就活と婚活

前にも一度書きましたが、私が初めて「就活」という言葉を聞いた時、私は冗談抜きでシュウマイとカツ、あるいはパイシューを揚げたものか何かだと思いました。自分が就職活動をしていたころには「就活」という略し方がなかったからです。

ふーん、最近の学生さんはそんな風に略すのか、と驚いていたら、今度は「婚活」という言葉に出会いました。さすがに今度はコンニャクとカツかとは思いませんでしたが、なんだかヤレヤレという気がしました。なんでも略してしまうんですね、というヤレヤレではなく、なんでもかんでも活動なのかよ、というヤレヤレでした。

ま、それは良いとして、しかし、なんで「就職活動」は「就活」なのに「結婚活動」は「結活」ではないのでしょう?

そりゃあ、「結活」では何のことだか解らんからでしょう。「結」では意味が広すぎて何と何を結びつけるのかが解りません。その点「婚」の字は「結婚」に限られます。──と言われればまことしやですが、それを言うなら「就職活動」も「職活」のほうが解りやすいのではないでしょうか?

「就活」では職に就くのか、役に就くのか、任務に就くのか分かりません。「職活」のほうが意味が解りやすくないですか?

などと、例によって愚にもつかぬことをウダウダと考えているうちに、言葉(特に合成された熟語)の略し方には3つあるのに気がつきました。

ひとつは前半の頭の2音(2字)と後半の頭の2音(2字)を抜き出してくっつけたもの。上で言うなら「就活」です。

これは略し方としては大変ポピュラーなもので、大抵のものはこの原則に従います。学生割引が学割、卒業論文が卒論なんてのもそうです。

姓名の場合も同様で、阪東妻三郎がバンツマ、嵐寛寿郎がアラカン、もっと最近の例では松山ケンイチが松ケンなんてのもそうですし、ネット上でも佐藤尚之さんはさとなおさんですし、そもそも私のやまえーも同じ構造です。

ネット用語で言えば「あけおめ」「ことよろ」「おはあり」「おやあり」「おつあり」なども全部このパタンです。

私はこれをエノケン型と名づけました。榎本健一のエノケンです。まあ誰でも良かったのですが、適当に古くて適当に有名な、言わば歴史的な人物で言えば誰かと考えて榎本さんを持ってきた次第です。

さて、エノケン型に対して、前半のケツの2音(2字)と後半の頭の2音(2字)を抜き出したのが「婚活」のパタンです。これはそんなに多くありませんが、まあ、ないではないです(例えば「般教」など)。

で、私はこれをナベツネ型と名づけました。そう、読売新聞のめちゃくちゃ偉い人と言うか、めちゃくちゃ偉そうな人と言うか、の渡辺恒雄氏の略され方です。

それからもうひとつ、上半分をすっとばして下だけで略語にしてしまうことがあります。関西のローカル・ワイドショー『ちちんぷいぷい』が「ぷいぷい」と略されたりするようなものです。

私はこれをイチロー型と名づけました。ちょっとこじつけですが、そう鈴木一朗さんがイチローで登録されたように。

名づけてどうする?と言われれば、返す言葉がないのですが、しかし、名づけて分類してみると結構面白いもんです。結局どの略し方が選ばれるかは「語呂の良さ」などという何だか解らない基準が適用されるようです。

ナベツネの例だけではなく、世の渡辺さんはたいてい「ナベちゃん」で、「ワタちゃん」と呼ばれている人はひとりも知りません。

そのことに気づいたのが、私がこういう分類をやり始めたきっかけです。そして婚活とナベツネが結びつきました。今回の私の考察が「婚活」という単語と「ナベツネ」という人名の結婚活動になったのかと考えると、なんだかとても嬉しい気がします。

どうです? なんか、ちょっとうらやましいでしょ?

あ、そう言えば「うらやましい」を頭から4文字でぶったぎって「裏山」と略すやり方もありました。さて、これを何型と名づけましょう? 「ケータイ型」で良いのですが、せっかくここまで人名で揃えてきたので、なんとかそういう例を探し出したいと今必死で考えています(笑)

Copyright©yama-a Apr.2012mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ