流行語って何?

毎年、年末になると「流行語大賞」の類が発表されます。今年もすでに12月の初めに「ユーキャン新語流行語大賞」と「ネット流行語大賞2011」、「女子中高生ケータイ流行語大賞2011」などが発表されました。

で、まあ、ここんとこ毎年と言えばそうなんですが、最近のこれらの賞を見ていると、それって流行語かい?と言いたくなるようなものが少なくありません。

例えば「ユーキャン新語流行語大賞」の今年の「年間大賞」は「なでしこジャパン」です。

それって流行語でしょうか?

確かに、今年よく使われた言葉ではあります。しかし、この言葉が流行したということではないのではないでしょうか?

「なでしこジャパン」は広く認知された愛称です。固有名詞です。固有名詞自体には流行るも何もないのではないでしょうか?

もっと直截に言うと、流行ったのは「なでしこジャパン」というチームなのであって、「なでしこジャパン」というチーム名ではないのです。

いや、「チームが流行った」というのも変な表現です。人気があってしょっちゅう話題になったのは「なでしこジャパン」というチームなのであって、「なでしこジャパン」という固有名詞ではないのです。

言葉が「流行る」というのは、何かにつけて言われるということです。他の表現でも良さそうなものなのに、ついついそれを使ってしまう言葉です。そして、それまであまり使われなかった表現が急に使われまくることです。

例えば、(めちゃくちゃ古い例で恐縮ですが)驚いた時にはみんながついつい「あっと驚くタメゴロー!」と口走って(歌って?)しまうということです。別に「シェー!」でも「びっくりしたなあもう」(この2つはもっと古いですw)でも良さそうなものなのに、何故かその年はみんなが「あっと驚くタメゴロー!」と叫んで(歌って?)しまっていたのを流行語というのです。

それに対して、「なでしこジャパン」という言葉が口の端によく上ったのは、その名前を持つチームが大活躍し、テレビでも取り上げられ、口コミでも広がったというだけのことで、言わば「なでしこジャパン」は「大量流通語」ではあっても「流行語」ではないのです。

そういう意味では「ネット流行語大賞2011」金賞の「ポポポポ〜ン」のほうがはるかに流行語らしい流行語だと思います。これは単にACのCMでこの歌がよく流れたということだけではなく、子供たちはしょっちゅう歌っていましたし、大人たちでさえ時々意味もなく言ったりしてました。それでこそ流行語なのです。

そういう意味で「ユーキャン新語流行語大賞」で他のトップテンを見回してみると、「絆」「スマホ」「どじょう内閣」「どや顔」「帰宅難民」「こだまでしょうか」「3.11」「風評被害」「ラブ注入」のうち、「流行語」らしいのは「絆」と「どや顔」、「ラブ注入」ぐらいではないでしょうか?

「ラブ注入」は単に楽しんごが何度もテレビで言ったということではなく、みんながそれを真似して、なにかにつけて「○○注入」などと言い始めたからこそ流行語なのです。つまり、楽しんごが独りで言っていたのではなく、それをみんなに流行らせたから、流行って初めて流行語になったのです。楽しんごがいくら売れても、それをみんなが真似しない限り、流行語にはならないのです

同じように野田首相が流行らせたのであれば、「どじょう内閣」という言葉も流行語と言えます。しかし、それは流行ったでしょうか? みんなが使い、みんなが転用したでしょうか?

一般国民が何かにつけて「どじょう内閣」と言い出したり、それをもじって使い出したりして初めてそれは流行語と言えるのです。「どじょう内閣」は「言い得て妙」の形容であったかもしれませんが、それだけでは流行語ではないのです。

同じように、「3.11」も流行語ではありません。これは単に3月11日のことですし、3月11日のことを「3.11」と表記するのはもっと前からあった慣習です(例えば「9.11」もそうです)。それは大きな地震災害が起きたから何度も口にされただけのことであって、この言葉が流行したわけではないのです。

私はこのような言葉を「流行語」という括りに入れてしまう人の言語感覚が一体どうなっているのか不思議で不思議で仕方がありません。

それと比べると、「女子中高生ケータイ流行語大賞2011」のなんと流行語っぽいことでしょう。

金賞が「リア充」、銀賞が「てへぺろ」、銅賞が「あげぽよ」、以下「とりま」「からの〜」「あーね」「かわうぃーねー」「きゃわたん」「オシャンティー」「マル・マル・モリ・モリ」──こういうものをこそ流行語と言うのです。

え? 「リア充」ぐらいしか知らんぞ、って? そう、自分が知らないとちょっと焦るでしょ? そんなもの流行ってるのか、って? それでこそ流行語なんですよ。

「なでしこジャパン」なんて言われても、何のことだか知ってるし、ちっとも驚きません。「そうそう、俺も何度も使ったなあ」なんて感慨もないし、「最近若い子たちがよく使ってんの聞いて、一体どういう意味か知りたかったんですよ」みたいな興味もない。

そういうのを流行語と呼ぶのはちょっと違うのではないか、などとふと思ったもんですから、こんな爺のボヤキみたいな文章を書いてみました。

どうでしょう? この文章「いいね!」って言ってもらえますでしょうか?

ちなみに「いいね!」は「ネット流行語大賞2011」の第6位にランクインしています。残念ながら「いいね!」ボタンはこのウェブページにはありません(笑)


【2013年12月追記】 遅まきながら、「いいね!」ボタンをつけてみましたw(ここから遡って、いくつか古い記事にもつけてみます)

Copyright©yama-a Dec.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ