東京、大阪、どう略すか?

「お前、どこに就職するの?」
「ん、俺? 関電」

嘘だと思うかもしれませんが、私が「関西電力」の省略形である「関電」という言葉を聞いたのは多分この時が初めてでした。世間ではもっと早くから言われていたのかもしれませんが、私は聞いたことも使ったこともありませんでした。

しかし、その時私は強い違和感を覚えたのです。──「関電」だと「関西電力」なのか「関東電力」なのか区別がつかないではないですか!?

いやいや、関東圏をサービスエリアとする電力会社は「関東電力」ではなく「東京電力」なんですが、当時はそんなこと知りませんでしたから。

余談ですが、それを知ったのは、私が放送局に就職して営業局に配属されたころでした。「ふーん、関東電力ではなくて東京電力なのか」と思った記憶があります。

しかし、大阪の放送局ですので通常「東電」と言われれば「東京電通」(電通本社)の意味でした。東京電力は在阪局のスポンサーではありませんので、そう思えて当然です。

電力会社の話が出たのでガス会社の話もすると、大阪ガスは略して「大ガス」です。でも、これだと大阪ではなく、大森や大崎や大山崎や大分かもしれません。

大阪の略称に「阪」の字を使うことが多いのは、「大」のつく地名が多いのに対して「阪」のつく地名は(少なくとも大阪と同じレベルで語られる地名としては)めったにないからです。

だから、阪神電車とか阪奈道路とか京阪沿線などと使うのです。ここで「大」を使ってしまうと、神戸や奈良や京都とどこを結んでいるのか俄かにピンと来ないようになってしまいます。

東京の場合を考えると、「東名高速道路」こそ「東」をつかっていますが、一般には京葉とか京浜などと「京」を使うことのほうが多いように思います。それは「東」を使うと地名の略ではなく方角を示す漢字だと受け取られる可能性が高いからでもあります。

もちろん「京」を使うと京都と間違われる可能性が出てきますが、首都が東京(江戸)に移ってからすでに数百年、どうやら東京のほうがしっかり優先権を得ているように思います。今では上京と言えば東京に行くことで、誰も京都に行くとは思いません。

となると京都に行く場合はどう言うか? 実はちゃんと違う言い方が用意されていて、「上洛」と言います。東京にいる(ある)ことを「在京」と言いますが、京都にいる(ある)ことは「在洛」と言います。

同じように大阪にいる(ある)ことは在阪と言います。しかし、大阪に行くことは「上阪」とは言いません。これは(大昔のごく短い期間を除けば)大阪が都(みやこ)であったことがないからなのでしょう。

その代わりに「来阪」という言葉があります。「来京」や「来洛」はありません。

それで気になって、全国でどれくらいこういう例があるのか調べてみました。以下がその一覧表です。まあ、なんとたくさんあることでしょう!

恐らくまだもっともっとあるだろうと思います。気づいたら逐次この表に追加して行こうと思います。

都道府県または県庁所在地その省略形(漢字)用法
北海道来道 在道
・札幌来札 在札
青森来青 在青
岩手来岩
宮城
・仙台来仙 在仙
秋田来秋
山形来形
福島来福
茨木来茨
栃木来栃 在栃
群馬来群
埼玉来埼
千葉来葉
東京上京 在京
横浜来横 在横
新潟来新
富山来富
石川
福井来福
山梨来甲
長野来長
・松本来松
岐阜来岐
静岡来静 在静
愛知
・名古屋来名 在名
三重来勢
滋賀来滋
京都上洛 在洛
大阪来阪 在阪
兵庫
・神戸来神
奈良来奈
和歌山来和
鳥取来鳥
島根
岡山来岡
広島来広
山口来山
徳島来徳
香川来讃
愛媛来媛
・松山来松
高知来高
福岡来福 在福
佐賀来佐
長崎来崎 在崎
熊本来熊 在熊
大分来分
宮崎来宮
鹿児島鹿来鹿
沖縄来沖 在沖
・那覇来覇

Copyright©yama-a Mar.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ