敬語の稽古2

もう随分昔、10年以上も前の、このホームページを立ち上げて間もないころに、敬語について書いたことがあります。

あの時に書いた趣旨は、敬語というものは人間関係を円滑にするための技術であって、必ずしも敬意の表明である必要はない。礼儀というものは心からではなく形から入るもので、心は後からついて来る──ということでした。

枝葉を削ぎ落としてもっとシンプルに言ってしまうと、つまり、敬語って便利な道具ですよ、ということでした。そして、この便利な敬語が廃れてしまうと、喋ったり書いたりして意思を疎通するのが大変面倒くさいものになってしまうのです。私はずっとそれを心配しています。

敬語が変化すると日本語も変化せざるを得ません。そして、そのことによって日本語は、他の言語にはあまり見られない、卓越した特徴を棄てることにもなりかねません。

日本語はともかく主語がよく省略される言語です。そして、主語を省略しても伝わる言語なのです(だからこそ頻繁に省略されるわけです)。

例えば、単純な例として、名詞の前に「お」や「ご」をつけて丁寧語にするという手法があります。「お名前」とか「ご出身」とかがそれです。これがあることによって、主語も目的語も、あるいはいろんな修飾句も見事に省略できる場合があるのです。

例えば、「ご都合」と言った場合、それは喋っている本人の都合であるはずがありません。自分の都合に「ご」をつけるのはおかしいからです。となると、第一に考えられるのは、それは話を聞いている人の都合であるはずです。

「ご都合は如何でしょう?」と言えば、大抵は言われた人の都合が問われているのです。

もしもこれが聞いている人の都合を指しているのではないとしたら、それは喋っている人でも聞いている人でもない、別の第三者の都合のはずです。で、「ご」がついているので、喋っている人にとって目上の人ではないのかなという推理が成り立ちます。

しかし、これは喋っている人サイドの人間ではないはずです。自分よりも目上であっても、身内のことを言う場合は、「私どもの社長がそう申しておりまして」などとへりくだるのがルールです。自社の社長の都合であれば「ご都合」などと言うはずがありません。

となれば、それは聞いている人の側の誰かの都合であるか、あるいは、喋っている人と聞いている人のどちらの側にも属していない中立的な人で、敬語を使うべき相手、ということになります。

「ご」をつけるだけでこれだけ絞り込めるのですから、しかも、日本人であればいちいち考えなくても瞬時にそういうことは感覚的に分かるので、だからこそ安心していろんな単語が省略できるのです。

「お食べになりますか?」と訊かれたら、「あ、俺が?」と思いますし、「食べましょうか?」と言われれば、「え、あなたが?」あるいは「あ、一緒に?」と思うのです。

例えば知らない田中さんであっても、「田中様がお越しになる」と聞けば、「田中って何者か知らんけど、偉い奴らしい」と考え、「田中が参ります」と聞くと、「誰か知らんけど、こいつの会社の奴だろう」と思うのです。

もし、敬語が廃れてしまいますと、こんな便利な部分もすり減ってしまって、日本語はそのままでは分かりにくい言語に成り下がってしまうでしょう。

それは不便かな、と思うのです。そういう意味もあって、私は敬語を勧めるのです。まさにそういう純粋に技術的な側面から。

それは決して敬えとか慕えとかいう野暮な要求ではありません。また、そういうことにむやみに反発するのもつまらないことだと思います。敬語は単に、マスターしておくとコミュニケーションが上手になる武器なのです。だから、苦手な方は少し練習してでも身に着けておくと随分便利なのじゃないかなと、そんな風に私は思っています。

Copyright©yama-a Feb.2013mark

[arrow このテーマの続編を読む]

[arrow このテーマの別の続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious