・ロス、フォスター等々)などという表記のほうが一般的になって来たような気もします。

翻訳の場合は読んでいて原語が浮かんでくるようでは失格ですが、固有名詞の場合はカタカナから綴りが想像できるほうが便利な気がしますものね。

ちなみに上で例に挙げたデイヴィッド・リー・ロスのロスが Roth で、作家のフィリップ・ロスも同じ綴りなのですが、こういう風にカタカナを見ても r なのか l なのか、s なのか th なのか、何通りもの組合せで悩むのは非常に不便です。

以上、th と v が日本語にない子音の典型でしょう。

一方母音の場合は外国語にあって日本語にない音は山ほどありますので、ここではいちいち挙げないことにしますが、実はここでも同じように不便なことは起こっているのです。例えばカードとカーブは母音としては全然違うのに同じように「カー」で表されているなど…。

さらに、日本語で書けない致命的な例としては母音を伴わない子音があります。仕方がないので、これは大体ウ段で表わすことになっています。ここまでで挙げた例では全部そうなっているはずです。

しかし、例外もあります。それは t です。t の場合だけはウ段ではなくオ段のトで表わすことになっています。これは語頭であろうと語中であろうと語末であろうと同じです。例を挙げれば、

何故そうなるかと言えば、日本語のタ行は変則的だからです。共通の子音 t に母音のバリエーションを宛てて行くと、tatituteto、つまりタティトゥテトになるはずなのに、何故かタチツテトになってしまうのです。だから、t をウ段で表してしまうとツになってしまい、あまりにも原語の音と遠くなってしまうからではないでしょうか?

ただ、ここにも例外があって、音が遠くなっても堂々とツで代用しているものもあるのです。

なんてのがそれで、よくよく考えると情けない感じがします。相当古い時代に入ってきたから仕方がないと思われるかもしれませんが、21世紀になっても実はこんな例もあるのです。

ね、この例はびっくりでしょ? まあ、少し遊びっぽい雰囲気も感じないではないですが…。しかし、トゥウィッターという表記は広がりそうもありません。

さて、賢い読者の方はすでにお気づきになっていると思いますが、t で言えることは d でも言えます。そう、母音を伴わない d は t と同じく、ウ段ではなくオ段のドで表記されます。

で、これまた t の場合と同様に例外があって、非常に古い時代に入ってきた言葉ではドではなくズ(ヅ)で表しているケースもあるのです。

また、中には非常にまれなケースとしてア段のダに置き換えている場合もあります。

いろいろ書きました。でもまあ、上記に該当する場合さえ除けば、あとは大体カタカナで何でも表せそうな気がします? いや、しかし、必ずしもそうではないのです。

今でこそ日本語にない音とは思われていないけれど、その外来語が入ってきた当時には日本人には馴染みのなかった音がたくさんあったようなのです。

例えば、私の両親の世代にはディズニーをデズニーと発音する人がいました。そう、彼らにとってはディという音は却々難度の高い音だったのです。ティも同様です。

ティは主にチに変換されました。

今考えると tea だけは(かなり古い時代に入ってきた英語のはずなのに)ティーと表記されているのが奇跡的な気がします。

そして、ディズニーがデズニーになってしまうのと同じように、ティがテになる例もありました。

今度はディがデになる例。

今ではほとんどの人がカーディガンと言っています。しかし、これまた私の両親の世代などは間違いなくカーデガンと言ってました。一方、デジタルのほうは、もしもこれが最近入ってきた言葉なら恐らくディジタルという言い方で定着したでしょう。そういう表記を見ないでもないですが、デジタルという表記が圧倒的に優勢なのは、多分日本人がまだディの発音を苦手としたころに輸入された単語だったのでしょう。

さて、ディには他にもバリエーションがあり、それはジに変換される形です。表記はジですが、これはひょっとすると音的にはヂなのかもしれません。tatituteto がタチツテトになることを考えれば dadidudedo がダヂヅデドになるのも頷けるでしょう(drawers がズロースになるのもこの系譜と考えて良いでしょう)。

diesel は今ではディーゼルという表記のほうが一般的でしょうが、私が幼少の砌には、私の父母や祖父母たちはみんなジーゼルと言ってました。

そういう例は他にもあります。多分今の日本人は苦もなく発音できるけれど、この言葉が入ってきた当初、それは日本人には発音しにくい音であったと推察できます。いや、発音できるできないではなくて、単に日本語にはなかった音だったという捉え方のほうが的確なのかもしれません。

例としては、

などがあります。

general という単語を単独で見れば多くの人はジェネラルという音を思い出すでしょう。しかし、ゼネラル・モーターズ、ゼネラル・フーズ、ゼネラル石油などという社名を見るとなるほどと思っていただけるのではないでしょうか。

ゼネストという言葉もありました。これはゼネラル・ストライキの略です。

多分古来の日本語にジェという音はなかったのです。これは以前「明治生まれのPの音」で書いたことですが、私の祖母はゼントルマンなどと言っておりました。ジェリー藤尾という固有名詞が言えずに、ゼリー藤尾と言っていました。

そしてジェがないということは、シェもなかったのではないかという想像はあながち間違いではなく、例えば、

なんてのがあります。そしてセーキのセではなくキに注目すると、こちらは母音を伴わない子音をイ段で表している珍しい例で、他にも上で挙げたストライキ(野球やボウリングの時はストライクになります)やステッキなどがあります。この辺のことは「キになってクにならない?」に書きました。

さて、祖母の話が出たついでに「明治生まれのPの音」で書いた別の例を再掲しますと、祖母は fan をフアン、 Philippine をフイリッピンと発音していました。

あの時にも書きましたが、祖母の世代には f が上手く言えなかったのでフア、フイなどと「分割払い」にするしかなかったのでしょう。そして、フイリピンではなくフイリッピンとなってしまうのは、古来の日本語では p の前はほぼ100%促音であったからだと思います。

このように、外来語を日本語に置き換えるときの工夫と困難を洗い出して行くと、昔の日本語と日本人の発音上の限界点が浮かび上がってきて、大変面白いと思います。

デジタルは時代を経てディジタルという新しい表記も可能になりました。日本人がいろんな音を易々と発音できるようになるにつれて表記は増えて行くでしょう。一方で、バ行のままで放置される v 音もあります。

また、f の音については今では日本人も随分上手に発音できるようになりました。しかし、まだこんなのがあります。

telephone をテレフォンではなくテレホンと書く人は随分減ってきたはずなのに、それにスマートがついた途端にどうしてスマホになるのか、私は不思議でなりません。

言葉というものは何かに忠実であることが一番大事なのではありません。だから、表記が変って行くものと変わって行かないものに分かれるのです。どこまで音に忠実に表記するのが、発音して聴き取って理解して識別するのに都合が良いか。ここから先はあくまで効率論の世界です。

ツイッターがトゥウィッターになる日は来るのでしょうか?

Copyright©yama-a Jul.2011mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ