飴ちゃんの経済圏

関西では飴(キャンディ)のことを飴ちゃんって言うらしいけど、ほんと?

そんなことを時々関西以外の方から言われたりします。ええ、本当です。関西ではごくフツーの表現です。

じゃあ、関西のおばちゃんはみんなバッグの中に飴を入れてて、人と会ったらすぐに「飴ちゃんいる?」って聞くってほんと?

なんてことを訊かれることもあります。これも本当ですが、さすがに「みんな」=「全員」と解釈するのは間違いで、ま、そういうおばちゃんがたくさんいるってことです。で、そういうおばちゃんがいる確率と、飴が飴ちゃんと呼ばれる確率を比べると、後者が圧倒的に高いです。

つまり、裏返して言うと、「飴ちゃん」というのはかなり一般的な表現なのです。決しておばちゃんの専売特許ではありません。

なんで飴にちゃんをつけるのかと言われるとよく分かりません。まあ、愛着を込めてでしょうか。それとも食べ物に感謝してでしょうか。

「食べ物+ちゃん」のパタンは「飴ちゃん」以外にほとんど見当たらないのですが、「お+食べ物+さん」という表現は関西弁にはたくさんあります。

例えば「お揚げさん」。そう、あの豆腐屋で売っているアゲです。いなり寿司の材料のあれです。

そう言えばいなり寿司は「おいなりさん」になります。これは関西だけなのでしょうか? 妻に訊いてみたら、東京にも「おいなりさん」という表現はあるけれど、それはいなり寿司のことではなく稲荷神社のことだと言います。

フジッコの「お豆さん」という商品があります。これは言うだろうと思ったのですが、妻によるとこれもあまり耳にしないと言います。そうか、フジッコって神戸の会社ですものね。関西ではフジッコのこの商品だけではなく、食べ物としての豆一般を「お豆さん」と言うんですけどね。

他には「お芋さん」なんていうのもよく使われる言い方です。それから「お粥さん」。大阪では「おかゆさん」ではなく「おかいさん」と発音されることが多いようです。ちなみに、炊くのに失敗した、びしゃびしゃの柔らかいごはんのことを「お粥の姉(あね)さん」と言ったりもします。

閑話休題。これらは一体どういう由来の用法なのでしょう。

食べ物というのは昔からありがたいものであり、かつ美味しいものなので、自然と感謝や愛着を込めて「お+食べ物+さん」という表現が定着したいうことなのでしょうか。

そんな言い方するのは関西だけだと言われればそうかもしれませんが、しかし、「お+食べ物」という言い方はたくさんあります。「おそば」とか「おひたし」とか「おみそ」とか「おまんじゅう」とか。

「おでん」なんてのも「お+田楽」=「おでんがく」→「おでん」という変化を遂げたものであって、こういう風に「お」がついて下が略されるのは典型的な女房ことばなんでしょうが。あ、女房ことばということは京の都、つまりはこれも関西に端を発するものかもしれませんね。

いずれにしてもなんでもかんでも「さん」がついてしまうのはやはり関西弁の特徴のようです。例えば「うんこさん」なんて、他地区の方が考えたら理解不能な用法があります。

ところでなんで飴は「お飴さん」ではなくて「飴ちゃん」になったのでしょう? 「あ」で始まっているので「お」をつけたら発音しにくいって? そんなことはありません。「お揚げさん」が良い反例です。

「お」の有無のほうはよく解らないのですが、「さん」ではなく「ちゃん」になったのはやっぱり本来子供の食べ物、お菓子(これにも「お」がついてます)だったからでしょう。

しかし、それにしても他に「ちゃん」がつくお菓子が見つからないのが不思議ではあります。「アラレちゃん」だとドクター・スランプですものね(笑)

「飴ちゃん」以外に「ちゃん」がつく食べ物と言えば、「こてっちゃん」や「マロニーちゃん」などの商品名やCMなどしか思いつきません。あ、でも、この2つもともに関西の会社か(笑)

ま、いずれにしても、関西って食べ物にむやみに「ちゃん」や「さん」をつけるお茶目な土地柄なんです。そう思っていただけたら私は嬉しいです。

さて、食べ物の話でお腹いっぱいになったでしょうか。ほな、ご馳走(ごっつぉ)さん(笑)

※ 「ご馳走様」等の用法についてはこちらをお読みください

Copyright©yama-a Oct.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ