ヒューストンさんと呼ばれて

2月11日に急逝した歌手のホイットニー・ヒューストン関係の報道では「ホイットニーさん」と「ヒューストンさん」の両方の見出しを見ました。マイケル・ジャクソンが亡くなった時にも同じような記事を書きましたが、今回も私は「ヒューストンさん」がしっくり来ないのです。

マイケル・ジャクソンの時には割合はっきりした理由がありました。それはマイケルにはあれだけ大勢のきょうだいがいるからです。だから「ジャクソンさん」ではなく「マイケルさん」だったのです。

では、今回は何故「ヒューストンさん」に違和感を覚えるのでしょうか? 自分でもよく解りません。マイケルの場合と違って他にヒューストンという人を知っているわけでもありません。

ただ、いずれにしても、日本人の場合なら苗字で言っておけば間違いないし、特に死亡記事などの場合は苗字でなければ失礼な感じさえするのに対して、(あくまで日本人の感じ方としての話ですが)外人を指す場合にはそうではないということではないでしょうか?

ただ、その境目がどこにあるのか、自分でもよく解りません。

例えばビートルズのメンバーで考えれば、リンゴ・スターは絶対「リンゴさん」で「スターさん」ではないと思うのですが、ジョージ・ハリスンは「ジョージさん」か「ハリスンさん」かと言うと、ま、どちらでもおかしくはないと思うのですが、どちらかと言えば「ハリスンさん」のような気がします。

ポール・マッカートニーは「マッカートニーさん」で、「ポールさん」ではまるでポール牧のような気がしてしまいます。ジョン・レノンも同様に「レノンさん」で、「ジョンさん」ではまるで関西ローカルの深夜番組『MUSIC EDGE』に出演している犬の扮装をした人みたいです(関西の方しか解らないネタですみません)。

でも、「リンゴさん」だとハイヒールリンゴを思いだすかと言えばそんなこともありません。つまり、必ずしも同名の有名人がいるかいないかということではないのです。

ジョンやポールがありふれた名前だからかと言えば、そういうことでもなく、前に書いたマイケル・ジャクソンやスティービー・ワンダーだってありふれたファースト・ネームの持ち主です。

親近感を覚えるのはファースト・ネームのほうというのは、西洋人なら確かにそうなのでしょうが日本人には必ずしも当たらないように思えます。私の大好きなシンディ・ローパーは「ローパーさん」だと思います。でも、呼び捨てにするなら「シンディ」かなという気はします。

この辺はまさに「口調」の問題、あるいは「感覚」の問題としか言いようがない気がします。そして、口調が良いか悪いか、馴染みを感じるかどうかは恐らく人によって全然違っていて、「いや、僕は絶対レノンさんではなくジョンさんだ」という人もいるでしょう。

ただ、何故だかしっかり定着してしまうものもあるわけで、どうしてボブ・ディランはディランでマイケル・ジャクソンはマイケル(またはマイコー)なのか、そういうことを考え始めるとなんだか分からなくなってくるのです。

最初の例に戻って、「ヒューストンさん」だとどうして遠い存在に感じてしまうのでしょう? また、遠い存在に感じてしまうのは私だけなのでしょうか、皆がそうなのでしょうか?

いずれにしても、ホイットニーは遠いところへ行ってしまいました。「ホイットニーさん」と呼ぶのと「ヒューストン」さんと呼ぶのとではどちらが遠いのかを考えても仕方がないくらい、もっともっと遠い、誰にも手の届かないところに。

Copyright©yama-a Feb.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ