古今東西と限定しりとり

このエッセイ・シリーズでは言葉遊びについてもいろいろ取り上げてきましたが、小さい頃に一番親しんだ言葉遊びと言えばやっぱり「しりとり」でしょう。

今から思えば、小さい頃はどうしてあんなに単純なことが楽しかったのが不思議な気がしますが、しかし、よく考えてみれば、まだ語彙が少ない子供たちにとっては、あれは結構スリリングなゲームになるのでしょう。

だから、大人がしりとりをやるのであれば、単純にやるのではなく、語彙の少ない子供が苦労するのと同じような制約を設けてやればよいのです。

それで思い出すのが「限定しりとり」です。

高校の時に、休み時間に暇にしていると、同級生のひとりが急にしりとりをやろうと言い出したのです。僕らは「ええっ、なんでしりとりなんか」と嫌がったのですが、彼が「いや、普通のしりとりじゃなくて、限定しりとりだ」と言うので、やってみたらこれが意外に楽しかったのをよく憶えています。

限定しりとりというのはテーマを絞ってやるしりとりです。例えば、国名だけに限ってやるとか、あるいは「大きなもの」などというテーマに該当するものしか言ってはならないしりとりなどです。

話は逸れますが、よく似た遊びに「古今東西」とか「魚鳥木(ぎょちょうもく)」とかいうのがあります。この遊びの呼び名や口上は地方/時代によっていろんなバージョンがあるみたいです。

私が知っているのは、皆で車座になって、最初にお題を出す人間が「古今東西、花の名前」と言うと、その隣から順に花の名前をひとつずつ言って行き、詰まった人が負けというもの。限定しりとりと違うのは、頭の文字が何であるかなど関係なく、ただ思いつくものを言えば良いというところです。

「魚鳥木」の場合は、「魚鳥木申すか申すか」「申す申す」という口上のやり取りの後で、「魚鳥木、魚の名前」などとお題を出すもので、口上以外のルールは全く同じです。

私の場合は、小学校時代は「魚鳥木」、長じてからは「古今東西」でした。

この「古今東西」を社会人になってからやったこともあります。これも大変楽しかったです。会社きっての珍妙なアイデアを思いつく同僚が、ある日突然フォーク・ダンス合宿をやろうと言い出して、キャンプ場に独身男女が集まってフォークダンスとキャンプファイヤーと古今東西をやったのでした。

このときに一番印象に残っているのは、「古今東西、ブランドの名前」というお題が出たときのことです。私は、これはあまり自分の得意なジャンルではないのでヤバイと思いました。20〜30人が輪になって座っていたでしょうか。1周目は凌げても、2周目、3周目となると切り抜けていく自信がありません。

しかし、考えてみればブランドったってファッション関係だけではないのです。例えば Zippo はライターのブランドだし、他にも車のブランド、飲料のブランドなど、考えたらいろいろあるし…。

と、そんなことを思っている間に順番はとんとんと6〜7人が終わり、ある女の子の番になったときに、彼女はちょっとクビをひねって「わかんない」と言ったのでした。

これがまた、可愛い女の子だったので、男の子たちにはバカ受け。高価なファッション・ブランドなんかとは無関係に暮らしている庶民的な可愛い子として、ますます彼女の人気は上がったのでした。

さて、話をしりとりに戻しましょう。

限定しりとりの場合には、言うまでもないですが、前の言葉の語末と、自分が言う言葉の語頭の文字を揃えなければならないので、古今東西よりは難度が上がります。だから、すぐに答えに窮することになるのです。そして、窮すると苦し紛れの答えが出てきます。

限定しりとりの面白さはむしろそこなのです。

例えば、「食べ物限定しりとり」をやっているときに、ウで詰まってしまった私は「牛」と言いました。すると一緒にやってた奴から「牛は動物やろ」と言われたのですが、「なんで? 牛の肉食べるやろ」と言い返して通してしまいました。

また「乗り物限定しりとり」をやっているときに、友だちのひとりが「女」と言ったことがあります。「そんなんあかん!」「なんで? アレするとき女に乗るやん」みたいなやりとりになったのですが、私はいまだにこのいっちょまえに見栄張った解答を思い出すとおかしくて仕方がありません。

あの高校のクラスで、あのときあの場でしりとりをしていた男子学生のうち、恐らく誰一人としてまだ女に乗ったことも乗られたこともなかったはずです。

「何を偉そうに」と思いながら、しかし誰もが「でも、早く乗ってみたいなあ」などと妄想を膨らませて、しりとりゲームはしばし滞ったのでした。

言葉遊びってやりようによってこんなに面白いんだ、とあの時思ったのをよく憶えています。その辺りが私の言葉への興味の原点の一つなのかもしれません。

Copyright©yama-a Jan.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ