「絡む」のカラム

私自身が何度も書いていることですが、言葉というものは変わって行きます。移ろいます。時の流れの中で、新しい意味をまとい、新しい用法に転じて生き残り、そのことによって新しい人たちに使われて行くのです。

日本の長い歴史を振り返れば、いや、そんなに長いスパンで見なくても、例えば昭和と平成の、いや戦後という限られた期間を見ただけでも、そんな例はたくさん見つかります。

ただ、その多くは、「ああ、私はこんな意味に使ってきたけれど、今の若い人たちはこんな風に使うのか」という驚きです。まあ、私もそれなりに年を取ったということなんでしょう(笑)

しかし、たまに自分自身が「前はこんな風に使っていたのに、今ではもっぱらこんな意味に使っている」と気がついたときには、本当に言葉の不思議というものを身に染みて感じます。

そんな例に出会いました。それは「絡む」です。

私自身が少年期に使っていた意味合いでは、それは専ら受身「絡まれる」という形で使われ、酔っぱらいや不良(下手するとヤクザ)に言葉尻を捕えられ難癖をつけられることを意味していました。

それが今ではどうでしょう?

例えば twitter です。私自身が「最近はあんまり絡んでくれる人もいなくて」などと書いていて、それに自分で気づいて驚いたのです。

そう、最近の例ではむしろ「話しかける」「受け答えをする」、あるいはその転用で twitter などで接点を持って交流することを意味しているのです。

不思議じゃありませんか。昔は絡まれたりしないように目を伏せて通り過ぎていたものが、今では絡んでほしくて積極的に話題を提供したりボケて見せたりしているのです。

そもそも「絡む」とは糸などがグチャグチャに纏わりついてほどけなくなるというような意味合いの言葉です。

ちなみに岩波書店の『日本語 語感の辞典』 で調べてみると、「咽喉に痰が絡む」だの「スクリューに海の藻が絡む」だの「情実が絡んで客観的な判断が難しい」だのと、あまり歓迎すべからざる意味の例文が並んでいます。

一応最後におまけみたいに「『優勝争いに絡む』『外壁に蔦が絡んで趣がある』のようなプラスイメージの例も可能である」という記述がありました。

やっぱり、「絡む」という言葉は元々は否定的な意味合いの動詞であったようです。そして、私自身が使ってきたのも多くはそういうケースでした。

で、ふと見れば「絡む」の前に「絡まる」の項もあり、「絡まる」のほうが会話的であると解説してあります。さらに「『絡む』以上にもつれ方がひどく簡単にほどけない感じがあり」などというようなことも書いてあります。

なるほど、だから意味の強いほうの「絡まる」は良い意味には転用されず、ニュアンスの弱いほうの「絡む」が変容したのか、という気がします。もちろん「絡まる」は自動詞、「絡む」は他動詞という違いもあってのことでしょうが。

それにしても、最近の「絡む」は昔よりも遥かに薄味になって、「もつれて取れない」という意味よりも、「ちょっと仕事で絡んだ奴」の例のように、単に「接点を持つ」ことのほうに重点が置かれています。

だから平気で「ねえねえ、絡んでよ」などと言えるようになったのでしょう。でなければ、絡まれてがんじがらめになって動けなくなったりすることを恐れるはずです。

こんな風に「ねえねえ、絡んでよ」などという時の「絡む」はむしろ「構う」「構ってやる」というニュアンスではないでしょうか?

そうすると、これまた私がこの連作エッセイでよく書いていること──音の近い単語が同じような意味のものとして使われるようになってしまうという例に近いものではないのでしょうか(ちょっと角度は違うけど、この文章など参照)

いろんなことを考え始めると、自分でさえ無意識に使っていた言葉が急に気になったりするものです。

どうでしょう? こんな「絡む」の使い方で構いませんでしょうか?

Copyright©yama-a Sep.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ