続・はいはい

以前、このコーナーで単語の繰り返し表現について取り上げました。

そこで取り上げたのは、

などでしたが、時を経るにつれて、この手の表現がどんどんどんどん広がってきているような気がします(今のはわざと重ねてみたのですがw)。

例えば、若い女の子が「私にはできない。できそうもない」という意味で

「えー、無理無理、あり得ない」

なんて言いますよね。なんで、あれ「無理」じゃ無理なんでしょうか? なんで2回繰り返すんでしょう?

前にも書きましたように、口調の問題(つまり、リズムが良くなる)とか、強調の意味とか、いろんなことが考えられます。まあ、この「無理無理」なんかは強調と言うよりは口調の問題で、昔からこんな言い方はたくさんあったようには思います。でも、何だかわからないものも増えてきたような気もするのです。

例えば、「ほぼほぼ」。

「ほぼほぼ出来上がってきた」

なんて使い方をするようですが、なんで「ほぼ」じゃダメなのでしょう? わざわざ重ねる意味合いが分かりません。それにどう考えても「ほぼほぼ」より「ほぼ」のほうが言いやすいでしょ?

もっとよく分からないのは、

「つまりこれは◯△□という意味ですか?」
「ですです」

なんじゃそりゃ? 「そうです」じゃなくて「ですです」と受けます。確かにそのほうが相槌っぽい感じは出ます。

でも、よくよく考えると「そう」があるから相手の言っていることを受ける形になるのであって、「そう」がなく、断定の助動詞だけ(しかも2つも)あってどうするよ?と思いません? 変なの。昔はそうそう見ない表現だったんですがね、こういうの。

でも、こういう風に文節を途中でぶった切る受け答えはここ何十年かの傾向になっていて、以前書いたように、

「○○さんはいらっしゃいますか?」
「は今外出中です」

「△△の件は決着ついたのか?」
「はまだ返事待ちです」

みたいな変な表現が妙に定着してきました。無意味な繰り返しも気持ち悪いですが、こんな風に相手の言ったことを受けて(いや、それを言うなら、ちゃんと受けずに)主語なしで続ける気持ち悪さ。何故こんな表現が定着してしまったのでしょう?

いや、定着はしていないか? でも、ほぼほぼ定着してきましたか? いやいや、まだまだ定着とは言えませんか? ──やっぱり気持ち悪いですね。気持ち悪くないですか?

「ですです」なんて言わないでくださいね。いや、「はいはい」と受け流すのもやめてくださいね、お願いですから(笑)

Copyright©yama-a Sep.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ