立川談志の文脈

先月亡くなった立川談志さんが自分で考えた戒名が「立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)」だというニュースを読んで少しだけ驚きました。「雲黒斎」という名前は実は私も一時期使っていたからです。

もはやご存じの方はおられないと思いますが、このホームページできて間もない頃、「うんこ占い」というコーナーがありました。一応 JavaScript を使って、その日の占いができるようなページをしつらえていたのですが、もちろんただの冗談です。

で、その時に占いの先生として設定してたのが「山森雲黒斎先生」でした。実は「山森雲竹斎」という案もあったのですが、普段自分が使っているほうの言葉を選んで「雲黒斎」にしたのです。

私の場合は、独り雲黒斎先生に留まらず、その養子にして愛弟子の山森雲國禄、そしてその2人の系譜を引く、村下漆黒斎、鯉田兵杢斎、矢張弁枠斎という別の3人の占い師を配したところが、まあ、ミソと言えばミソでした。

これは自分で一生懸命考えて、しかもひとり悦に入っていたネーミングだったのですが、このページを読んだ方から「雲黒斎って、『クレヨンしんちゃん』にも出てきましたよね」という指摘を受けて、「そうだったのか!」とがっくりした記憶があります。

結局『クレしん』のほうではどんなキャラが設定されていたのか確かめないままなのですが、「まあ、誰でも考えるわな」という気はするにはします。しかし、先にやられて悔しい、という複雑な心境でした。とは言え結局遊びとしての発展性もなかったので、短期間でこのコーナーは消してしまいました。

それから10年近く経って、今度は談志師匠ともあろう者が「雲黒斎」です。

いや、それが盗作だとか二番煎じだとか言う気はありません。言葉遊びも作曲と同じで、極めて限られた組合せでやっている限り、似たようなフレーズはどうしても生まれてしまうのです。問題はそのフレーズそのものではなく、その短いフレーズが、曲としての全体の構造の中でどのように「効いてくる」かが肝心なのです。

単語そのものが「差別用語」であるようなものは実は存在しません。ある特定の単語を悪意を持って、あるいは極めて不用意に使った時にそれは「差別用語」になるのであって、言わば差別は単語に宿るのではなく文脈にあるのです。

それは差別だけの話ではなくて、全ての「表現」がそういう宿命を背負っているのです。単語が語るのではなく、文脈が語るのです。

その文脈が、私の場合は「山盛りうんこ臭い・うんこ黒く、蒸らしたしっこ臭い、こいだ屁ぇも臭い、やはり便は臭い」という組合せであり、立川談志の場合は自らの戒名という、これは誰にも真似のできない強烈なものでした。

立川談志の遊び心と言うか反骨心と言うか、そういうものも充分に感じさせてもらいましたが、生命は単語ではなく文脈に宿っているのだということを改めてしみじみと感じさせてもらった次第です。

良い戒名だと思います。誰でもうんこは臭いのに、それを自分の死に際して一手に引き取って(なんて書くと、まるでうんこを手づかみしてるみたいですがw)くれているわけですから。

この文脈にはとても太刀打ちできません。

Copyright©yama-a Dec.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ