上から目線

ここ2〜3年、「上から目線」と言われる態度が極端に忌み嫌われ、「あいつは上から目線で話す」と規定することがその人に対する最大の侮蔑と嫌悪を表し、そういうレッテルを貼ることにってよその人を社会的に葬ってしまうことが正義であるかのように語られる風潮があります。

ちなみに、「上から視線」ではなく「目線」です。目線と言われると、顔が写った写真などでプライバシーを保護するために目の部分をスミベタで塗る線のことを思い出すのですが、そうではないようです。多分「そういう目で見る」というニュアンスなのでしょう。

なんであれ、とにもかくにも、どいつもこいつも「上から目線」で見られたり、語られれたりするのが嫌で嫌でたまらないらしいのです。「上から目線」でものを言われることが、生きている中で最大の屈辱であるかのように話すのです。

ま、それはそれで個人の感じ方の自由といえば自由なのですが、不思議なのは、上から目線でものを言ったのが目上の人であっても、それを唾棄すべきものと感じる人がいるということです。

まあ、私も上の者に対する無条件の反感は常に持ち合わせているほうなので解らないでもないですが、しかし、目上の人が「上から目線」で語るのは昔から至極当たり前のことであって、それが辛抱できないというのも困ったことだと思います。

そういう困った目上の人の、困った「上から目線」発言を、しばし辛抱して聞いてあげるのが、社会を円滑に動かしていくためのルールなのです。

腹がたっても言い返さずに聞いてあげる。別に心の中では舌を出していても構いませんし、聞いているような顔をして実は聞いていなくても構いません。でも、神妙に聞いている風に振る舞うのが、人間関係を滞りなく転がして行くためのちょっとしたテクニックなんです。

それは敬語と同じです。心がこもっている必要はありません。ただ、逆に敬語を使わないことが、そして目上の人間の「上から目線」に反発することが、相手の怒りを買うのです。敬語を使うことが、そして「上から目線」を容認することが、相手を目上と認定すること、もっと言えば認定していることを伝える儀式になるのです。

だから、むやみやたらと「上から目線」に反発すべきではないのではないかと、私は思うのです。仮に相手が目上でなかったとしても、あからさまに「上から目線」を攻撃するのは得策ではないと思います。

ただ、今の世の中で一番の問題は、目上とは何かということが全然見えなくなってしまっているということなのだと思います。

プロ野球の世界では、後から入団してきた選手でも年上のほうが目上なのだと聞いたことがあります(もう誰に聞いたのかも憶えていないくらいの話なので、本当にそうかどうかは分かりませんが)。

もちろん、いくら年上でも相手は球界のスター、自分は代走・守備要員というような関係であれば、先輩とは言いながらそれなりに気を遣った接し方をしているはずですが、その一方で、年下のスター選手の方もそれなりに先輩を立てたものの言い方をしているはずです。

そういうルールが社会の秩序を強固にし、世の中を丸く収めて来たのです。

ところが、現代の一般社会ではそういう明確な線引きがどんどんできなくなってきています。いや、ひとりの人間の中では完全な序列ができあがっているケースもあるのかもしれませんが、それが他人の感覚と合うかというと甚だ怪しくなるのです。

「自分のほうが先輩だ」と思っていても、相手は「この職場では自分のほうがキャリアが長い」と思っているかもしれませんし、「自分と相手は同期だ」と思っていても、相手は「こんな仕事のできない奴と横並びで語られたくない」と思っているかもしれません。

「自分のほうが年上だから」と安心していると、相手は「年上とか年下とかは関係ない」と思っているかもしれませんし、うっかり「自分は教える側で相手は教わる側だ」と先生面していると、相手は「自分はサービスを受けるお客様だ」と思っているかもしれません。

昔であれば出会ってすぐに2人の人間の上下の関係が暗黙のうちに了解されて、形式上のルールが発動され、一方は高いところから引き上げてやろうとし、他方はそれを敬うという見た目の役割が確立し、お互いそれを意識して行動することによって世間は確固たるものになっていたのです。

上から見ることは決してひどいことでもなんでもありませんでした。事実私たちの時代は、新入社員から何年間は「上から目線」の嵐の中で泳いでいたようなものです。

それを思い出すと、結局のところ「上から目線」を極度に嫌うのは、単に慣れがないからであり、逆に卑屈になりすぎていることの裏返しなのではないかと思うのです。

今の若い人たちはとかく断定したり押し付けがましい表現になったりするのが嫌で、「…して下さい」ではなく「…してもらってもいいですか?」などと言います。「下さい」は「下さる」の命令形が形を変えたもので、この命令形が嫌で何でもかんでも疑問文にしてしまうのでしょう。

しかし、一方で、「下さる」という動詞は本来とても高位の尊敬語なのです。だから、「…して下さい」という表現もまた高位の尊敬語なのです。相手に対して決して押し付けたりする表現などではないのです。

それと同じような構造が、「上から目線」を嫌うという行為の中にあるような気がします。

私は「上から目線」は余裕を持って頂戴しておけば良いのだと思います。もしも、「上から目線」をする人が、どう考えてもそれにふさわしくないような人なのであれば、何故彼または彼女がそういう目線で語るようになったのか、冷静にそれを推理してみるのも面白いと思います。

自分が正しいという確信が強ければ強いほど、人は「上から目線」になりがちなものです。それを考えると、自分だっていつ何時他人から「上から目線でものを言うな」と言われるか分かりません。多分それも怖いから、あんなにもみんなで寄ってたかって「上から目線」を排除しようとするのでしょう。

でも、それを排除してしまおうとするのは、人間の世の中では無理があるのではないでしょうか?

私が毎朝ペットボトルのお茶を買うコンビニがあります。そこで時々レジを打ってくれる女性店員は、いつも最後にこう言います。「ありがとうございました。またお越し下さい」

珍しく「下さい」が使える若者です。もしこの「下さい」を避けるのであれば、どう言うのでしょう? 「また来てもらってもいいですか?」でしょうか? それをコンビニで言うのは無理があるように思います。

全く違うように見えて、「上から目線」を嫌う構造には、これと同じような無理があるような気がしてならないのです。

Copyright©yama-a Sep.2012mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ