言葉の差異、文化の差異(2)

前回、日本語と外国語を比べたときに、言葉の差異が文化や気質の差異に繋がっているのだという記事を書きました。

あのときに書ききれなかった例があるので、もう少し書き加えてみようと思います。

英語を勉強し始めて、多分最初に「えー、なにそれ!」と思ったのは、I miss you という表現でした。「私はあなたがいなくて淋しいと思う」──えー、なにそれ!

英語で3音節の表現が、日本語にするとなんでこんなに長くなるのか? それが不思議で仕方ありませんでした。miss という単語は「…がいなくて淋しく思う」と訳すのだと言われて、英語の1音節の1単語にこんなに文字と音を費やさないと日本語では表せないということが、私にはものすごい驚きでした。

ただし、前回も書きましたが、これは言わば言語の「気質」の問題なのであって、決して日本語より英語のほうが優れているという証明ではありません。逆に、日本語では簡単に言えるのに、外国語では簡単に言えない概念もあるのです。

例えば、「もったいない」などがそうでしょう。ケニアのマータイさんという女性が、この日本語に痛く感動して、そのまま MOTTAINAI を標語にして環境保護キャンペーンを始めたのは記憶に新しいところです。

私が思うに、I miss you という表現が凄いのは、この複雑な状況と心境を英語ではたったひとつの動詞で表せるということではなく、それを他動詞+目的語という形で表すということです。それがなんか英語気質の特徴的な部分であるような気がします。

動詞の差異を際立たせるものとしては、逆に日本語の「気分的な受動態」があります。この点については10年前に「能動性と論理性」というタイトルで書いていますので、そちらを御覧ください

さて、miss と同じように、日本語に訳すと長くなるもののひとつに fetch という動詞があります。「取ってくる」──「そこに行って」「それを取って」「それを持って帰ってくる」という3つの行動がひとつの動詞に含まれているのです。日本語から見ると驚異的な動詞です。

なんか日本語と発想が違うんですよね。

これは日本語の「行く」「来る」と英語の go to / come to の微妙な違いに繋がっているような気がします。自分がどこにいて相手がどこにいるかを意識するか、どこが出発点でどこが到達点なのかを意識するかの違いで、日本人の感覚ではついつい go を使うところで、英語では come を使ったりするのです。

いずれにしても、fetch というのは日本語にはない大変便利な単語であり、メールの設定でもそのまま「フェッチ型」という表現で使われています。つまり、メールがサーバに届いたら放っておいても個人の端末にどんどん送り込んでくるのが「プッシュ型」、自分でサーバに接続して読みに行かないと届かないのが「フェッチ型」。

さて、最後に、日本語のほうが短くなる例をひとつ。それは「おいしい」です。意外にこれを1単語で表す英語がないのです。yummy という形容詞がありますが、これは幼児語で、言わば「おいちい」です(笑)

通常は Tastes good (文法的に完全な文にすれば It tastes good という第2文型)という2語を費やします。もちろん good という形容詞ひとつで「おいしい」という意味を表すことはできますが、good はあまりに意味の広い単語であり、日本語の「おいしい」のような味専用の単語がないのです。

いや、delicious という単語があるではないか、という反論があると思います。はい、確かにそうです。確かにそうなんですが、これは前回書いた通り、3音節・9文字を費やす、いささか仰々しい、概念っぽい表現になってしまうのです。

tasty もあります。こちらも、しかし、如何にも taste の「派生語」という感じで、日本語の「おいしい」のような堂々と独立した感じの単語がないのです。

これもやはり、日本人は事の本質よりも感触を重んずる傾向なのでしょうか?

こういうことを考え始めると、どこまでも興味は尽きません。

Copyright©yama-a Apr.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ