名前を憶える方法

先日ブログのほうに、「思い出せない名前がある」という記事を書きました。

その記事で私の場合の例として挙げたのが女優の中谷美紀。彼女の名前を思い出そうとするとどうしても「藤谷」という姓が浮かんでくるのです。決して藤谷美紀と混同しているのではなく、中谷美紀の私にとっての印象がどうしても中田・中谷系ではなく不思議に藤田・藤谷系なのです。

私のこの記事にコメントを添えてくれた人がいて、彼女はジョディ・フォスターが思い出せないと言います。これも多分、彼女にとっては同じようにジョディ・フォスターがジョディ・フォスターっぽく思えないのではないでしょうか?

そういうわけのわからないことって時々あります。

同じような例で、北海道日本ハムファイターズの多田野投手。私はこのチームの長年のファンなのですが、彼の名前を思い出そうとすると出てくるのが「入来」という苗字です。ともに大リーグ経験者ということで一緒くたになっているわけではありません。私からすると、多田野投手がどう見ても多田野っぽくなく、苗字的には入来っぽいのです。

一方、会社では濱名くんと尾島くん(一応両方とも仮名)がいつも分からなくなっていました。これも混同しているのではありません。濱名くんの名前を思い出そうとすると、何故か彼の同期の尾島くんが出てくるのです。私にとっては濱名くんにはどう考えても「濱名」という姓はふさわしくなく、「尾島」という姓こそがふさわしいのです。

その結果、濱名くんが尾島くんになってしまうので、必然的に尾島くんが濱名くんにならざるを得なかったのです。

ところが、ある日その濱名くんが私の部下にりました。そうなるとさすがに彼を尾島くんだと勘違いするようなことはなくなりました。ところがその結果、尾島くんの苗字がどんなに考えても出てこないようになってしまったのです。

ま、しかし、考えてみたら、こんな風に職場で直接関係のある人や仕事上で深い繋がりのある人についてはあまりそういうことはありません(深い繋がりを持ちたい会社の人であっても、残念ながらそこまでの関係を構築できていないような場合は、そういうことも少なくないですが)。

我ながら何故かなと考えてみると、理由は簡単で、憶えようとするから憶えるのです。

女優やプロ野球選手の名前であれば、特別にファンであるなら自然に憶えるものですが、そこまでの思い入れもなければ別に一生懸命覚える必要はありません。そういう人の場合、ときどき「わけのわからないこと」が起こって名前が出てこなくなるのです。

では、私がどうやって名前を憶えているか。

それは「関連付け」です。名前を単独で憶えようとするのではなく、その時思ったり考えたりしたことを一緒に憶えること、いや、初対面で名前を聞いたり名刺交換した時に、無理矢理でも何か考え何か思うことが大切なのです。で、そのことによって記憶が点ではなく線になってきます。

例えば、

なんでも良いから何かに関連付けてしまうと、後から「えっと、会社の名前と正反対の名前だった」とか、「昔のクラスメートと同じ珍しい名前だった」みたいなことで思い出せたりするものなのです。

ならば、全部そうやって憶えれば良いではないかと言われそうですが、残念ながら中谷美紀さんに対しては今さらそんなことをしようというほどの情熱もないのです。そして、往々にして、そういう人の場合に「わけのわからないこと」が起こって名前が出てこなくなるのです。

とは言え、これだけ何度も書いたら中谷美紀の名前は私の頭の中でかなり定着してしまいましたが(笑)

憶えるってそういうことではないでしょうか?

Copyright©yama-a Jun.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ