不適な「的」、不可な「化」

中国語の文章を見ていると「的」という字が日本語の「の」や「な」と同じように使われていて面白いなあ、と気づいたのは大学生の頃でした。で、それとこれとは全く関係がないとは思うのですが、時を同じくして、その頃から若い人たちの「的」の使い方がめちゃくちゃになってきたような気がするのです。

それは例えば、「俺的に言えば、意味的な部分がもうちょっとはっきりしないと納得できねえ的な…」的な使い方です(笑)

もう、なんでもかんでも「的」で繋いでしまう、と言うか、なんでもかんでも「的」に凝縮してしまう表現がやたらとはびこってしまいました。10年前にも同じテーマで書いているのですが、あの時よりもずっとこの傾向が進んでしまったような気がします。

それは多分便利だからでしょう。断定を避けて「のような」「みたいな」というニュアンスを出す効果もあるのでしょうが、単なる接着剤としての便利さがこの傾向を促進しているのだと思います。

まあ、言葉の世界で便利なものが幅を利かすのは仕方がないところではあるでしょう。むしろ私が気になるのは、単にやたらと「的」を使うということではなくて、「的」を使う必要がないところで余計な「的」を使ってしまっている表現です。

例えば、上述の「俺的に言えば、意味的な部分がもうちょっとはっきりしないと納得できねえ的な…」という表現はあまり良い表現とは言えないかもしれませんが、「的」が不必要なところに「的」を使っているわけではありません。

「的」が不必要なところに「的」を使っているとはどういうことかと言えば、例えばこんな表現です。

年配の方は信じられないかもしれませんが、実際こういう使い方をする若者がいるのですよ。これらは単に「乱暴な」「巨大な」などと言えば良いのに、いつもの癖なのか、変な「的」がくっついてしまっているのです。

「的」はどういう働きをするものかと言えば、単独では形容動詞の語幹にならない名詞の末尾に付いて、それを形容動詞化するためのものです。

名詞には「だろ・だっ・で・に・だ・な・なら」の活用語尾を付けて形容動詞にできるものとそうでないものがあります。「乱暴」であれば「乱暴だろ(う)・乱暴だっ(た)・乱暴で・乱暴に・乱暴だ・乱暴な・乱暴なら(ば)」という風に形容動詞にすることができます。

ところが「暴力」という単語は同じように語尾を付けて形容動詞にすることができません。それを形容動詞的に使いたい時に持ってくるのが「的」という接尾語なのです。「的」を付けることによって「暴力的だろ(う)・暴力的だっ(た)・暴力的で・暴力的に・暴力的だ・暴力的な・暴力的なら(ば)」と活用できるようになるのです。

意味としては「のような」というニュアンスが加わります。上で何の気なしに使っている「形容動詞的に」というのも「形容動詞のように」という意味です。

「的」はそういう用法の、そういう意味の部品なのです。これは他の名詞と結合する時の接着剤にもなります。例えば「暴力的手段」などと。

それに対して、乱暴は元から形容動詞の語幹なので、そこに「的」を加えることによって、日本語としては不自然な重複感が出てしまうのです。中国語なら「乱暴的」みたいな表現はあるのかもしれません。中国語には形容動詞の活用語尾といったものがないので、繋がりを明らかにするために必要になるのでしょう。

でも、日本語の場合は、形容動詞の語幹に「的」をつけてはいけないのです。まずそこを見極める必要があります。そのためには、その名詞に「だろ・だっ・で・に・だ・な・なら」の活用語尾、とりわけ「な」を付けてみておかしくないかを考えれば良いのです。

「乱暴な」はおかしくないですが、「暴力な」は変です。だから「暴力的な」という表現が成立するのです。同じように、「優秀な」はよく聞く表現ですが、「優越な」とは聞きません。だから「優越的な」という表現が成立するのです。

一般に、動詞の語幹となる名詞(例えば「優先」)は、形容動詞の語幹にならないことが多い(「優先な」とは言わない)ので、そういう場合には「的」が付けられる(「優先的」となる)ことが多いのです。そんなことを憶えておくと判断の助けになります。

もちろん言葉のことですから例外はあります。「健康な」という表現はおかしくないのに「健康的な」という表現も成立しています。ただ、この場合「健康な」と「健康的な」では若干意味が異なります。言わばそういう使い分けのために成立している表現なのです。

「的」と同じく、最近の若い人の使い方が怪しげになっているものに「化」があります。

形容動詞になる名詞に「的」が付かないように、活用語尾を付けて動詞になる名詞には「化」はつきません。例えば、「巨大化する」はOKだけれど「拡大化する」はおかしいのです。

ま、随分長くなってしまったので、これ以上拡大するのはやめておきますが(笑)

Copyright©yama-a Jun.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ