人がいて、言葉をしゃべって、

言葉というものについて、その面白さについて、いままでいろんなことを書いてきました。振り返って読んでみると、うっかり同じことを2回書いていたりもするのですが、でも、まだまだ言葉の面白さは尽きないなあというのが、Web での執筆生活10年を超えた私の正直な感想です。

言葉を使った面白い遊びというものもありますし、言葉そのものの持つ面白さというものもあります。とてもじゃないけれど、書ききれるようなものではありません。

例えば、言葉を使った面白い遊びとしては、このシリーズ・エッセイではあまり取り上げていません(一度だけここで取り上げました)が、回文というものがあります。

回文というのはまことに日本語に適した遊びです。と言うか、例えば英語などの外国語では却々作るのが難しいものです。それは説明するまでもないでしょう。

でも、とは言え、神様がお作りになった最初の人間、最初の男女であるアダムとイブの最初の会話が回文であった、というのはご存知ですか?

これはかなり有名な英語の回文です。アダムが話しかけ、イブが答えます。

Madam, I'm Adam. (お嬢さん、僕はアダムです)

Eve. (イブです)

どうです、アダムとイブ、どちらの台詞も回文です。

この回文を私が知ったのはもう何十年も前、多分高校生か大学生の頃だったと思います。でも、その時に私が「でも」と思ったことが2つあります。

  1. でも、Madam って結婚してる女性への敬称ではないの?
  2. でも、イブの言葉が Eve だけってのは無理があるだろう? せめて I'm ぐらいはつかないか?

でも、この2つとも後に正しい認識ではないことが分かりました。1)のほうは辞書を引けばすぐに分かることで「女性に対する一般的な敬称」とあります。そして、2)のほうはアメリカの映画などを見ているとごく普通の会話だと分かります。例えば、

男が女に握手を求めて、

Tom Wilson. (トム・ウィルソンです)

女が男の手を握り返して、

Nancy MacGregor. (ナンシー・マグレガーよ)

とか。いや、別にテキトーに書いてみただけで、何かの映画を引用したわけではありません。ただ、洋画をたくさん見ているうちに、こういうのは当たり前なのだと知ったのでした。

上のアダムとイブの会話のように、一方がフル・センテンスで自己紹介して、他方が姓名だけで答えるというパタンも少なくありません。

これって、不思議だと思いません?

日本では、日本語では、まずこういう会話はありません。まあ、その前に握手を求めることからして少ないのかもしれませんが(笑)

日本語の場合は、「山田太郎です」とか「僕は山田太郎」とかはあっても、「山田太郎」なんて自己紹介はあり得ません。下手すると、「はあ? 何言ってるんですか? 僕は佐藤ですけど?」なんて返されそうです。

日本語って、私もここに何度か書いていると思うのですが、大胆な省略ができることが特徴だと思うんです。主語がなくても、動詞がなくても、変なところで切れていても不思議に文が成立してしまうのが日本語なんです。確かに英語でも口語となるとかなりの省略が許されますが、とても日本語には及びません。

ところが、自己紹介の場合は英語では完全省略できるのに、日本語ではできない、と言うか、状況がそれを許さないんですよね。あるいは、握手という状況が英語に省略を許すのかもしれませんが。

そういう風に考えていると、言葉に関する面白い話がどんどん広がって行きます。だから、このエッセイ・シリーズもまだまだ書き続けられそうな気がするのです。

人がいて、言葉をしゃべって、面白さが広がって、エッセイが書けます。

あ、そう言えば、これも有名な英語の回文です──人がいて、計画があって、運河ができた。パナマ! ( A man, a plan, a canal, Panama! )

Copyright©yama-a Jul.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ