らじる? ラジオする?

民放ラジオ局がやっているインターネットでの番組同時配信サービス radiko に対抗して、NHKもいよいよ同様のサービスを開始しました。

NHK が radiko に相乗りできなかったのは、radiko サイドでは将来バナーなどを使った広告販売を考えているからだという説もあります。

いずれにせよ、単独でサービスを開始することになった NHK がどんなサービス名をつけるのか、私は楽しみにしていました。民放側は radio をもじった radiko ──それが何なのかと言われたら何とも答えにくい、でもなんとなく好感の持てるネーミングではないかと私は思っていました。

さて、NHK がつけるとすればどんな名称を持ってくるのでしょう? 多分やや理知的な、裏返せばちょいと堅い、端正な名前を持ってくるのではないかと想像していました。

それが 9/1 に蓋を開けてみたら、なんと「らじる★らじる」と来ました! ホームページを見ると、「由来は、『ラジオする。』から」と明記してあります。

おーまいがっ、ついに NHK もそんな安易な動詞化をする時代になってしまったのか!──私は天を仰いだのでした(ちょっと大げさかw)。

日本語がなんでもかんでも動詞化してきたのは別に今日に始まったことではありません。古くはサボタージュから「サボる」を作り、アジテーションから「アジる」を、オルグから「オルグる」を作ってきました。でも、「らじる」という語の安易さから、「ボコボコにする」ことを「ボコる」と言うのと同じような工夫のなさを感じてしまうのは私だけでしょうか?

恐らくサボタージュもアジテーションもオルグも、当時の日本人には新しい概念であったはずです。それを表すには旧来の日本語では不正確で、だからこの外来語をそのまま使うことを選び、そして、その延長線上で、それらに活用語尾をつけて日本語の動詞にするという手法が生まれてきたのだと思います。

それに対して、「ボコる」や「ラジる」は単なる短縮でしかありません。「パニクる」のような響きの面白さもありません。

私が「らじる」から思い出すのは、1978年に新発売になった煙草「パートナー」のCMで使われた「タバコする?」というコピーです。このコピーは当時、「何にでも『する』をつけるな!」「煙草は『吸う』ものであって『する』ものではない!」などと意外に多くの方から批判を浴びました。

私は「らじる」という単語から、この「タバコする?」に近い、なんか「考えなし」のイメージを受け取ってしまうのです。「ラジオする」でさえ既におかしいのに、それを由来として「らじる★らじる」という名前を作ってしまう NHK の感覚って何なんだろうと思ったりします。そう、他ならぬNHKが!

世の中には同じように活用語尾「する」をつけて安易に動詞化し、でも、それがしっかりと市民権を得てしまった表現もあります。例えば「エッチする」なんかがそうです。

考えてみれば、私が小学生の頃には、「エッチ」にこのような動詞的な用法はありませんでした。それは専ら、何かエッチなことを言われたりされたりした女子が「エッチ!」と叫ぶ感嘆詞でした。つまり、本来非難の言葉なのであって、それに「する」をつけて一人称の行為として語るなんてことは、昔は考えられないことでした。

この「エッチ」の語源って何なんだろう、と私は長らく疑問に思っていたのですが、それを教えてくれたのは意外にも母でした。聞いてびっくり、「エッチ」という言葉は昭和初期にはもう存在して流通していたのです。

母曰く、「Hは『ヘンタイ』の頭文字」とのこと。「変態」とあからさまに言うことさえ憚られたので、H という頭文字で代用したといいます。

つまり、かつては変態を非難する言葉であり、また大っぴらに口にすべきではないことを濁して言った表現であったものを、今は動詞化して自らの行為として平然と語っているのです。母の世代が聞けば、きっとものすごい違和感を覚えることでしょう。

罪悪感が消えて随分軽くなってしまった表現だと言えるのではないでしょうか?

性に対する余計な罪悪感が消えることはある意味良いことだと思います。ただ、言葉を安易に作り変えることに対する罪悪感は、もうちょっとあっても良いのではないかな、と最近思ったりします。

1978年当時には、放送されたCMに対してかなり多くの苦情が寄せられたと聞いています。「らじる★らじる」には、恐らくほとんど苦情は寄せられないでしょう。

しかし、私にはどうも馴染めない名称です。もう少しなじられても良いのではないでしょうか──そんなことを考えながら、マジで少しアジり気味に書いてみました。

Copyright©yama-a Sep.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ