その後の「機械のあさましさ」

気がついておられる方は大勢いらっしゃると思いますが、今最新の Google Chrome や Firefox などのブラウザで Web を閲覧していると、URL 窓の中の URL 表記で http:// が省略されています。こちらが打ち込む時に http:// をちゃんと書いても消して表示されます。えらい時代になったもんだと思います。

昔ならそんなことをしようものなら、PC に詳しい先輩から「そんなもの省略してしまったら、どのプロトコルなのか機械が分からないじゃないか」と怒られたでしょう。

しかし、ブラウザというものはそもそもウェブページを閲覧するものなのだから、HTTP に決まっているではないか? だったら何も書いてなくたって、そのぐらい気ぃ回して HTTP かなと思えよ──と言いたくなるのが人情ですが、そこはほれ、相手は人間ではなく機械ですから仕方がありません。

そういう類のことを前にもこのエッセイで書いたことがありました。『造語と規範性と機械のあさましさ』というタイトルで、あのとき取り上げたのは Microsoft Word の誤り修正機能でした。

しかし、今回書いているのはウェブページのことで、ことが Web となると、待てよ、ブラウザがそのぐらい気を利かせてくれていた例があったぞ、と思い出しました。

僕らが Web を見始めた頃から、ファイル名が index.html や index.htm の場合はそれを省略して良いことになっていました。

例えばこのサイトなら、

http://homepage2.nifty.com/yama-a/index.htm

と書く代わりに、

http://homepage2.nifty.com/yama-a/

と書いても良かったのです。これはスラッシュ(/)で終わっているので、yama-a というディレクトリのルートを表しています。で、ルートを指定してあってファイル名を指定していない場合は index という名前のファイルがあればそれを読み込むようになっていたのです。

これは、「なんだ、機械だってちゃんとできるじゃないか!」というような事例ではありません。誰かがそう決めたのです。ま、決めたのが誰であるかはどうでも良いのですが、ともかくその決めたことがブラウザの設計図のどこかに書いてあるわけです。

機械は相変わらず書いてあることを一言一句忠実に実行しているに過ぎません。

だから、かつては yama-a/ の / を省略するとちゃんと読んでくれないブラウザもありました。今ではほとんどのブラウザが / なしでも読んでくれるでしょう。

それも機械が気を利かせてくれたのではなく、アプリケーションの中に「最後がファイル名ではなくディレクトリ名で、そこに / がついていなければ補う」という風に書きこんであるに過ぎません。

で、そういうのがどんどん進んで、最初に述べたように http:// を省略して書いても自動的に補ってくれ、http:// を書いても自動的に省いて表示してくれる、という機能に繋がっているのです。

すごいと言えばすごいのですが、まあ、何度も言うようですが、それもこれも誰かがこれをルールにしようと決めて、ブラウザの設計に盛り込んだというだけのことです。

もちろん、ブラウザが扱えるプロトコルは HTTP だけではないので、どんな条件が重なった場合は http:// を補うというような細かなルール設定が必要で、それを考える人間は偉いけれど、一言一句書いておいてやらないと区別がつかない機械のほうはやっぱり浅ましいと言えます。

ただ、それでも私は、「おお、機械のくせに偉いぞ!」と叫んでしまいたくなることがあります。

それはこの http:// が省略された URL をコピペしたときのことです。コピーした URL をペーストする先はブラウザの URL 窓とは限りません。となると、これをコピペした先のアプリケーションが(これも機械のあさましさで)これが URL であることを認識できない可能性が出てくるのです。

つまり、例えば Microsoft Excel のセルに URL を記入すると普段は自動的にリンクが張られるようになっているのに、ここに http:// を省略したものを書きこんでしまうと、それが URL とは認識されず、リンクが張られない事態が生ずるはずです。

ところが、ご心配なく。ブラウザの URL 窓の

homepage2.nifty.com/yama-a/index.htm

をコピーして他のアプリに貼り付けると、あらあら不思議、ちゃんと

http://homepage2.nifty.com/yama-a/index.htm

と表示されるのです。

これは機能としては偉いじゃないですか! いや、もちろん機械やソフトが偉いのではなく、考えてプログラムした人が偉いのですが、この件だけはそうも言い切れず、なんだか機械やソフトを褒めてあげたい気持ちになってしまいました。

ついついこんな気持ちになってしまうのは、逆に人間の(いや、私の)愚かさなんでしょうかね?

いずれにしろ、非常に気の回る開発者がいて、浅ましい機械を凡人よりも気の回る存在に高めてくれているのです。

機械は一歩先を行っています。もう「機械のあさましさ」なんて言っていられないのかもしれません。

Copyright©yama-a Feb.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ