通じる日本語

それはある休日のことでした。何をしに出かけたのかはもう憶えていませんが、私はその日阪急電車に乗って梅田に出たのでした。

電車が終点梅田駅に着いてプラットフォームに降り立ったとたん、なんだかこっちをじっと見ているおばさんがいます。私の方に近づいてきます。私は何か不吉なものを感じました。おばさんはそれでも私にターゲットを絞って近づいてきて、1.5m くらいの間隔になったところで話しかけてきました。

しかし、その日は私は Network Walkman を聴いていて、つまり、両耳にはイヤフォンが挿入されており、そして言うまでもないことですが、そのイヤフォンからは音楽が流れていたのです。

一般的に言うと、何か人に尋ねようとするとき、わざわざ耳にイヤフォンをしている人間を呼び止めたりはしないものです。

他に誰もいないのであれば仕方がありません。しかし、ここは阪急梅田駅の雑踏の中です。電車は着いてドアが開いたばかり。ラッシュ時ではないとは言え、それなりに大勢の人間がプラットフォームに吐き出されています。

そういう状況で、そのおばさんは(果たして彼女も同じ電車から降りてきたのか、はたまた前からそこに立っていたのかは知る由もありませんが)、わざわざイヤフォンで音楽を聴いている私にターゲットを絞って声をかけてきたのです。よほど人が良さそうに見えたのでしょうか。

私は、「えー、なんでわざわざ俺?」と心のなかで呟きながら、仕方なくイヤフォンを耳から外しました。そうしたら、聞こえてきた彼女の声は、

「私、韓国、大阪駅」

「え?」

「私、韓国、大阪駅」

あ、なるほど、日本の人じゃないんだ。その証拠に「韓国」が「ハンゴク」っぽく聞こえます。そうか、イヤフォンしてる人に声をかけない暗黙のルールがあるのは日本人だけなのかもしれない。この人は韓国から来て、当然道が不案内で、JR大阪駅に行きたいのだが行き方が分からないのだ。だから教えてくれって言ってるんだ、と俄に納得しました。

しかし、それにしても、なんで「私、韓国、大阪駅」なんだ? 文法的にはむちゃくちゃではないか? にも拘らず、なんで私は「私、韓国、大阪駅」の3語を瞬時にして「私は韓国から来ました。大阪駅に行きたいのですがどう行けば良いか教えてください」という長い日本語に翻訳できるのでしょう?

言葉ってマイティですよね。むちゃくちゃな3語の羅列でちゃんと意味は伝わっています。こんな日本語で伝わるほうがおかしいのに、なぜだかちゃんと伝わっています。

言ってる韓国のおばさんもおかしいけど、聞いて意味がわかる日本人の私もおかしくて、なんだか笑いがヒクヒクこみ上げてきて、抑えるのに相当苦労しました。

「あ、大阪駅に行きたいんですか?」

と言うと、

「ふんふんふんふん」

と何度も何度も何度も頷くおばさん。えーと、ここからだったら大阪駅への近道で、しかも教える僕が一番教えやすいのはどのルートかな、と考えているうちにおばさんはてくてくと歩いて行きます。何故だか分かりませんが、教える方の僕がおばさんの後からのこのこついて行くという妙な形になっています。

んで、ちょっと待てよ、その改札から出たら、と私が頭をフル回転する暇もなく、あっという間におばさんは改札の外です。もうどのルートが近いとか教えるのが楽だとか言っている場合ではなく、この際JR大阪駅まで同行してあげるしかないでしょう。

そう諦めて、私たちは阪急梅田中央口から出てエスカレータを降り、紀伊國屋書店の前からさらにエスカレータをひとつ降りて、地下鉄御堂筋線の改札口の前を通りすぎて地下から大阪駅に出るルートを選びました。

すると、地下鉄御堂筋線の梅田駅改札口に来たところで、おばさん満足気な笑顔で頭何度も下げてお辞儀して握手を求めてきます。

「え、ここでいいの?」

「ふんふんふんふん」

「JRではなくて地下鉄に乗りたかったの?」

「ふんふんふんふん」

例によって何度も何度も何度も頷く韓国人のおばさん。何度も何度も何度も振り返りながら切符売り場へと消えて行きました。

この日のことを思い出すたびに私は、本当に地下鉄の駅で良かったのかなあ、乗り場が見えたからJR大阪駅だと勘違いしたんじゃないだろうか、だとしたらおばさん、とんでもないところに行ってしまって迷子になったりしなかっただろうか、などと今さらながら心配になるのですが、でも、きっとあそこで合っていたのだと思います。

なにしろ私たちは「私、韓国、大阪駅」の3語で完璧に意志を疎通し合った2人なのです。間違える気がしません。

この事件は、言葉というものがほんの少しでどれだけ多くのことを語ることができるか、ということを私に思い知らせてくれた、一生忘れられない経験になりました。

いやあ、言葉は強いなあ。で、時々思うのです。あのおばさん、帰国してから本を書いてベストセラーになっているかもしれません。そう、その本のタイトルは、『3語で通じる日本語』(笑)

Copyright©yama-a Jul.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ