筆跡の不思議

私は昔の手紙とか日記とか、そういうものを何でもかんでも保存しているような人間では決してないのですが、たまに高校時代に書いたものなどが残っているのを思いもかけず発見することがあります。

そういうものを読み返してみてまず驚くのは、文章の稚拙さでも考えの甘さでもなく、字の下手さです。

ああ、こんな子どもっぽい字を書いていたのか、そして、筆跡というものがこんなに変わるのか、と改めてびっくりしてしまいます。

つぶさに見れば、はね方、止め方、あるいは線の傾き方、曲線の歪み方、全部違うような気がします。

ひょっとして筆跡鑑定のプロが見れば、高校時代の私の筆跡と現在の私の筆跡にも動かしがたい共通点があって、たちどころに同一人物によるものだと見破るのかもしれませんが、しかし、それにしてもかなり変わっているのは確かだと思います。

で、なんでこんなに変わったのでしょう?──考えてみると、それに対する答えが思い浮かばないのです。

確かに随分時間は経ちました。でも、時間が経つだけで自然に筆跡は変わってくるのでしょうか? 変わってくるとしたら、何故?

人生のどこかの時点で一生懸命漢字の書き取りをしたとかペン習字をやり始めたとか、自分の筆跡が嫌でなんとか変えようとしたとか、そういうことは一切ありません。いや、もっと字がうまくなりたいと思ったことさえありません。

ただ、あれから字はたくさん書いてきました。学生時代も就職してからも。PC が普及してからはキーボードを打つことが多くなりましたが、それでも字を書かない日はありません。

でも、ただ書いていればうまくなるのでしょうか?

今でも自分の字がうまいとは思いませんが、でも、高校時代に比べれば多分うまくなっているし、何と言うか「こなれてきた」感じはします。

しかし、きれいに書きたいという意図を持って書いたことはありません。ただ漫然と書いてきたのです。

世の中の多くのことは、ただ漫然とやっていても決して上達はしません。なのに、筆跡だけは少しマシになっているというのが不思議なのです。

あるいは私が気がついていないだけで、世の中の全てのことは、ただ漫然とやっていても、長く積み重ねていてさえいれば幾許かは必ず上達するものなのでしょうか? あるいは、書くという行為だけが例外的にそうなのでしょうか?

いずれにせよ、今のようなキーボードの時代になってしまうと、上達の速度は落ちるのでしょうね。

百年後の人たちは自分の高校時代の筆跡を見つけてどう感じるのでしょう? 別にほとんど変わってなくて何も思わないのでしょうか? とても興味があります。できることなら百年後まで生き延びて、確かめたいくらいです。

でも、今後キーボード入力がますます主流になってくると、昔の自筆を見つけること自体が無理になってくるのかもしれません。ワープロの便利さはもちろん諸手を上げて受け入れるとしても、変わり行く自分の姿を意識する機会が減るのは、なんだかとても可哀想な気がします。

Copyright©yama-a Mar.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ