ググるという作法

会社で私が書いた文書の中で OJT という略語を使ったことがあるのですが、その何日か後に某役員から電話がかかってきて、「OJT ってどういう意味?」と訊かれた時には非常に驚きました。

まあ、ウチの会社の場合は OJT みたいなことをちゃんとやってこなかったので、その役員も、彼のキャリアの中で OJT という言葉に触れることがなかったのかもしれません。ええ、そのことに驚いたわけではないのです。

解らない言葉があった時に、この年代の人たちはググったりせずに電話するのかよ

という驚きでした。OJT という言葉を知らないことよりも、むしろこちらのギャップのほうが遥かに大きかったのです。

このことを twitter で書いたら、「ググレカス、と返事してあげたらどうですか?」というメンションをもらったのですが、うーん、多分彼らは Google で調べないことをカスと言われる謂れはない!と怒るのではないでしょうか?

その役員なら、「書いた人に直接訊く方が、なんかこうフレンドリーで、人間らしいじゃないか」なんて言いそうな気がします。

そう言われれば確かにそんな気がしないでもないです。でも、それは対面で話している時の話でしょ?

対面で話しているのに直接訊かずにこそこそ調べるのは、それはそれで感じが悪いでしょう。でも、文書で読んだ時に、わざわざ書いた人に電話して訊くというセンスが、なんか違う気がするのです。

会社の若い連中、と言うか、そんなに若い人でなくても、ともかく自分の部下たちと会話をしていて、たまに私が彼らが知らない言葉を使ったり、知らない事象について語ったりすると、彼らは即座にググっています。もちろん全員ではないですけど、ウチの会社にはそういう人がたくさんいます。

それもどうよ?と言う人もいるでしょうが、私にとってはむしろこの感性の方が近い気がします。彼らは決してこそこそ調べているのではないのです。ググって、「あ、なるほど、これのことですか」「そんな単語あったんですか」「ああ、これなら前にテレビで見ました」などとちゃんと会話を繋げてきますから。

むしろ自分でできることは即座に自分でしてしまう人たちなのです。それに比べて、この役員の場合は、私から見ると、自分でできることをしない人に見えて仕方がないのです。いや、自分でどこまでできるかが分かっていない人なのかもしれません。

それで思い出したのですが、私の twitter のフォロワーさんで、やたらと基本的なことを訊いてくる人がいます。twitter なので年齢は分かりませんが、多分かなり若い人だと思います。

曰く「さきほどの呟きの中で、◯◯の後に書いてあった漢字は何と読むのですか? 教えてください」「××の後に書いてあった言葉はどういう意味ですか? 教えてください」等々。

私は決して教えません。「自分で調べなさい」と返します。

調べ方が解らないと言うのであれば教えてあげるでしょう。ググってみれば良いのです。その一覧の中にきっと読み方や意味について書いたものがあるでしょう。あるいは、漢字の読み方であれば Microsoft Word にコピペして右クリックして「再変換」をクリックしてみれば良いのです。

でも、彼が訊いてくるのは調べ方ではありません。自分で調べる気はさらさらないようなのです。直接訊く方が効率が良いと考えているのでしょうか?

まあ、でも、最近の若者は、読んでいる文章の中に知らない単語があっても決して辞書を引いたりせずに、分からない部分は虫食いのまま平然とスキップするのだというようなことが、内田樹氏の『下流志向』の中に書いてありました(22ページ、「わからないことがあっても気にならない」)。

それと比べると、この twitter 君は大したものであると言うべきなのかもしれません。

でも、だからと言って私は決して教えません。「自分で調べてみなさい」と返します。

さすがに相手が会社の役員となるとそうも言えませんので、私は一応 On-the-Job Training のアクロニムであるというところから始めて、簡単に解説をしました。

私の喋り方が少し癪に障ったのか、彼はちょっとだけ不機嫌な感じでした(私は別に愚弄するでもなく淡々と喋ったつもりではあったのですが、淡々としすぎたのかもしれません。いつものことですがw)

自分でググってくれれば、そんな不愉快な思いはせずに済んだのになあ、と思いました。自分でググってみてから、後日顔を合わせた時に、

「OJTなんて言葉があるんだね。僕は知らなくてググっちゃったよ。あれってかなり一般的な言葉なの?」

などと言ってくれれば良いのです。それが私の周りで近年当たり前に行われているコミュニケーションのやり方です。

ググることもググらせることも、決してコミュニケーション・ブレークダウンではないと思うのですが、如何でしょうか?

Copyright©yama-a May.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ