日本語に限らないことですが、ことばには意味をたくさん持ったものと、ほとんど単一の意味しか持たないものがあります。

そして、たくさん意味をもった単語のたくさんの意味が、それぞれいろんなところで繋がっているうように思えるものもあれば、そうでないものもあります。

そんな中で、それぞれの意味が繋がっているようで、しかし、どことなくしっくり来なくて、前からなんだか不思議だなあと思っているのが「生」ということば(名詞であり接頭語でもあります)です。

これ、考えれば考えるほど不思議なんです。

「生」とは本来、と言うか辞書の最初に載っている意味としては「調理していない」ということだと思います。いや、「調理」と言ってしまうと単に包丁で切ることも含まれてしまいますので(もしそうなら刺身は生ではないことになってしまいます)、「加熱処理していない」と言いましょうか。もっと平たく言ってしまうと「素材そのままの」と言い換えられるかもしれません。

で、この意味でいろんなことが割とちゃんと説明できてしまいます。つまり、上で述べた「繋がっている」感じがするのです。

例えば、「国民の生の声」などという時の「生」は、「加熱処理していない」からの比喩で、「間に特定の人や機関を介在させて何らかの処理をさせておらず、作為や誇張がない」という意味になります。

で、そういう風に考えた時に、私がどうもしっくり来ないなあと思うのは「生ビール」なんです。じゃあ、生でない「ラガービール」はぐつぐつ煮てから店頭に並べているのでしょうか?

いや、調べてみると、まさに「熱処理していないビール」が生ビールの定義らしいのです。逆に私が間違っているのはラガービールに対するイメージで、これは別に長時間ぐつぐつ煮えくり返らせるというのではなく、100度以下で行う「低温殺菌」を施されているということなのだそうです。

しかし、私の感覚では「生」と言われて思い浮かぶのはやっぱり「煮たり焼いたりしていない」ということで、それを考えるとやっぱり「ビール」が「生」だというのは変な感じがするのです。

「生の声」「生身」「生の姿」「生演奏」「生放送」などと、「生」本来の意味を食品以外に比喩・拡大したものについては、(「元の素材そのまま」という意味で)あまり違和感もなく想像がつくのですが、どうも食品に使われるとなんかひっかかってしまうのです。

食品で言えば「生ビール」以外に「生乳」「生クリーム」「生ハム」「生酒」「生水」「生味噌」「生醤油」「生餡」「生麩」などがあり、これらはいずれなも「何らかの処理をしていない」食品・飲料なのですが、それぞれにどんな処理をしていないかがバラバラで、その辺りが私としては気持ち悪いわけです。

この手の使い方は「生ゴム」とか「生コンクリート」とか食品以外にもいろんな用語の中にも存在します。これらも多分、なんらかの「処理」をしていないということなのでしょうが、それぞれの「生」の正確な意味や定義については、それを扱っている業界の人以外はほとんど知らないのではないでしょうか。

そこら辺も気持ち悪いと言えば気持ち悪いのです。

その一方で、「生」には「中途半端な」という意味があります。「生煮え」「生焼け」「生茹で」「生乾き」「生かじり」「生殺し」「生返事」など枚挙に暇がありません。

しかし、これもなんだか変ですよね。一方で「何も手を施していない」という意味の「生」があるのに、その一方で「中途半端に手を施した」「効果が中途半端なところで終わっている」という意味の「生」があるなんて。

まあ、どちらも「完全に処理をした」の対義語だと思えば説明はつくのですが…。

また、「中途半端」と同じ括りに入るとは思うのですが、「中途半端」という訳では少し中途半端で、「なんとなく」としか言いようのないものもあります。

「生あたたかい」「生ぬるい」「生恋しい」「生白い(なまっちろい)」などがそれで、まあ「なんとなくあたたかい」とも言えますし、「あたたかいというほどあたたかくはないのだが、やっぱりどこかあたたかい」とでも言うような微妙な感じを、この「生」がよく表しています。

それ以外にも「生々しい」「切ったばかりの」意味での「生傷」や「生首」みたいな、それこそ生々しい例もありますし、「生爪を剥がす」というのは爪切りで切り取った爪の破片ではなく、「指から生えているままの爪を剥がす」という意味で、これも生々しい、というか痛々しい表現です。

そうかと思えば「生ゴミ」なんてのは、まあ、ゴミなのだから加熱処理していないのは当たり前ですが、単に調理の時と食事の後に出たゴミの総称であるわけで、それを考えると変な用法だと思いませんか? 梅干の種とか、焼き魚の骨とか、思いっきり調理してるじゃないですか!

「生ゴミ」と「生ハム」という2つの単語を並べてみると、私なんぞはてきめんに気持ちが悪くなってしまいます。これに「生ゴム」を加えると、それこそ「生とはなんぞや!」という疑問が沸々としてきます。

そうかと思うと最近は「生足」などという用法もあり、これは「ストッキングを履いていない」ことを「生」と称しているわけで、これまた妙な具合だと思います。

「生ゴミ」と「生ハム」のような妙な対比をするとしたら、「生足」と「生首」でしょう。「生足」のほうは切り取ってませんし、「生首」のほうはまあ銀行強盗でもするのでなければストッキングを被っていることはありませんし(笑)

最近は「何かをしていない」ことを全部拡大して「生」と言ってしまう傾向が強いようです。例えば避妊具を装着しない性行為もそんな風に言われます。あらら、こんな文章読んで生唾飲まないでくださいね(笑)

ことほどさように「生」ということばは意味が多様で、広がりが大きな接頭語なのです。生半可な知識なので結論がなくて申し訳ないのですが、それでも結構面白いでしょ?

Copyright©yama-a Jan.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ