続々、大和の豊かな言い回し

今まで知らなかったことを知った途端に、今まで気がつかなかったその実例が次々と目に飛び込んできたりすることがあります。例えば、救命救急講習を受けた途端に街じゅうにある AED に気づくみたいに。

初めに『大和の豊かな言い回し』を書いたのは2008年8月のことでした。あの時は「申し」「思い」「言い」で始まる例を挙げて、日本語における、やまと言葉の動詞2つを重ねて作った動詞、もしくはそこから転用した名詞表現の豊かさについて述べました。

それから暫く時期をおいて、今度は2011年10月にその続編を書きました。この時には前回のように系統立った例ではなく思いつくままいろんな表現に触れました。

そして、この続編がまた引き金となって、私の前に続々と豊かな結合動詞が現れて、まさに続々編を書かざるを得なくなったのです。

今回は「持ち」で行きましょうか。

例えば「持ち合わせ」。どうして「持つ」+「合わせる」で「たまたま(一定の金額を)持っている」という意味になるのでしょうか? こういうことを考え始めると不思議で止まらなくなります。

恐らくこの「合わせ」は「抱き合わせ」などの「合わせ」ではなく、「たまたま」という意味合いを加えるものなのでしょう。「居合わせる」とか「有り合わせ」などという表現がそれに近いのではないかと思います。

それから「持ち重り」──これは逆に漢字を見れば意味は何となく想像がつくのですが、その構造が面白いと思います。「重い」ではなく「重り」です。そして、持っている人が重いのではなく、持たれているものが重いから、持っている人がその重みを感じるのです。

で、単に「持ったら重い」という意味かと言えばそうではなく、「最初はそれほどでもなかったのに、持っているうちにだんだん重みを感じてくる」というものすごく複雑なニュアンスのある褒め言葉なのです。こういうところが日本語の深さを感じさせてくれます。

今、日本語の深さと書きました。しかし、そういう深さ、不思議さは英語にはないかと言えばそんなこともなく、例えば take や get や give などという基本的な動詞が副詞を伴って熟語化した場合の不思議さが、この日本語の結合動詞の豊かさに通じるものであるような気がします。

実例を挙げれば take over とか get away with とか give up とか、知らなければ簡単に想像つかないのに、でも意味を聞いてしまうと何となく納得してしまう、そんな広がりが英語においてはあるような気がします。

閑話休題。元に戻って、もう少し「持ち」の例を挙げましょう。

例えば「持ち崩す」「持ちかける」「持ち切り」「持ち越す」「持ち直す」なんてのは、前にも挙げたたくさんの例と同じく、なんでこんな単純な動詞を2つ繋いだだけで違う意味が出てくるのか、本当に不思議で感心してしまいます。

「持て余す」も同様ですが、この場合「持ち」ではなくて「持て」になるのが不思議で、でも、聞き慣れているせいもありますが、やっぱり「持て余す」でなければしっくり来ない気がします。

同じ「持て」になる例としては「持てはやす」があります。何故「持ち」ではなく「持て」なのか、機会があれば究明してみたいと思っています。

そして、あるいは「持ち腐れ」。こっちのほうは「持ち」は「持ち」なのですが、下のほうが「腐り」ではなく「腐れ」です。意味の方は比較的そのまんまですが「持っていて腐る」と言うよりは「持ったまま腐る」という感じです。そして「くされ」ではなく「ぐされ」と濁ることによって、如何にもという語感が出てきます。

もっと意味の想像のつきにくい、それ故深い表現としては「持(ち)送り」というのがあります。これは日本建築の用語で、「棚や横木などを支えるための、装飾を施した木」のことです──などと言われても何のことか想像がつかないでしょうから、Google などで「持送り」で画像検索してみてください。すぐに「ああ、これか」と納得が行くはずです。

どうです? 面白いでしょう?

日本語には他にもこんな例が山ほどあります。

みんなの宿題として持ち帰って、それぞれに持ち場を決めて、いろんな例を持ち寄ってみては如何でしょうか? 面白い例が見つかった時には、きっとこの話題で持ち切りになることでしょう、なんてね(笑)

Copyright©yama-a Jan.2012mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ