「プロデューサー」と「プロデュース」

映画を見ていると所謂エンドロールにいろんなスタッフの名前が出てきますが、邦画の場合、時々なんとも区別しがたい肩書きがあります。

例えば「製作」と「プロデューサー」。

これがすんなり英語の Executive Producer と Producer に当てはまっていれば良いのですが、それ以外にも「製作総指揮」で誰かがクレジットされていたりすると「ん?」てことになります。

さらに珍しい例としては、それらに加えて「プロデュース」というのがあったりします(私は実際に何度か目にしています)。

映画作りにおいてはプロデューサーの手腕がその出来を左右してしまうのは事実ですが、あまり何もしていないのにエンドロールには名前だけきっちり出さなければならないケースがあります。特に昨今のように製作委員会方式が主流になってくると、どうしてもそういうことが増えてきています。

そういう人の多くは、映画を作る上で何かをした人ではなくて、例えば出資した会社の代表として名前をクレジットしなければならない人たちだったりするわけです。

そういう人たちを処遇するために、本来的には Executive Producer の訳語である「製作総指揮」のほかにも「製作」や「制作」、あるいは「企画」の冠のついた人がいて、それに加えて当然「プロデューサー」はいるのですが、さらにエスカレートすると、そこに「プロデュース」という奇異な肩書きの人がいたりするのです。

なんともあさましい、という見方もできるでしょうが、私が驚くのは、日本人ってほんとにこういう使い分けが巧いなあということです。

コンビニで買物をして、iD や Edy などのネットキャッシュで支払ったら、「はい、領収書とレシートです」と言われて2枚の紙を渡されたことがあります。

1枚は「これだけの代金を店が受け取った」という証、もう1枚は「それはネットキャッシュで支払われ、その金額は所定の口座から引き落とされる」という証なのですが、しかし、よーく考えてみたら receipt の訳語が「領収書」なのです。

そういうことにちゃんと気がつく店員さんもいるようで、先日は「はい、領収書とご利用控えです」と言われました。これならよく解ります。3年前に「レシートと受領証」と言われたこともありますが、それよりもこっちのほうがよく解ります。

「制作」と「プロデューサー/プロデュース」を使い分け、「領収書」と「レシート」を使い分ける──こんな芸当ができるのって、日本人ならではじゃないでしょうか。

話は戻りますが、テレビの業界では、「制作」は番組を物理的に作ること、「製作」は番組作りのために資金を提供し回収のリスクを負うこと、という風に区別されています。これは外来語絡みの例ではありませんが、こういう肌理細かい区別をするのも、これまた本当に日本人らしいなと思います。

ただ、外国語にも似たような例がないかといえばないでもなく、我々がよく使ってる「フリース」という言葉。あれは綴りとしては fleece で、元はと言えば「羊毛」の意味でした。

それが、ユニクロさんのおかげなのかどうかは知りませんが、いつの間にか天然素材はウール、それに似たポリエステルはフリースという使い分けが成立してしまいました。これは決して日本語英語ではなく、ちゃんと海外でも通じる表現のようです。

人間は常に新語・流行語を作り出します。それは手垢がついてイメージの薄れてきた表現に変えて、新たに強烈なインパクトのある表現を産むために作り出されるものです。

その知恵と同じようなことが、こういう使い分けの例に現れているような気がします。表現を変えて微妙に本質を描き出そうとする、あるいは本質を隠蔽しようとする知恵なのかもしれません。

ただ、いずれにしても、「プロデューサー」と「プロデュース」が併記されている映画は変だと思うのですが如何でしょうか?

さて、文章を書き上げて、念のため検索してみたら、以前に全編ほとんど同じ内容の記事を書いていることに気づきました。しかし、どう考えても「プロデューサー」と「プロデュース」には引っ掛かってしまうので、構わずもう一度掲載することにしました。お許し下さい(笑)

Copyright©yama-a May.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ