個人の感想

最近テレビを見ていて引っ掛かる表現に「※個人の感想です」というのがあります。

言わんとすることは解るのです。でも、気持ち悪い表現だと思うのです。

この註記はダイエット食品とか増毛剤とかの広告によく出てきます。つまり、この広告に出演して話している個人の体験談なのであって、これを食べたり飲んだり塗ったりした人が悉く体重が減ったり毛が生えたりすると保証するものではありませんよ、という予防線を張っているのです。

いや、広告主自身が予防線を張っていると言うよりも、放送局がそのように指導しているケースのほうが多いと思います。スポンサーの中には「『飲んだら必ずダイエットできる』と勘違いして買ってくれたら嬉しい」くらいに思っている会社もあるように思えます。

そういう会社に対しては放送局の側が、「放送する側の責任」を振りかざして改稿を要求するのです。──そこまでは良いのです。ただ、それで出てきた表現が「※個人の感想です」であるところが情けないのです。

「感想」に個人以外のものがあるのでしょうか?

「見解」であれば個人のものも会社とか学校とか団体のものもあります。個人の見解にはズレがあって当然ですが、それをみんなで話し合って調整して会社としての見解を作り上げるのです。

しかし、感想となると、それはどこまで行っても個人のものではないでしょうか? そもそも団体は感じることができません。だから、個人の感想をどんなにすりあわせても調整しても団体のものになるはずがないのです。

感想は個人のものであるのが当たり前なのに「個人の感想」とスーパーされるのが気持ち悪いのです。

これを緩和するにはどうしたら良いでしょうか?

頭に何かをつければ意味がはっきりして気持ち悪さが減少します。例えば

「単なる」や「あくまで」は「個人」を修飾する語ではなく、「個人の感想です」という節に掛かっています。分かりやすく言うと、「単なる(あくまで)個人の感想なのであって、会社として全員にこういう効果が現れると主張しているのではありません」ということです。

しかし、「単なる」では如何にも自社の製品を軽んじ貶めているようなイメージになってしまいます。「あくまで」なら良さそうなものですが、やっぱりなんだか逃げ腰な感じが出て説得力に欠ける気がしますし、それに加えて問題は4文字分長くなるということです。

長くなるということは読むのに時間がかかるということであり、となると局のCM考査から文字を長くスーパーするように言われるのですが、スポンサーとしては長く出したくない──そういう理由もあって「個人の感想です」という、主語も省略された短い表現になっているのだと思います。

となると、妥協案としてどうするのが良いか?

私は「個人の体験談です」くらいが良いのではないかと思います。これなら、「テレビをご覧のあなたも同じ体験ができるとは限りませんよ」というメッセージを言外に匂わせているようにも読めます。

「会社の感想がないのと同じように、会社の体験だってないのだから、同じようにおかしいのではないか?」という反論があるかもしれませんが、この場合の「個人」は「会社」の対義語ではなく、「全員」の対義語です。「出演している個人はこういう体験をして語っていますが、この商品を試した全員がそういう体験を得られるとは限りません」という意味に取れます。

「感想」と「体験」の微妙な違い、そして「体験」に「談」がついていることによる決定的な違いが、表現全体の違いに繋がっています。

だから、もし、どうしても「感想」という単語を用いたいのであれば、そこに「談」に当たる表現を付け加えれば良いとも言えます。残念ながら「感想談」という言葉はないので、「個人が感想を語っています」とでもすれば、「会社が語らせているのではありません」というニュアンスが出てくるでしょう。ただ、それよりは「個人の体験談です」のほうがすっきりと解りやすい表現であると思います。

同じように言葉足らずのものに、チラシなどの広告表現によく見る註記で、「※写真はイメージです」というのがあります。

私はついつい「そりゃそうでしょうよ。テキストじゃないですもんね」と茶化したくなる(このジョーク解りますよね?)のですが、これももう少し言葉を足してほしいと思うのです。

意味するところは「実物、現物の写真ではないですよ」「実物は少し違っている可能性がありますよ」ということなのでしょうが、「写真はイメージです」ではあまりに分かりにくいとは思いませんか?

随分前に『CM表現の月とスッポン』というタイトルで書きましたが、この「※個人の感想です」も「※写真はイメージです」も、どちらかと言えばスッポンの類だと私は思っています。一概には言えませんが、一流の企業、一流のクリエイタならこういう中途半端な表現を使わずに、もっと上手に消費者を騙しにかかるような気がするのです。

ところで、あの文章に書いた「絶賛発売中」という表現は、今では何の規制もなくCMで使われるようになりました。それどころが放送局自身が自社主催のイベントの告知で、平気で「チケット好評発売中」などと言うようになってしまいました。

この表現の気持ち悪いところは、短いフレーズの中に能動態と受動態が混在すること、あるいは2つの異質の主語を隠していることです。発売しているのは発売元や主催者であり、絶賛しているのは消費者や評論家のはずです。発売は「する」ほうだけれど、絶賛は「される」ほうなのです。

要するに売ってる奴が自分で絶賛するな、ということなのです。

そういうことをおかしいと感じる人が、スポンサーの中にもクリエイタの中にも放送局の中にもいなくなって来ているのでしょう。いろんなものがどんどん風化して行きます。少し哀しい気もします。

何よりも空疎に感じるのは、これらは単なる自画自賛、自己満足の表現なのであって、具体的には何も表しておらず、宣伝効果もないからなのです。つまり、実際の売れ行きが悪いからと言って訂正されることもない代わりに、買う側も「絶賛(好評)発売中なら買おう」とは決して思わないということです。

全く実質的な意味のない、手垢に塗れた常套句なのです。それは安易の表れでしかありません。これもスッポンの類、安物広告の最たるものです。

表現というのはアリバイ的なものであってはいけないと思います。それは対象者が理解しやすいように、伝えたいことがうまく伝わるように、心血を注いで工夫して行くものだと私は思うのです。おかしな表現がはびこることではなく、工夫の精神が廃れてしまうことを、私は困ったなと思っています。

あくまで個人の考えですが、ご賛同いただけますでしょうか?

Copyright©yama-a Nov.2011mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious