〜の曲折

長いこと生きていると、子供の時は何も思わず使っていたけど、ああ、そうなのか、この言葉は大阪弁だったのか、みたいなことがあります。また、それと似たようなケースで、ああ、そうなのか、これは和製英語だったのか、なんてこともよくあります。

そんな経験の中でも、私が特に驚いたのは「〜」という記号でした。私はこれは万国共通の符合ぐらいのつもりで、小さい頃からずっと使ってきました。

ところが、大学に入ってタイプライターを打ち始めて(これがPCではなくてタイプライターであるところが時代を感じさせますよねw)気がついたのですが、タイプライターには「〜」というキーがないのです。

いや、あったのかもしれません。PCには「~」のキーがありますからタイプライターにも多分あったのでしょう。

しかし、これは「チルダ」であって「から」ではありません。それに、私の思いとしては「#」や「&」と同じくらい目立つところにあってしかるべきだと思うのですが、Shift+「^」という、非常に見つけにくいところにあります。

話は逸れますが、インターネット初期の頃にはスラッシュの後にチルダ(~)のついたURLはたくさんありましたが、あれはなんでなくなったのでしょう? と言うか、なんで当時はあれを使っていたのでしょう?

で、ああいう使い方をする前から「~」キーはあったはずなのですが、それは一体何に使っていたのでしょう? 少なくとも私は使ったことがありません。用例を見た記憶もありません。

そして、話は元に戻りますが、チルダは「から」の意味では使われません。では、欧米人は「から」を一体どう書いているのでしょう?

会社に入って何年かしてバブル景気がやって来たころ、私は米国でのイベントにも関わるようになりました。で、米国でのイベントで米国人のスタッフが用意する資料を見ていると、大体こんな風に書いてありました。

Open 9:00a.m.-5:00p.m.

へえ! 「〜」じゃなくて「−」なのか! 私はびっくり仰天しました。

しかし、「−」という記号にはいろんな意味があります。こう書いてあっても「ハイフン」なのか「マイナス」なのか区別がつきません。ダッシュ(ダーシ)なのかもしれません。日本語の場合はカタカナの長音かもしれません。

その点、「〜」は便利です。時間であれ空間であれ、必ず「〜」の左側が起点、右側が終点なのです。そしていろんなものを表せます。上で書いたとおり時間、空間のほか、連続した(あるいは非連続であっても順序付けが可能な)カテゴリであればなんでも良いのです。

そんな便利な記号が日本産だったとは! いや、日本産ではないのかもしれませんが、少なくともアメリカ合衆国では使っていないとは!

と、大いに感心したのですが、逆にそれ以来、日本国内にある外国人向けの看板や表示で「〜」を見つけるとどうも気になって仕方がないのです。

やっぱり私と同じように、「〜」はグローバルな記号だと思っている人が多いのではないでしょうか? しかし、どうやらそうではないのです。外人はこれを見てどういう意味に取るのでしょう? どういう感想を持つのでしょう?

そもそも、この記号はいつから「から(・・・まで)」の意味で使われるようになったのでしょう? そこには紆余曲折があったのでしょうか?

そう言えば、この「〜」自体がなんか紆余曲折を表した形をしているではありませんか。

Copyright©yama-a Jul.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ