生の訳語

前回は「生」という日本語の不思議について書いたのですが、その後つらつら考えてみると、じゃあ英語ではどうなんだろう、ということが気になって来ました。

それで、私が普段から愛用している英辞郎で片っ端から英語訳を探してみることにしました。

まず基本である「生の」は raw であり、また fresh 《料理》ともあります。

さて、応用の方ですが、私が最初に引いた例である「生の声」を引いてみると、fresh voice とあります。おっ、料理と同じですね。

では、先に同じような比喩系を引いてみましょう。「生身の」には単語対単語で充てるべきものがなかったと見えて、only human というのと flesh-and-blood というのが載っています。どちらも巧い訳ですね。

前者は「人間なのだから間違えて当たり前」等々の意味での「生身の人間」ですね。後者は同じフレッシュでもこちらは R ではなく L で、「肉と血の」という生々しい訳になります。

「生の姿」も単語としては掲載されていませんでした。ただ、文例の中に firsthand description という2語を充てたものがありました。これもなるほど!ですね。直接得た描写、つまり、自分の目で見た生の姿、という意味になります。

続いて「生演奏」と「生放送」、これらについては大抵の日本人が想像がつくように live という単語が充てられています。

解釈は置いといて、とりあえず前回書いた全ての「生」を英訳する作業を続けます。

食品、飲料に行きましょうか。「生ビール」は日本人でもよく耳にする draft beer です。では draft とは何か? これはあまり日本人は知らないのではないでしょうか? しかし、残念ながら、draft に対するしっくり来る日本語はないようです。英辞郎には「〔ビールなどをたるから〕注ぐこと」という訳語があり、

缶や瓶ではなく高圧のケグやたるから注ぐ、ろ過処理したビールを指す。日本では熱処理をしていない「生ビール」と同義で使われることが多い。

とあります。どうやら draft beer の訳語が生ビールというわけでもなさそうです。「生ビール」というのはむしろ日本固有の呼び方なのでしょうか? 僕は下戸なのでこのへんの知識は乏しいのですが、なんだか深いですね。

続けましょう。「生乳」は raw milk、「生クリーム」には fresh cream、raw cream の両方があり、さらに dairy cream などというのもあります。dairy は「牛乳の、乳製品の」の意味です。

「生ハム」は raw ham あるいは uncured ham ──「治療されていないハム」って何なんでしょう?

「生酒」「生味噌」「生醤油」「生餡」「生麩」はいずれも日本固有のものなので英訳するのは諦めますが、「生水」が面白いです。多分英語にはあまり「生水を飲む」という発想がないのでしょう。raw water、unboiled water、water fresh from the tap と、なんとまどろっこしいのでしょう(笑)

さて、食品以外に移ります。「生ゴム」は raw rubber かと思いきやさにあらず、caoutchouc あるいは gum という1単語が現れました。(加硫処理前の天然)という註があります。多分その単語の意味を汲んで邦訳したのが「生ゴム」だったのでしょう。

「生コンクリート」は fresh concrete 〔まだ固まらないコンクリート〕、freshly-mixed concrete、ready-mixed concrete。これらもなんとなく解りますね(笑)

「生煮え」「生焼け」「生乾き」などには half-cooked や half-toasted、half-dry など、half を使った訳語が多く充てられています。「生」などという中途半端な表現より、「半分」(つまり、最後まで行っていない)と言う英語のほうが遥かに論理的な気がします。面白かったのは「生返事」に half-hearted reply という訳語が充てられていたことです。これも「半分しか心がこもっていない」のです。

前回私が書いたそれ以外の「生〜」については、かなり比喩的な単語が多かったため、あまり適当な英単語が見つかりませんでした。

一応定番の訳語があったものとしては、「生傷」が raw wound、「なまぬるい」が hypothermal でした。前者は良いとして、後者について説明すると、 hypo は「低い」「抑制された」の意の接頭語で、つまりは「温度が低い」という、割合味も素っ気もない訳語になってしまっています。

さて、ここまで調べてきて全体を見渡しますと、確実に言えることがいくつかあります。

まず、英語と日本語を比べてみると、日本人はあまりにも安易に、あまりにもいろんな意味に、あまりにも感覚的に「生」という単語/接頭語を使いすぎるのではないかということ。

それから、英訳してみると「生」は主に1)raw または fresh、2)half (not full)の2つの意味であることが解ります。こんな風に英訳してみることが、逆に日本語の意味を掴む助けになるのです。

それはひとえに辞書というものを編纂した人の努力に寄っかかって我々が到達した境地です。翻訳というのは単語を単語に置き換えるのではなく、意味を意味に対応させるのだということを改めて痛感させられました。

単語だけを知って翻訳しようというのはそれこそ生兵法だということですね。あ、生意気言ってすみません。

Copyright©yama-a Jan.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ