Jポップ 紋切り型と構成力

4月4日の朝日新聞に「Jポップ歌詞 瞳閉じすぎ?」と題する記事が載っていました(何日か経つと消えてしまうかもしれませんが、記事はここにあります)。

「信じてる」「翼広げ」「そばにいて」…。あれ、このフレーズ、どこかで聞いたような。最近、紋切型のJポップ歌詞が増えている気がしませんか?

という書き出しなのですが、こういうことは随分前から言われていて、例えば2ちゃんねるにも以下のようなスレが立っています。

また、全く同じ観点ではないですが、歌詞のパタン化や表現力の衰退については、私も以前こんな記事を書いています。

だから、今さら感心するほどの記事ではなかったのですが、私が一番驚いたのは、これを「紋切り型の表現」と書いた記者の感性です。はあ、これを「紋切り型」と言うか、と驚きました。

紋切り型というのは決まりきった表現です。

例えば、誰かが亡くなったら、その親族に対して「この度はご愁傷様です」と言うのが紋切り型です。それは別に悪い表現ではありません。ただ、仮に亡くなったのが親友の奥さんであったとしたら、私たちはその親友を前にして、「この度はご愁傷様です」という表現は選ばないでしょう。あるいは、その言葉だけで終わらせないでしょう。

ところが、誰が死んでも、どんな場合でも、いつでも「この度はご愁傷様です」で済ませてしまうのが「紋切り型」です。それは時として誠意の伝わらない表現になってしまいます。でも、意味は伝わる表現なのです。決して意味が伝わらない表現ではないのです。

私が近年Jポップの歌詞を聴いていて思うのは、手垢のついた表現が多いということではなく(それは確かにそうなのですが)、単なる紋切り型と違って、そもそも意味が取れないということなのです。

頭から聴いていて、ああ、この主人公の女性は彼氏に振られたのかと思っていると、中盤に突然女のほうが男を捨てたような表現が出てきたり、出だしでは過去の恋愛を歌っているように見えて、最後のほうになると今でもつきあっているような表現にすり変わっていたりして、一体何を歌っているのか判らなくなるということなのです。

あるいは、歌手は「負けない」と宣言しているのだけれど、一体何に負けないと言っているのかさっぱり判らなかったり、「がんばれ」と応援してくれるのは良いのだけれど、あまりに漠然としていて何を励まされているのか響いてこないといったことです。

あるいは、ストーリーのある歌のようなのですが、場面設定がきっちりできていないので、よく聴いてみるとちゃんとストーリーが進行してくれない、矛盾だらけの、あるいは具体的に何が起こっているのか想像のつかない物語になっていたりするということです。

逆に、昔の、しっかり書かれたほうの例で二、三説明してみましょう。

由紀さおりの『生きがい』(1970年、山上路夫:作詞)では、冒頭を聴くと、まだ同居していない恋愛中の二人を歌った歌のように聞こえます。女性のほうが、彼女の愛する男性がいまごろきっと起きたばかりだろうと想像して、いつもそうだけど朝ごはん食べないのは体に悪いわ、などと心配している、微笑ましい愛の歌に聞こえます。

ところが、サビになるといきなり「アア、あなたと別れた今でも」という表現が出てきて驚くのです。別れてたんだ…、と。そして、別れた後でもそんなに彼のことを思っている彼女の愛の深さに打たれるのです。そう、「アア、あなたと別れた今でも」の後には「アア、私はあなたと生きているの」と続きます。

ここには奇を衒った表現はどこにもありません。ありきたりの単語でここまでの切れ味が出るのは、ひとえに歌詞の構成力によるものなのです。

もうひとつ例を出しましょう。

沢田知可子の『会いたい』(1990年、沢ちひろ:作詞)の場合もテーマは恋愛です。恐らく高校時代の彼との恋愛を振り返っています。いきなり過去形で始まるので、多分今は終わってしまった恋なのだろうということは聴いている人間にも想像がつきます。

ところが、サビになると、終わった恋どころか、いきなり彼は死んでしまうのです。私はこれははっきり言って反則技だと思います。いきなり殺すなよ(笑)

しかし、この反則技によって、聴衆はいきなり喪失感の中に叩き落とされて、「約束したじゃない」という表現を重ねられてこわばってしまったところに、「会いたい…」と畳み掛けられて、もう立ち上がれなくなってしまうのです。

私は、この『会いたい』のほうはそれほど巧い歌詞であるとは思いませんが、構成としては見事だと思います。

そして、今のJポップの多くの歌に欠けているのは、このような構成力ではないかと思っています。

朝日新聞の記事は、東京経済大学の山田晴通教授の言葉を引いて、

紋切り型が悪いわけではない。むしろ多くの人に支持されるフレーズだからこそ、繰り返し使われてきた。

と書いていますが、私は最大の問題点はそこではなく(私自身はそれも大きな問題であるとは思っていますが)、上で書いたような歌全体としての構成ができなくなってしまったことではないかと考えています。

この記事の中では、文芸評論家の加藤典洋さんの指摘として、「歌詞が劣化したというより、歌と歌詞の関係性が希薄化した」という捉え方も紹介しており、

歌詞ができあいのファストフードみたい。(中略)歌詞の連ごとに意味がバラバラで入れ替え可能。手や目だけの人体模型のようだ

との発言を載せています。

まさにそういうことだと思います。耳に心地良い表現のパーツを並べることに終始して、全体としてそれがどういう意味や印象や物語になるのかを全く考えていないのではないかという印象を受けます(もちろん全ての作品に対してではありません。言うまでもないことですが)。

かつてフォークには現代詩から転じてきた作詞家やシンガーソングライターがいました。井上陽水のように国語辞典を繰って作詞するアーティストもいました。彼らは言葉や表現に対してとても貪欲でした。言わば素材選びからこだわって料理を作るようなものでした。

ところが今は違います。それが加藤典洋さんの言う「歌詞ができあいのファストフードみたい」ということなのです。だから「瞳を閉じて」と「風に向かえ」と「あきらめないで」を三段重ねにしてパンで挟んで出来上がりみたいな歌詞になってしまうのです。入れ替え可能であるために全体としての意味が構成されないのです。それはやはり歌詞の劣化、表現の衰退なのではないでしょうか。

昔はアーティストの胸中にどうしても伝えたいことがあって、それを伝える方法として歌を編んで行ったのに、今では先に音楽があって、それを歌という完成品にするために歌詞のパーツを嵌め込んでいるだけのような印象の作品が増えているのではないでしょうか。とても残念に思います。

なお、以前も書きましたが、本当は目やまぶたは閉じられても、瞳を閉じることはできません(笑)

※ この文章は音楽エッセイ集「キーを叩く」にも併載しています

Copyright©yama-a Apr.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ