クレーンとイントレ

クレーンと聞いたら何を思い浮かべますか? よく建築中のビルの上に乗っかってる、重いものを吊るして引き上げるアレですよね? ──訳語で言うと「起重機」。

でも、クレーンは元々は「鶴」の意味なんですよね。英語の綴りでは crane 。その形が、鶴の長い首とその上に乗っかった頭に似ていることから、あの機械は crane と呼ばれるようになったのです。

では、何故私たちはクレーンと言われて鶴ではなく起重機を思い出すのでしょう? それは、現代の日本に住んでいれば(と言っても、ま、場所にもよりますが)、鶴よりも起重機を見ることのほうがよほど多いからであるとも言えます。

ただ、それだけではないような気もします。我々は「鶴」の英訳である crane よりも、「起重機」の英語名であるクレーンのほうを先に知ってしまったから、だからそちらの意味のほうが脳裏にこびりついているのではないでしょうか?

私の場合は、英語の予習で初めて crane を辞書で引いた(教科書に「鶴」の意味で載っていました)時にも、頭の中では全く「起重機」とは結びつかず、何年も後になってから、この2つが同じ単語であることに気がついたのでした。

そういう例って他にもきっとあるだろうと思っていろいろ探してみたのですが、クレーンほど顕著なものはなかなか見当たりません。

私の個人的な経験の中で探すとすれば、例えばバタフライがそうでしょうか。

幼少の砌に、蝶々としてのバタフライではなく、水泳の種目としてのバタフライのほうを先に知ってしまったのです。ただし、その時に「バタフライは英語で蝶々の意味で…」という説明を一緒に聞かされた記憶があります。だから、クレーンほどの偏りがありません。

それに、蝶々のことをバタフライなんて言う日本人はほとんどいません。普通は「ちょうちょ」と言います。一方、あの建設中のビルの上に乗っかってるアレについては、「起重機」と言う人よりも「クレーン」と言う人のほうが遥かに多いです。こういう例は他にはあまりありません。

このサイトでも何度か取り上げているフリースなどはその例かもしれません。そう、ユニクロで売っているフリースです。

この fleece は元々「羊毛」の意味です。本来は羊毛ではなく化学繊維なのに、羊毛に似た化学繊維だからフリースと言われているわけですが、フリースと聞いて羊毛を思い浮かべる人はないでしょう。

ただ、それはアメリカの場合でも同じで、今では fleece は化学繊維のほうを指すことのほうが多いようです。つまり、元の意味は消えかかっているんですね。これが crane とはちょっと違うところです。

crane と同じように、元の意味(「鶴」)がしっかり残っている例となると、これが滅多にないのです。随分長いこと考えて、私がやっと思い出したのは次の2例です。

ひとつはコーン。と言ってもトウモロコシのコーンではなく、アイスクリームのコーンです。

そう、ソフトクリームやアイスクリームを買った時に、「コーンにしますかカップにしますか?」と訊かれるアレです。日本語では長音も二重母音も同じように棒引きで表して長音にしてしまうのでややこしいのですが、あれは corn ではなく cone なのです。

私は長らくアイスクリームのコーンというのは、あのアイスクリームが乗っかっている、食べられる容れ物の物質としての名称だと思っていました。ところが、いつだったか辞書を引いて初めて、あれは cone であり、「円錐」の意味だということを知ったのです。

これにはびっくりしました。材質名ではなく形状名だったのです。

そう言われれば確かに円錐形の容れ物ではありますが、逆立ちしているので円錐だと思ったことは一度もありませんでした。そう言えば、工事現場で車止めに使われるプラスティックの円錐もコーンと呼ばれてます。何のことはない、日本では ice-cream cone も traffic cone もいっしょくたにコーンと言われていただけのことでした。

そして、もうひとつはストロー。これはもう説明不要ですね。クレーンに非常に近い例です。ストローと聞いて真っ先に麦わらを思い浮かべる日本人は皆無に近いでしょう。

さて、さらにそれ以外でとなると、あまり一般的ではありませんが、ものすごい例があります。それはイントレです。

イントレというのは映画やテレビの業界用語で、俯瞰撮影するためのカメラの台(足場)です。高さからすると「台」と言うよりも「塔」の感じで、テレビでは金属のパイプを組んで、ゴルフ中継などの際に多用します。

このイントレが何かと言うと、元々は intolerance なのです! ナニソレ? intolerance って「不寛容」じゃないの?と言われるとその通り、その intolerance なのです。何故不寛容がカメラの足場なのか?

それは映画の父と言われる D.W.グリフィス監督の代表作『イントレランス』に因んでいます。この映画は人類の歴史の中で、不寛容のために神の怒りを買って災厄を受けるいくつかの物語を描き、当時のアメリカ社会の不寛容を告発するものであったと言われています。

その中でバビロンの街などの壮大なセットにライトを当てるために組まれた巨大な足場が、後々この映画に因んでそのまま intolerance と呼ばれるようになったのです。

因みに、私はこの映画を観ています。1989年2月27日、日本武道館での特別上映会でした。1916年製作という古い映画であるにもかかわらず、ものすごい大迫力であったことを憶えています。そして、その時にイントレの語源であることを初めて知ったのでした。

なお、イントレランスというのは、映画制作のためには妥協を許さないグリフィス監督の不寛容さを表したものであるという穿った説もあるようです。真実はどうなのか知りませんが(笑)

今、そういう由来を知らないまま、イントレという言葉を使っている業界人が山ほどいます。しかし、だからと言って、それを責めるのではなく、ここは映画の趣旨に沿って、寛容の精神を持って遇したいと思います(笑)

そう言えば、テレビの現場では、カメラはイントレの上に載っていることもあれば、クレーンに積まれて動き回っていることもあります。

いずれにしても大所高所から物事を見よということなのかもしれません。

[arrow このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Dec.2012mark

目次へ 次号へ 前号へ