ゴルフの勝負、コミュニケーションの勝負

私はゴルフが下手糞で大嫌いで、あまりに下手で嫌いなものだからやめてしまったのですが、やめてしまった今でもときどき思い出すことがあります。それは会社に入って3年目、生まれて初めてゴルフの手ほどきを受けたときのことでした。

運動神経が鈍いからじゃないの?と言われれば、まあ、そうなのかもしれません。しかし、初っ端から躓いてしまったのは私の筋力や運動神経だけの問題でもなかったのではないかと思うのです。

私にゴルフを教えてくれた人はこう言いました。

「スウィングするときに、両腕と肩の線の二等辺三角形が最後まで崩れないようにしろ」

私はそれを実行しようとしました。ただ、二等辺三角形はどうしても崩れてしまいます。スウィングすると肘が曲がってしまうからです。

私は両肘とも曲げてはいけないのだと解釈しました。何故なら片肘が曲がると三角形は四角形に、両肘が曲がると三角形は五角形になってしまうからです。

私がそんな風に言うのを聞いたら、私にゴルフの手ほどきをしてくれたその人は、きっと呆れ顔でこう言うでしょう。

「何言ってるんだ。最後まで腕曲げなかったら振れないじゃないか!?」

そうです。ま、細かいことは書きませんが、ゴルフクラブを持って振ると、最初から最後まで肘が曲がらないなんてことはあり得ません。

でも、彼の教えは「二等辺三角形が最後まで崩れないように」という表現でした。だから私は、できる限り両腕とも曲げずに(と言っても結局はどうしても曲がってしまうのですが)スウィングするように自分を律しました(確かに彼は「最後まで」としか言いませんでした。それを勝手に「最初から最後まで」と解釈したのは私の失敗であったのかもしれません)。

その結果、後にいろんな人たちから「スウィングする際に左肩が下がる」と言われることになる、私の欠陥だらけのフォームが完成してしまったのです(笑)

だって、三角形を維持して、両腕とも曲げずに、それでもスウィングしようとすると、左肩を下げ右肩を上げてクラブを振り始めることになるじゃないですか?

後に私の解釈は誤りであったということに気づきました。肘は曲がって良いのです。ただ、インパクトの瞬間には完全に元の二等辺三角形に戻っていることが肝要なのです。

それを「両腕と肩の線の二等辺三角形が崩れないようにしろ」と言うものだから、私は腕を曲げないように必死になっていたのです。三角形が崩れてはいけないのではなくて、三角形に戻らなくてはならないのです。それは同じことではありません。

などと言うと、私にゴルフを教えてくれた人は怒ってこんな風に言うのかもしれません。

「なんと運動センスのない奴だ!」

うむ、なるほど。センスですか。って、まあ、これは私が勝手に想像して書いてるんですけどね(笑) でも、もしもそんな風に、あくまで教えたほうには責任がなく、全て習ったほうが悪いのだと主張されるのであれば、仕方がないからこう言い返しましょう(笑)

「なんと幾何学的センスと言語的センスに欠けた奴だ!」

彼のコミュニケーションはいつもそんな風に“センス”に寄っかかっているのかもしれません。つまり、自分が不的確な表現をしていても、相手がセンスで以って読み取ってくれるだろう、と。自分がいい加減な表現をしていても、それをちゃんと理解できないのは相手にセンスがないからだ、と。

ものごとを言葉で伝えるのはものすごく難しいことです。そして、同じ言葉でも相手によって受け取り方が違うものです。だから我々は、伝えながら、相手の反応を見て修正し、また表現を変えて伝えて行くという不断の努力が必要になるのです。

コミュニケーションって、言わばそんな真剣勝負なのだと思います。

それを裏返して言うならば、そのレッスンの場で、彼がそんな表現をする人なのだと見抜けなかった私の力不足でもあり、私の敗北でもあります。

残念ながら、練習をし始めてすぐに劣等感に塗れてしまった私には、彼を観察し、彼に質問し、彼の言葉を解釈し直す余裕がありませんでした。今でもその日のことを思い出すと、それは第一にコミュニケーションの失敗だったのだなあと改めて痛感します。

コミュニケーションって、ものすごく大変なものです。ゴルフをやめてから漸く少しずつ、そんなことが見えてくるようになりました。

Copyright©yama-a Oct.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ