こだわり

私はたまに、誰かのほんのひと言に困ってしまうことがあります。

例えば、「この映画、絶対面白いから絶対見てよ」と、ある人に言われました。うーん困った。

私が見そうにない映画だということを踏まえた上で私に薦めたのでしょうが、私は必ずしも面白い映画を、面白そうな映画を順番に見ようというような気はありません。ただ、見たい映画を見たいだけなのです。

つまり、映画Aと映画Bがあって、まあ、タイプとしてはAは私が普段からあまり見ないタイプ、見ないジャンルの映画、Bはそれこそ私が見なければ一体誰が見るんだ、というような映画。見た人のいろんな意見を総合すると、まあどう考えてもBよりもAのほうが面白そうだ──という場合でも私はBを見るのです。

Aをどこまでも敬遠するのではありません。後にAを見る日が来ないとも言い切りません。でも、まず見たいのは非常にコアな感じの映画Bなのです。何を勧められても、まずは今見たい映画を見てからの話です。

そういう私に対して「面白い」という理由で映画を薦めてくるこの人──私は困ってしまいます。私に対して「面白い」という言葉は決定打にならないのです。それよりも何よりも、そもそも勧められると条件反射的に見たい気持ちが失せて行きます。

そして、さらに、自分が見て面白かったから、他人も見れば面白いだろうという単純すぎるロジックに閉口してしまうのです。そこにあるのが単純な好意から来た推薦であればあるほど、正直辟易してしまうのです。

そもそも感じ方は人によって全然違うはず。だから、自分が見て面白かったから他人にも勧めようという好意を、私はどうも好きになれないのです。──ありがとうございます。お気持ちだけはいただいておきます。でも、その映画を見るかどうかは分かりません。

そして、絶対という言葉。この世の中に果たして「絶対」はあるのでしょうか?

こんな風なことを言っていると、横から「何をつまらん揚げ足取りばかりしているのか?」と言われそうですが、これらはいずれも私にとって生きて行く上でうやむやにして通り抜けられない本質的な議論なのです。

例えば、私は安易に「絶対」という言葉を使わないようにしています。これは私の人生哲学に関わる問題なのです。確かに子供の時には使ってました。しかし、ある時から、「世界に絶対はあるのか?」と考え始めた時から、私はその言葉を使わなくなりました。

ごくたまに興奮してしまって「絶対に嫌だ!」なんて口走ってしまいそうな時にも、大抵すんでのところで止まります。そして、冷たく「嫌だ」と言い放ちます。そう、強い拒否感を表したいだけであれば、何も「絶対」などという、凶器のようなビッグ・ワードを持ち出す必要がないのです。

人の感じ方の違いに対しても最大限の注意を払っているつもりです。だから、私は不特定多数に対してむやみにものを勧めないようにしています。「こういう人であるなら、この映画はお勧め」という風に書きます。あるいはよく知っている特定の人間に対して、「あなたならこの映画が気に入ると思うよ」と言います。

ア・プリオリな大きな原則を避けて、できるだけ個別の状況に当たって行こうとします。

そして、自分個人としては、「面白いから見て」というような、単純な一直線のロジックには乗らないように細心の注意を払っているつもりです。

そんな私が陥るのは、そういう相対主義の罠です。寄って立つべき絶対的な何かの存在を認めようとしないために、あっちへフラフラこっちへフラフラして、却々ものごとが決められないのです。

中学以来、そんな自分に随分悩みました。そして、悩んで悩んで悩みぬいて、その挙句にたどり着いたのが「我悩む、故に我あり」という境地でした。そう、デカルトのもじりです。でも、このパロディを思いついたおかげで、私は悩み多き人生からある意味解放されたのです。

世の中は私ひとりで完結するわけではない。だから、私ひとりがいつまでも悩んでいたって、それはそれで構わないのである、ということです。

『普通、正常、健康』というタイトルで10年以上前に書いた文章の中で、「内なるバランスと外とのバランスの、ふたつのバランス同士のバランスがうまく取れること」と言っているのはそういう意味です。

他にも同じようなことを過去何度も書いています。例えば『騙されたと思って』『間違った言葉遣い』『キャッチフレーズ何十年、駄文十年』などです。ふと時々そういう自分を再確認したくなって、こんな記事を書いてみます。

と言いながら、念のために自分が過去に書いた何百編の記事中の「絶対」を検索してみたら、「絶対値」や「絶対音感」というような用法はともかくとして、あまりに多くの「絶対に」が見つかって我ながら少し落ち込んでいます(笑)

まあ、こだわりなんてそんなものなのかもしれません(再笑)

Copyright©yama-a Oct.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ