あざとい思惑

言葉の読みや意味を間違えて憶えているなんてことは意外によくあることです。

例えば、『ちゃうちゃう大全』にも書きましたが、私の周りでは「思惑」を「しわく」だと思い込んでいた電通マンがいました。この読み間違いは非常にポピュラーなもので、他にも何人もの人の口から「しわく」という読みを聞いたことがあります。

一方、意味の取り違いに関しては、「間違いやすい言葉集」他に書いた「はんなり」がその最たるものではないかと思います。この言葉を「物腰が柔らかく優雅なさま」という意味で使っている人が大変多いので驚いてしまいます。

しかし、他人の憶え間違いがそんなに気になるということは、裏返してみれば、私自身の間違いを他人が気持ち悪く思っていることもきっとあるに違いありません。

そして、そう思っていたら、先日まさにそういう憶え間違いに自分で気がついたのでした。それは「あざとい」という形容詞です。

私はこの単語を「わざとらしい」という意味で使っていたのです。ただ、意味も用法も「わざとらしい」と全く同一に使っていたかと言えばそうではなくて、もう少し限定的に、つまり「文章や音楽、映像などの表現が、中途半端に技巧的で却ってわざとらしい」というニュアンスで使っていたのでした。

例えば音楽の場合で言えば、ぼうっと聴いていたら気がつかないような滑らかな転調や、逆に度肝を抜くようなとんでもない調にぶっとんで行くような転調は「あざとい」とは言いません。「さあ、良いですか、ここから転調しますよ」みたいなわざとらしい感じのお膳立ての後に、例えば Am から A に転調するようなケースを、私は「あざとい転調」と称していたのです。

同じようにドラマなんかで言うと、くどい台詞や大仰なカメラワークや下世話なBGMで、「さあ、ここで泣け」みたいな感じで畳みかけてくる演出のことを「あざとい演出」と呼んでいました。

辞書を引いてみると正しくは「あくどい」「小利口である」「浅はかである」とありますので、私の使い方、意味したかったところもあながち的外れであったとも言えません。

私ももっぱら貶し言葉として使ってきましたし、特に「小利口である」というニュアンスは近いものがあります。しかし、「あくどい」となるとちょっと語感が強すぎるし、意味合いも曲がってきている気がします。

辞書によっては「こざかしい」という説明を一番最初に置いているものもあって、それだと私が使ってきた「あざとい」とかなり近くなってきます。しかし、それでもニュアンスは違うような気がします。私の語感では「こざかしい」ほど悪意を込めるつもりはないのです。

気になってきて、自分のホームページとブログを検索してみると、「あざとい」を使っている文章が次から次へと出てきます。で、正しい意味を知った上で読み返してみると、どれもこれもほんの少しだけれど明らかにズレていると思うものばかりです。

もう一度全部読みなおして「これはこのままで良いか」と残した一例を除いて、結局全て「わざとらしい」に置換することにしました。

しかし、「わざとらしい」に書き換えた上で読み返してみると、今度はそれはそれでしっくり来ない感じがあります。そもそも、「わざとらしい」でしっくり来ると思っていたなら、わざわざ「あざとい」などという言葉を持ち出さなかったはずなのですから。

私は元来、知らない言葉があればまめに辞書を引くほうなのに、何故この言葉を捉え違ってしまったのか自分でもよく分かりません。想像するに、「辞書と響きと語感と連鎖」にも書きました通り、響きの類似性を意味に相関させてしまったのではないかと思います。

いずれにしても、多分意味を取り間違えたまま、「そうだ、これこそがこの場面で使うにぴったりの表現だ!」と思い込んでしまったのでしょうね。

「はんなり」が間違った意味で定着してしまったのも恐らく同じような経緯だと思います。「思惑」を「しわく」と読んでしまうのも音読み+音読みの漢語に慣れているからだと思います。

我々はいろんなことが原因で、いろんなことをうっかり間違って憶えてしまいます。そして、下手すると、間違っていると知らないままずっと使い続けていたりするのです。そして、そういうことをしていると、本来伝わるはずの意味が、ひょっとしたらちゃんと伝わらずに終わってしまっているかもしれません。

言葉というものは人と人が意味を共有するためにあるものです。それを考えるともっともっと愚直に辞書に当たる習慣をつけなければならないのだなあと深く反省した次第でした。

Copyright©yama-a Aug.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ