SとMとFと

最近よく使われている言葉であまり好きでないものがあります。

ひとつは「ドS」と「ドM」。アルファベットに強調の接頭語を足したバランスの悪さもさることながら、これが使われる場面がこんなことで良いのかなと思ってしまうのです。

SとMはもちろんサディスト(サディズム)/マゾヒスト(マゾヒズム)の頭文字です。そして、誰でも知っているように、これは元は性的嗜好を表した言葉です。セックスにまつわる淫靡な言葉なのです。

それを今世間では「俺、ドSだから、とことんやらないと気が済まない」とか、「あたし結構ドMなんで、叱られると気持よかったりするんです」などと非常に軽々しく使われていると思いませんか?

語源となったマルキ・ド・サド侯爵やレーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ伯爵がこれを聞いたら怒り出すのではないかと、私は気が気でないのです。

サドもマゾも、元々は高貴な性的嗜好を表す言葉です。そして、性的嗜好というものは常に非日常の高みへと向かうものです。それを、そこら辺の日常に塗れた言葉に埋没させて良いのでしょうか?

私はどうもその点が腑に落ちないのです。

それから、もうひとつ、「フェチ」という言葉があります。これも同様です。

これも性的嗜好を表す言葉から転用されたものですが、元々性の用語として生まれた言葉ではありません。

以前どこかに書いたかもしれませんが、この言葉はカール・マルクスの『資本論』の中に出てきます。私は大学時代、このマルクスの用語と性の用語が同じものだとは気づかずに読み飛ばしていました。そして後になって気づいたのです。

この言葉はマルクス以前から人類学や心理学の用語として存在していたようですが、『資本論』の中では貨幣の性質を表す言葉として、ドイツ語の Fetischismus を使っています。大月版と岩波版で訳語が違うのですが、日本語では「貨幣の物神性」とか「貨幣の呪物的性格」と言われています。

物神性、あるいは呪物的性格とは、本来は物が神であるはずはないのに、往々にして偶像などの物が神として崇拝されることです。そして、マルクスは、貨幣も単なる物であるのに、まるで万能のものであるかのように人々に崇め奉られる現象を捉えてそう称しました。

それが性の用語に転用されて、本来愛や性欲の対象は異性そのものであるにもかかわらず、異性が身に着けていた衣服のような副次的なものに惹かれる現象をフェティシズムというようになりました。非常に深い話です。

そのように深く重みのあるフェティシズムという言葉を、「俺、足フェチだから」とか「私は匂いフェチなんです」などと軽々しく使って良いのだろうか、と気になって仕方がないのです。

まあ、言葉も嗜好も発想も、近年はどんどんライトな方向に崩れ落ちているような気がします。

本来ある意味で崇高であったサディストもマゾヒストもフェティシストも、随分生きにくい時代になったのではないでしょうか?

Copyright©yama-a Aug.2012mark

[ このテーマの続編を読む]

[ このテーマの別の続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ