続・大和の豊かな言い回し

以前、やまと言葉の動詞を2つ繋げて作った動詞表現の豊かさについて書いたことがあります。

あの時に取り上げたのは「申し込む」とか「言い交わす」とかいう表現でした。この手の表現の面白さは、2つの組合せによって、それぞれが元々持っていた意味とは微妙に違う意味が出てくるということです。

「言う」の謙譲語である「申す」と、「中に入れる」というニュアンスの「込む(込める)」が合体して、エントリーの意味になります。前の時にも書きましたが、こうやって英語を持ってきたほうが簡単に説明できるところが現代の言葉の特徴なのでしょうが(笑)

まあ、「言って入れてもらう」というという感じでしょうか? いや、「入れる」ではなく「容れる」なのかもしれません。容認してもらう、あるいは聞き入れてもらう感じかな?

などと言っていると、今度は「聞き入れる」という新たな例にぶつかります。日本語を考える面白さって、こういうところにあるような気がします。聞いて聞きっぱなしにするのではなく、聞いた上で入れる(容れる)から「許可する」という意味になるのでしょう。

「言い交わす」の場合は、これまた英訳させてもらって申し訳ないですが、say to each other ですから、本来的には何を言っても良いはずなのですが、これがいつの間にか「結婚の約束を交わす」という意味に限定されて来ました。そういう変化を辿るのも言葉を考える面白さです。

こういう単語の成り立ちって非常に興味深いと思いませんか? 必ずしも全てがこんなに風情があるわけではないのです。例えば「突き飛ばす」と言えば、相手を突いて、突くことによって飛ばすという単純な結合なのです。

しかし、「読み飛ばす」と言った場合は、本を読んで、その本をどっかに飛ばしてしまうことではありません。読みながら内容を飛ばして行くことです。「読む」という言葉と、読んでいないことを表わす「飛ばす」という言葉を平気でくっつけて、読んでいるようないないような状態を非常にうまく表していると思います。

「見合わせる」も「見て何かを合わせる」という意味ではありません。なんでこれが「やめておく」という意味になるのでしょう? そういうことを推理するのも言葉を考える上での醍醐味です。

「やめておく」と言えば「止めて」「措く」ことで、自分ではやらないということですが、これが「放っておく」となると、勝手にやらせておくという意味になります。これが「捨てておく」となるともうちょっと嫌らしい感じがします。

さらに、これが一語に結合短縮して「捨て置く」となると、まあ前半が縮まっただけで語感が一層厳しくなります。明らかにやっている人間に対する軽蔑や嫌悪が込められています。

しかし、同じ「〜置く」でも「聞き置く」となるとこれは拒絶ではなく、「聞くだけ聞いて自分の考えは述べないでおく」という微妙な感じに変わってきます。「聞き入れる」と「聞き置く」の微妙な違いをじっくり聞き比べてみてください。

日本語って、どうしてこんなに微妙な感じをうまく表わす言葉が豊富なのでしょうか? 「言い得て妙」とはまさにこういうことなのではないかと思います。

Copyright©yama-a Oct.2011mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ