裏表の表現、表現の表裏

放送局に勤めていると視聴者センターに電話やメールで寄せられる質問・苦情・要望の類を読む機会があります。社内には視聴者センター週報などという形でプリントアウトされて回覧されており、多くの社員がその全文を読んでいます。

それらのご意見を読んでいますと、「なるほど、我々はそれがあたりまえだと思ってやってきたけど、考えてみればそれは世間の常識でもないし、だから視聴者の皆さんの生理にも合わなかったのだ」と思い知らされるようなこともあり、とても有意義です。

ただ、たくさん寄せられる投書やメールの中には、たまにどう考えても納得の行かないものもあります。

それをいちいち挙げるのは止めておきます。万が一にもたまたま送ったご本人がお読みになって、さらにきついクレームを寄せてこられたりするのも望むところではありませんので。

ただ、どんなに想像力を駆使して相手の側に立って考えても、何故そこに引っ掛かるのかどうしても理解できないものもあります。今回ひとつだけ、あくまで私個人の感想としてここで取り上げさせてもらいます。勇気を振り絞って(笑)

ある番組でブラジルのことを「地球の裏側」と言ったことに対して強硬な抗議が来たのでした。

念のために書いておきますと、ブラジルという国の悪口を言ったわけではありません。たまたま番組内で出てきたブラジルという国に「地球の裏側」という使い古した修飾語をつけて紹介したのです。いや、単なる修飾語ではなくもはや常套句ですね。

しかし、抗議電話を掛けてこられた方は常套句だからいけないとおっしゃったのではありません。「裏側」という表現は差別表現だから控えるように、と主張されたのです。

そう言われると、すんなり同意できないことないですか? 「裏側」って差別表現なんでしょうか?

私は実は6年前にも、「裏」が差別かどうかというテーマで同じような記事を認めています。今回それに加えて書いておきたいのは、もし「裏側」が差別表現で使ってはいけないとすれば、「では、一体どう言えば良いのか?」ということです。

「ブラジルは日本の反対側」では感じが出ません。「反対側ってどっちよ?」「何を起点として反対側?」と言いたくなりません?

「上」に対する「下」、「右隣」に対する「左隣」、「北北西」に対する「南南東」も「反対側」です。でも、ブラジルは「日本とは反対方向にある国」ではありませんし、どっかの国を挟んで反対側に位置しているのでもありません。

「地球の裏側」はそんなに近くないのです。

そもそも地球上で日本からは一番遠いところだというニュアンスを出すために「地球の裏側」という表現を持ち出したはずです。「反対側」ではその感じが全然出ないのです。

かと言って「地殻を起点として反対側」みたいな締まりのない表現では伝わるものも伝わらずに終わってしまいます。

まさに方向としては地面を掘り進んで行った裏側、でも実際にはいくら掘っても決して辿りつかないところにブラジルという国はあるのです。それを裏側と言うのは、こちらからはどうやったって、どんな大きな望遠鏡を使っても見えないところにあるからなんです。

「裏側」と称することに軽蔑の念は込められていないし、無意識の差別も含まれていません。

なのにそれを差別だと言うのなら、私たちは一体どのような言葉を使えば良いのでしょうか?

単に「ひっくり返さないと見えない側」を我々は「裏側」と呼ぶのです。だから、ブラジル側から見れば日本が「地球の裏側」です。

ブラジル人にそう言われると一般的な日本人は腹が立つのでしょうか? 私は何とも思いませんが、抗議電話をしてこられた方は激怒されるのでしょうか?

人の感じ方はもちろんさまざまで、制御のしようがありません。どんな感じ方をするのも、言ってみれば自由です。しかし、「だから使ってはいけない」とまで言われるとちょっと反論してみたくなるのです。

裏日本、裏番組、裏地、裏書き、裏づけ、裏門、裏街道、裏事情、屋根裏、足裏マッサージ──このうち一体どれが差別で、どれが差別でないのでしょうか?

私にはよく解りません。まず、そこのところで納得できない限り、言い換え表現を考える気にもなりません。また、たとえ納得したとしても、凡そぴったりの言い換え表現が思いつかないのです。

言葉って、往々にしてそんなに簡単に狩れないものなのです。そんなにきれいに切り分けられないのです。前回も同じようなことを書きましたが、そういう状態を昔から我々は「表裏一体」と称してきたのではないでしょうか。

一体になれない他人がいる中で、私は裏も表も等しく尊重して行きたいと思っています。

Copyright©yama-a Nov.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ