これ何本?

かつて上司にこんな風に訊かれて驚いたことがあります。

「やまえー、これ何本? いっぽん? にぽん? さんぽん?」

嘘だと思われるかもしれませんが本当です。一体何の本数を問われたのだか忘れてしまいましたが、私はこんなに知的レベルが高い上司がどうして「いっぽん、にぽん、さんぽん」などという数え方をしているのか不思議で仕方がありませんでした。

ことほどさように日本語というのは難しいのです。

「本」は基本的に「ほん」です。何か特別な条件がなければ「ほん」と読みます。「2本」は「にほん」です。「9本」は「きゅうほん」です。

直前が「ち」や「つ」の場合はそれが促音化して(つまり「っ」になって)その後が半濁音になります。「1本」は「いちほん」 → 「いっぽん」です。「8本」は「はちほん」 → 「はっぽん」です。

ちょっと序数詞からは外れますが「日本」を「にっぽん」と読ませるのも「にちほん」 → 「にっぽん」です。

これは「促音化したらその後は半濁音になる」と言うよりも、むしろ「ハ行の前にチやツが来れば前が促音化し、後ろが半濁音化する」というセットで、要するにこういう組合せで発音しやすくなっているわけです。

では「6本」は? これは「ろくほん」で良いのに、どうして促音化しちゃったんでしょうね? 確かにカ行の前にキやクが来ると促音化します。「卓球」とか「薄幸」とかがその例です。しかし、「6本」はハ行の前のクですからね。しかし、そう言えば「100本」も「ひゃっぽん」です。

さらに言えば「六法全書」も「ろっぽう」ですから、なんかルールがあるんでしょうね。でもハ行の前のクが必ず促音化するかと言えば、例えば「悪法」はあくまで「あくほう」、「薄氷」は「はくひょう」ですから、共通の法則が見えません。

でも、まあ、何で促音化したかは置いといて、何であれ促音の後は半濁音なのです。「10本」は「じっぽん」です。

で、残るは前が撥音(「ん」)の場合。この場合は濁音になるのです。「3本」は「さんぼん」、「1000本」は「せんぼん」、「10000本」は「いちまんぼん」です。

しかし、「4本」は「よんほん」(もちろん「4」を「し」と読むなら「しほん」ですが)であって「よんぼん」でないのは何故?

あるいは、先ほどは触れませんでしたが、「8本」は「はちほん」とも「はっぽん」とも読むのに、「1本」は決して「いちほん」と読まないのは何故?

うーむ、こうやって整理して行くと、時々なんとなくルールめいたものが脳裏をよぎるのですが、いろいろ考えるとまたぞろルールから外れてしまいます。

ここまでは「本」に限って説明して来ましたが、これをいろんな例に広げて行くと、広げて行けば行くほどやっぱりルールがなくなってしまうのです。

例えば「本」の代わりに「分」にすると、「3分」は「さんぶん」ではなく、「さんぷん」です。いや、でも「2つに割る」「3つに割る」という意味では「にぶん(二分)する」「さんぶん(三分)する」と言います。

大体3が鬼門ですね。

「3軒」は「さんげん」、「3件」は「さんけん」、この違いがどこから生まれるのか分かりません。

「3階」は「さんかい」とも言いますが、一般的には「さんがい」です。しかし、「3回」は「さんかい」であって、同じ「かい」でも「回」は決して濁りません。もっとおかしいのは、「3階」は「さんがい」だとしても「63階」は「ろくじゅうさんかい」であってこちらの「階」は何故だか濁らないのです。

「1羽」「2羽」は「わ」(音は wa だが、旧仮名遣いでの表記は「は」)なのに、「3羽」だけは「ば」です。「さんわ」とも言わないではないですが、「三羽烏」は間違いなく「さんばがらす」です。「4羽」になると、元に戻って「わ」になります。

こういうのを説明するために、「使う頻度が上がると濁音化する」という説があるようです。だから、そんじょそこらのビルには存在しない「63階」の場合は濁らないのに、大抵のビルにある「3階」は濁るのです。

しかし、これは「文法」と呼ぶには苦し紛れ感が溢れすぎです(笑)

でも、誰かがこういう苦しい説明を展開しているのを聞くと、どんなものの中にもなんとかしてルールを見出そうとして躍起になっている、言わば私と同類の人間がいるもんだと、私はちょっと嬉しくなってしまいます。

「やまえー、これ何本? いっぽん? にぽん? さんぽん?」と訊かれてから、私はずうっとその手の謎を追い続けています。

Copyright©yama-a Apr.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ