死語分析【服飾編】

以前 twitter で「今では使われなくなった表現、まずは服飾編」を募集したことがあります。結構大勢の方が呼応してくれて面白い収集ができたので、ここに再掲したいと思います。

こうやって眺めていると、死語になるには3つのパタンがあることが解ります。ひとつはそのもの自体が使われなくなってしまう場合です。

deadwordlist

ここで言うなら、衣桁は着物文化の道具であり、呉服屋さんなどを別とすれば、もうそろそろ世の中から完全に消えつつあります。私自身も家にあった衣桁を、会社(テレビ局)の美術部に寄贈してしまいました。まさに時代劇に使われる代物になったということでしょう。

なお、「衣紋掛け」は通常はハンガーのことですが、衣桁を指す場合もあります。あ、ここまで読んできて、もしも「衣桁って何? 見たことない」と言う方がいらっしゃったら、是非とも画像検索してみてください。昔はこんなものに着物を掛けておいたのです。

ヘアバンド/ヘヤバンドというのも、今では全然使われなくなってしまったものの例でしょう。昔の女の子たち必携のアイテムだったと思うのですが…。今カチューシャと言われているものとはちょっと違うと思います。

で、死語になる2つ目のパタンは、他の言い方が定着してしまうケースです。上で書いた「衣紋掛け → ハンガー」というのはその典型でしょう。

フランスから来たシュミーズ/シミーズという言い方は、アメリカから来たスリップに取って代わられ、ズロースはパンツやパンティになりました。

ちなみに「ノンズロ」という言葉があります。これは「ノン・ズロース」の略で「無防備」、転じて「歯止めをかけることもなく」「ノー・チェック」の意味です。「ズロース」が死語になってからもまだしばらくは生き残っていましたが、とうとうこちらも死語になったようです。

ところで、ズロースとパンティが同じものかと言えば異論のある方もいらっしゃるでしょう。大体同じ機能を果たすひとつのものが、時を経るに従って素材や形状、デザインなどが変わってきて、昔の言い方ではそぐわなくなってしまうということもよくあることです。

例えば昔の人が履いていた長靴と今の人が履いているブーツは同じようでもあり同じでないようでもあります。昔ももちろん皮の長靴はあったのですが、「長靴」と言われて思い出すのは大体がゴム製の「ゴム長」でした。

今は「ゴム長」なんて言われても何のことだか分からない若い人も多いのではないでしょうか? 私は逆に先日「ゴム手」と言われてそれがゴム手袋のことだと解るまで数秒を要しました。私にとってはゴム手よりもゴム長のほうがはるかに馴染みのある道具だということです。

「長」を使った表現で言えば「長靴下」も今ではストッキングでしょう? 「長靴下って何よ?」って言う人もおられるかもしれませんが、我々が子供の時はフツーに「長靴下」って言ってたんですよ。あ、パンティストッキングみたいなイメージじゃなくて、野球のユニフォームのストッキングのイメージね。

そもそもあのころはパンストなんてありませんでしたから。

なんとなく雰囲気で呼び方が変わってしまったものもたくさんあります。私たちが若い頃「チョッキ」と言っていたものは、いつからなのか定かではありませんが「ベスト」と称せられるようになり、「バンド」という表現は完全に「ベルト」に吸収されて消えてしまいました。

「トックリのセーター」は「タートルネック」になり、おっさんたちがみんな間違って「ジャンバー」と言っていたものは「ジャンパー」に訂正されました。しかし、それも今は廃れて「ブルゾン」と言ったりします。フランスの逆襲です(笑)

服飾関係の用語は、歴史的なものもありますが、さすがに英語一辺倒ではなくフランス語由来のものもたくさんあります。そんな中で珍しいのは「ズック」ではないでしょうか。これはオランダ語の doek から来ているのだそうです。

しかし、「ズック」が死語になって今はどう言うのでしょう? それとも最近の小学生はズックなんて履いてないのでしょうか? この単語を寄せてくれた方もそこまでは書いてくれませんでした。

閑話休題。

「オーバー」や「ズボン」はまだ決して死語ではありませんが、最近は「コート」や「パンツ」と言われるほうが多くなって来ました。ま、オーバーもコートも英語では overcoat じゃないかとも言えばその通りなのですが、それを略した coat のほうは英語でもごく当たり前の表現になっています。

アノラック、ヨットパーカーはそれぞれ山登りやヨットのために特別に作られた、独自のデザインと機能を持った衣類であったのでしょうが、それが出てきた時の勢いを失ってしまうとあまり使われない名称になってしまいました。

ところで、この死語募集に「ヨットパーカー」を寄せてくれた方によると、ヨットパーカーのことは最近では「フード付きスウェット」と言うとのこと。ほんまかいな。いまだに私は半信半疑なのですが(笑)

あと、もういちいち説明するのはやめにしますが、例えばコール天はコーデュロイになり、ベッチンはベルベッドになりました。チャックはファスナー(ジッパーなんてのもありましたが)に、ホックはスナップになりました。

そして、死語になるパターンの3つ目は、わざわざ名前をつけて区別する必要がなくなったケースです。

蛇の目傘、番傘なんてものが廃れて、誰でも西洋の傘をさすのが当たり前になると、「洋傘」「こうもり」などという表現は消えてなくなってしまいました。では、今はどう言うのか? シンプルに「傘」と言うのです。傘と言えば今は西洋から来た蝙蝠傘のことなのです。

まだ絹や綿が主流であった頃には珍しがられた化学繊維も、これだけ当たり前になると誰も「化繊」なんて言わなくなりました。「人絹」「スフ」も同じです。

ちなみに「スフ」は「ステープルファイバー」の略で、この略し方は「ベースアップ」を「ベア」としたのと同じで、時代を感じさせてくれます。今ならきっと SF、あるいはステファなどと略すところでしょう。

そして、普段は小汚いパッとしない服ばかり着てて、いざ出かけるとなると急におめかしする、という生活様式もなくなってきたために、「よそゆき」「一張羅」なんて表現も忘れられてしまいました。

言葉が消えゆくのはある種さびしいものです。でも、それが何故消えたのか、どうやって消えたのか、何に取って代わられたのか、というようなことをつぶさに追っかけて行くと、そこには結構楽しい発見があったりします。

言葉はいつも時代やライフスタイルを反映しています。

Copyright©yama-a Mar.2012mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious