間違っていると言われて面白がること

知人の女性に facebook で教えてもらった NAVER まとめサイトにこんなのがありました。

おそらく半数以上の人が意味を勘違いしているビジネス用語
(このリンク先のページがなくなってしまった場合に備えて、このページで取り上げている言葉の一覧を下註に記しておきます)

これ自体は私なんぞもよく書いている「言葉の薀蓄もの」という感じで、それほど目を引くものでもないのですが、驚いたのはこの記事を引くにあたって彼女が自分のタイムラインに添えていたコメントです。

あぁ、間違って使ってる時もあるなぁ…ノリでしゃべらないように気をつけないとね、と自戒しつつ某 SNS 見たら「逆に正しく使ったらわからないんじゃない?」「浮くよねー」「そうだよね、新定義だよね」「そうだよ、時代が変わったんなら辞書直せ」的な会話……おばさん目が点だよ。

なるほど、そうなのか! おじさんも目が点になりました。

で、その時はそれで終わったのですが、数日経ってから、実はこういう考え方が言葉を滅ぼすのではないかという気がしてきました。

いや、別に何も「昔からの由緒正しい使い方をマスターしなさい!」などという権威的な言い方をするつもりはなくて、言葉の意味や用法が変わって行くこと自体はいつの世でも常なることで、それはそれで仕方がないと思います。

でも、「その使い方は違いますよ」「それは本来こういう意味の言葉ですよ」と言われた時に、まず「え、そうだったのか!」という驚きがあり、「なるほど面白いなあ」という興味が湧き、そして、「そうか、じゃあ今度から気をつけて使って行こう」と思い直すのが素直な反応ではないかと思うのです。

もしも「情けは人のためならず」が「他人に情けをかけるのはその人のためにならない」という意味であれば、それはあまりにそのまんまの表現で、面白くも何ともないじゃないですか。

それが「情けをかけるのは他人のためではなく自分のためである」という発想に出くわした時に「なるほど面白いなあ」と感じることこそが「知性」なのではないか、などと思ったりもするのです。

それを「俺はそんな風に使っていないし」「今さらそんな意味で使ったら通じない」などと言うのは、まるで地球温暖化の問題を論じようとしているときに、「いや、俺は寒がりだから温かいほうが良いんだ」と言ってしまうような、ニベもない、そしてちょっと本題から外れてしまったような感じを、私は覚えてしまうのです。

重ねて言いますが、昔の使い方が正しいのだからそれを守り通せと言うのではありません。

「捏造」は「ねつぞう」ではなく本来は「でつぞう」だったのだから今でも「でつぞう」と読めとか、「一生懸命」は元々「一所懸命」だったのだから今後もそう書いて「いっしょけんめい」と読めとか言うのではないのです。

はい「捏造」は「ねつぞう」で良いし、「一生懸命」は「一生懸命」で良いのです。

ただ、そう言われた時に、「へえ、『捏』という字の読みは『でつ』なのか。他に『でつ』と読む字なんかあったっけ?」とか、「なるほど一つの所を守るために命を懸けるから『一所懸命』なのか」などと思考が広がっていくのが知性ではないかと思うのです。

そして、そう感じた後に、じゃあ自分はどうするのかを考えれば良いのです。そう、他の人がどうであれ自分「は」どうするのかを考えれば良いのです。

間違った使い方をしている人があったらやんわり教えてあげようと思うのか、それとも今さらそんな使い方では通じないと切り捨てるのか、それをどうするか、その言葉に対して自分がどう向き合うのかを決めていけば良いと思うのです。

このまとめサイトにある例で言うと、私が「煮詰まる」の正しい意味と用法を知ったのはちょうどやたらと煮物に凝っていた時期だったこともあり、「なるほど、煮物の最後には強火にして水分飛ばすもんなあ!」と膝を打ちました。

それ以来、この表現がとっても気に入ってしまい、「滞る」という意味に使っている人を見ると、「いや、これは実は『煮物用語』でね」などと冗談めかして教えてあげることにしています。

そういう風に言葉にのめり込んでいくのが、ある意味文化なのではないかと思うのです。

一方で私は現実を強く肯定して行く立場というものが嫌いではありません。それも文化であり知性です。そして、現状を覆そうとするのもまた文化であり知性です。

そう、現状否定派でも肯定派でもどちらでも良いのです。決して古いものを否定することが知性が低いと言っているのではありません。ただ、ちょっと考えて味わってみてほしいのです。要は何か言われた時にしばし立ち止まって考えてこそ面白いのではないかと思うのです。そう、文化とは面白がることではないかなと思うのです。

自分が知らなかったから、そういう使い方をしていないから、聞いたこともないからという、それだけの理由で言下に否定してしまうのは、あんまり面白くないような気がします。

言葉って文化なんですよね。結構面白いものなんですよね。もっともっと言葉を交わし合って、その面白さを楽しみたいと、私は思っています。

ところで、冒頭の引用記事に戻るのですが、これを「ビジネス用語」と言ってしまう著者の感覚は、残念ながら私にはよくわかりません。これは新種の文化なのでしょうか(笑)

Copyright©yama-a Nov.2012mark

【註】この NAVER まとめサイトで取り上げられていたのは下記の16の言葉です。私の場合、これを読んで初めて知った間違った用法もありました(笑)

目次へ 次号へ 前号へ