反故になった反語訳

「反語」って学校で習ったじゃないですか。そう、「果たして何々だろうか? いいや、そんなことはない」とか「誰が何々するだろうか? いいや、誰もそんなことはしない」なんて奴。

不思議なもんで、古文や漢文に出てきた原文の方はあまり憶えていなくて、その現代語訳のほうばかりが頭にこびりついています。その理由は単純で、その訳文が日本語としてどう考えてもおかしいからです。

もちろんこれは現代語としての話です。今の日本で話す日本語として、古文や漢文の授業で習った反語の訳はどうにもこうにも不自然なのです。そう、まさに、「誰がそんな日本語を話すだろうか? (いいや、誰も話さない)」って感じ。

なげけとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな

私に嘆けと言って、月はあれこれ思い悩ませるのだろうか? いや、そうではない(下の句省略)

にしても、

嗟乎、燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

ああ、ツバメやスズメのような小さな鳥に、どうしてオオトリやコウノトリのような大きな鳥の志が解るだろうか? いいや解るわけがない

にしても、現代社会で発するにはあまりにリズムが悠長だし、表現がまどろっこしいんですよね。

ならば、どう訳せば良いか?

そのためには、現代語における反語表現を探せば良いのです。

まず、古い日本語がそのまま生き残っている例として、「何を隠そう」というのがあります。

僕は、何を隠そう、珠算一級なんですよ。

などと、今も昔の形のまま使っています。じゃあ、これを現代語っぽくするにはどうすれば良いでしょうか? どう考えても、

僕は、何を隠すでしょうか、いや何も隠しはしませんが、珠算一級なんですよ。

ではないでしょう。例えば

僕は、別に隠すほどのことじゃないんですけど、珠算一級なんですよ。

みたいな感じでしょうか。隠すほどのことではないのに、わざわざ「隠すほどのことではない」と添えるところが照れ隠しなのです。あるいは、あまり自慢たらしくならないように、巧みに照れ隠しに見せかけた自慢話であるかもしれません。

これなら西行の歌に適用することができます。

いや、別に月が嘆けって言ってるわけじゃないんすけどね、なんだかいろいろ考えちまうんすよ

よく似た例で、「何が悲しくて」というのもあります。

34歳にもなって、何が悲しくてそんな扱いを受けなきゃならんのか

これも「何が悲しいだろうか、いや、何も悲しくない」とやっていたのでは、「お前は一体何が言いたいんじゃ!?」とツッコまれそうです。

この文章では間に挿入されている「何が悲しくて」が「34歳にもなって、そんな扱いを受けなきゃならん」全体に掛かる形で修辞疑問文を構成しています。「悲しい」という表現にあまり囚われすぎると訳しにくくなるので、ばっさり意訳するなら、

34歳にもなって、フツーそんな扱いは受けないだろう

とでも訳すのが適当でしょうか。もし、「悲しい」を活かすのであれば、

34歳にもなってそんな扱いうけなきゃならんのって、めっちゃ悲しいわけっすよ

以上は文語の形で残っている反語表現ですが、現代口語の反語表現というのも確かにあります。

「お前が自分で言うたんとちゃうんかい?」
「なんでやねん。誰がそんなこと言うかい」

すみません、急に関西弁になっちゃって。このほうが馴染みがあったもんで(笑)

これを無理やり教科書方式で訳すと

(問いの部分省略)なんで自分で言ったりするだろうか(いいや、自分では言っていない)。誰がそんなことを言うだろうか(いや、誰もそんなことは言わない)

と、これまためちゃくちゃ面妖な文章になってしまいます。

ここまでお読みいただくとお分かりのように、要するに我々が教科書で習ってきた反語の現代語訳はくどいのです。一旦文章を切って、そこから「いいや」などと立て直してくる、そんな悠長な表現はどう考えても現代のスピード社会に合わないのです。

では、最初に挙げた西行法師の短歌と、司馬遷の『史記』の「陳渉世家」からの引用文を現代的な訳文にすると、

いや、別に月に嘆けと言われたわけでもないさ。なのにいろいろ考えてしまうわけよ

ああ、燕雀なんぞに鴻鵠の志が解るかよ

くらいにすると、現代の日本でおかしくない表現になるのです。私は教科書でも是非こういう訳を教えてほしいと思うのです。訳というのは単語レベルではなく文章全体の文意を置き換える作業ですので、このくらいの意訳をやってみせてこその教科書だと思います。

ところで、現代日本語に於いても新しい、そして結構素敵な反語が生まれてきています。私はこないだそういうのをふたつ見つけて大変嬉しくなりました。それは「誰得」と「誰ウマ」。いずれも元々は2ちゃんから出てきた言葉かと思います。どちらも反語である上に略語であるところが極めて現代風です。

「誰得」は「(そんなことやって)誰が得するの?」(いいや、誰も得しない──って、もういいか)。誰の得にもならないことを必死で言ってたりする奴に「誰得?」。

それから「誰ウマ」は「誰が巧いことを言えといったか?」(いや、誰も言ってない──って、しつこいかw でも、「誰も頼んでないのに巧いこと言うじゃないか」というニュアンスは解ってほしい)。スレッドの途中で突然なんだか巧い表現でまとめてしまうような奴が出てきたときに「誰ウマw」などと言うようです。

こういうのを見ていると、日本語の伝統の中で反語は決して死なないということがよく解ります。死んでほしいのは「いいや、ナントカカントカ」という変な訳語だけです。

それにしても一体誰がこんな変な訳を始めたのでしょうか?(いや、誰も始めていない──って、ちゃうちゃう、これは反語ではなくて単純な疑問文なんで、そんな風に訳すとなおさらおかしくなります)。

[ このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Aug.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ