言葉の差異、文化の差異

言葉というのは面白いもので、日本語でも英語でも、身の周りの基本的な単語は少ない音でできています。それに対して、歴史的に誕生の遅かった抽象的な概念などを表す単語は音節が多くなっています。

例えば「手・目・腕・腹・月・海・鳥」など基本的な言葉は1音または2音のやまと言葉です。そして、今適当に挙げたこれらの単語を英訳してみましょうか。── hand, eye, arm, belly, moon, sea, bird と、belly 以外は全部1音節です。

まあ、それぞれの単語をどう訳すかにもよりますが、例えば「腹」を stomach としても2音節、「海」を ocean としても2音節です。

それに対して例えば「民主主義」は新しい概念なので漢字4つを費やします。音としては4音(切りようによっては5音)、英語でも democracy で、4音節の長めの単語になります。

やまと言葉でも概念を表すものは長くなります。例えば「思いやり」は5音。英語では何ですかね? kindness(2音節)? それとも delicacy(4音節)? それとも consideration(5音節)?

でも、それぞれの元の形容詞であったり動詞であったりする kind, delicate, consider(それぞれ1, 3, 3音節)はもう少し短いので、名詞形にするために長くなっただけだとも言えます。しかし、いずれにしても概念を表そうとすると長くなる傾向があります。

その辺りのことを、いろんな言語で比較して行くと、あるものを1単語/短い単語/合成語ではない単語で表せるかどうかが文化の微妙な違いを表しているのではないかなという気がして来ます。

いろんな言語と言っても私が語れるのは日本語と英語くらいのものですから、その2つで考えると、例えば「兄」と「弟」は英語では一語では表せません。elder(older) brother, younger borther と2語を費やしてしまいます。これはなんと効率の悪いことなのでしょう?

何故英語では「兄」「弟」を表す単語がないのか──それを考えて行くとなんとなく比較文化論的なところにたどり着きます。英語ではそもそも「兄」「弟」の長幼を区別する必要があまりないのでしょうか? どっちが年上だ目上だというのは確かに日本的、アジア的、儒教的な気がします。

だから、日本語では1語で表せるものが英語では2語でしか表せないからと言って、決して英語のほうが日本語よりも劣っているというようなことではありません。

それが証拠に、裏を返せば日本語においては brother のような兄と弟を総括的に表す言葉がなくて、2つを合成して「兄弟」にするしかないのです。

同じような例として、「湯」と hot water があります。日本語では1音の1単語で表せるものが英語では合計3音節の2単語でしか表せないのです。そう言われるとついつい日本語のほうが優れているような気になってしまいますが、しかし、どちらの表現のほうが科学的かは明らかです。

英語では温度が異なるだけでどちらも水であることをはっきり認識しています。ところが、日本語では水は水、湯は湯であり、言ってみれば別物です。あるいは、日本語では物の本質ではなく、常に感触や用途のほうに目が行っているのかもしれません。

言葉はいろんなものを反映しています。それは多分、世界の人々の優劣ではなく、差異を際立たせる鏡なのだと私は思っています。


【追記】

体の部分を表す日本語と英語を比較すると、時々あれっ?という例に当たります。ふと気づいたのは「てのひら」

「手」の「平」でしょ? これはどうして英語の palm のように短い1単語で表せないのでしょう?

もちろん「掌」と書けば1字ですが、これは日本語と言うよりも漢字、つまり中国語の表現です。

そう考えていろいろ探して行くと、例えば foot と「足」、lap と「ひざ」のように、表す範囲が微妙にずれているケースがたくさんあります。

これも広い意味での文化の差異なのでしょうね。面白いですよね。

[arrow このテーマの続編を読む]

[arrow このテーマの別の続編を読む]

Copyright©yama-a Mar.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ