西洋人から日本人へ(名前をもじった名前)

江戸川乱歩というペンネームを目にするたびに、よく考えたものだ、上手いなあと感心してしまいます。

言うまでもなく、乱歩の憧れの作家であったエドガー・アラン・ポーをもじったものです。「江戸川」が如何にも日本の姓らしく、「乱歩」が一般的な名前らしくない分だけ「雅号」っぽく見えるところがよくできていると思います。

アメリカ人の名前の名→姓という並びを日本風にひっくり返して姓→名の順番にすることなく、そのままもじって漢字を当て、それが日本人の(名→姓ではなく)姓→名になっているところが上手いと思います。

ちゃんとミドルネームのアランまで入っているのがミソですね。西洋人の場合、ちゃんとミドルネームがあっても常に省略して(されて)いる人もいれば、決して省略しない(されない)人もいます。

ポーの場合は後者なので、もじるにしてもアランをすっ飛ばすわけには行かないのです。もっとも、アランがなかったら「えどがわ・ぽ」などという間抜けな名前にしかならないですし、「江戸川歩」と書いてしまうと、誰が読んでも「えどがわ・あゆむ(あゆみ)」となってしまうでしょう。

そういう諸々を考えた時に、江戸川乱歩というのは見事にでき上がった名前だと感心してしまうのです。

他に同様な例はなかったかなと記憶をたどってみると、何人か思いつきます。

チャールズ・チャップリンと並び称せられる憧れのコメディアン、バスター・キートンをもじった増田喜頓、これまた憧れのコメディアンであり歌手であるダニー・ケイをもじった谷啓。いずれもファースト・ネームが姓、ファミリー・ネームが名という、乱歩と同じパタンです。

他には、もうご記憶の方はおられないかもしれませんが、かつてカルメン・マキの恋人として名前が売れた支那虎、とか『北斗の拳』の原作者の武論尊などという人もいますが、これらは姓のみのもじりであり、乱歩・喜頓・谷啓と比べるとやや格下のもじりという気がします。

ただ、フランク・シナトラやチャールズ・ブロンソンに漢字を当てはめて日本人の姓名風にしろと言われても、これは至難の業です。

江戸時代に幕府が重用した外国人にも同じようなことをしようとした例があります。そこではウィリアム・アダムズが三浦按針になり(これは変化しすぎてほとんど原型を留めていません)、ヤン・ヨーステンが耶揚子になりました。こういう例と比べると、やはり江戸川乱歩の巧さに納得してしまいます。

ところで余談ですが、耶揚子というのが八重洲の語源なのだそうです。

余談ついでにもうひとつ書いておきますと、私の父は貿易商をやっていて外国人とのつきあいも当然非常に多かったのですが、そのうちのひとりであるトミー・ロスという人物が「富井呂須」というハンコを作っていたのを、当時小学生だった私は強烈な印象とともに憶えています。

そう言えばギタリストのクロード・チアリも日本に帰化してからは「智有蔵上人」と名乗っているようです。

閑話休題。今回の記事の趣旨は、自分の憧れの対象を自分の筆名や芸名にしたという例を募ることです。少し本筋から逸れてしまいました。

文学の世界では、乱歩のように、憧れの外国の作家の名前を拝借してというような例が、他にもあるのではないかと思って調べてみると、2例見つかりました。私があまり読まないSFや怪奇小説の分野だったので知らなかったのですが、結構有名な話のようです。

ひとりは浅倉久志。SF小説の翻訳家としては大家と呼べる方だそうです。これはアーサー・C・クラークから。ただし、ちょっと込み入ってますね。あんまりすっきりしません(笑)

アーサー・C・クラークに漢字を宛てて朝・志・倉久、それを入れ替えて浅倉久志、ただし読み方はアサクラクシではなくアサクラヒサシのようです。

もうひとりは怪奇小説作家の朝松健。こちらはあっさりしてて、同じく怪奇小説作家のアーサー・マッケンから。なんだか短すぎてちょっと拍子抜けします(笑)

他にも作家では、香港の俳優・映画監督のチャウ・シンチー(周星馳)をひっくり返して馳星周(はせせいしゅう)なんてのもありますが、いずれにしても江戸川乱歩の完成度には及びません。

他に有名な例では、松任谷由実の作曲家としての変名である呉田軽穂があります。これも言わずと知れた、ユーミンの憧れのハリウッド女優であるグレタ・ガルボのもじりです。

ただ、これも呉田のほうはまあ姓としてあるかもしれませんが、軽穂があまりありそうでなく、女性の名前とも思いにくく、雅号らしくもないところがやや弱いところだと思います。

そんな中でふと思い出したのが、twitter で見つけた城島活(ジョウジマ・イケル)さん。イケルという名前がちょっとありそうでないのが玉に瑕ですが、ジョージ・マイケルのもじりとしては却々上手いと思いました。

ほかにもこんな名前を見つけたらまた書いてみたいと思います。

Copyright©yama-a Nov.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ