不思議な関西弁

不思議な関西弁というのがあります。いや、別に関西人にとっては小さい頃から親しんできているので不思議でもなんでもないのですが、ふと「ああ、これって関西以外では通じないのか」と思うと俄に不思議な気がしてくる関西弁です。

如何にも関西弁というベタベタの雰囲気がないので、ついつい標準語かと思っていたものも中にはあります。

その多くは語源も漢字も分かりません。でも、普段はそんなこと意識せずに使っていて、不思議に思えた瞬間に、「この語源って何なんだろう? 漢字ではどう書くのだろう?」と気になってくるのです。

そろそろ例を挙げないと、何を言っているのか分かりませんよね?(笑)

例えば「つろくする」。「辛くする」じゃないです(笑) 「この資料はあっちの表とつろくしてる?」などと使います。

私の感覚では「整合性が取れている」「きっちり対応できている」、あるいは英語の keep up with と同じように「遅れずについてくる」という感じなのですが、「大阪ことば事典」によると「調和。相当。釣合い」とありますから、英語にするならむしろ keep in harmony with なのかもしれません。

今回この文章を書くために、初めてこの言葉を「大阪ことば事典」で引いてみて知ったのですが、漢字で書くと「対禄」なのだそうです。そして「禄高が釣合っている」が語源なのだそうです。なるほどと思いました。

続いて「めっこをつける」。

これはてっきり標準語だと思っていたのですが、つい先日関西でしか通じないと言われて大いに驚いたのでした。

嘘だろうと思って引いてみると、確かにそこら辺の国語辞典には載っていません。しかし、「大阪ことば事典」にも載っていないのです。これは何なんでしょう? 使いますよね、関西人の皆さん?

「めっこつけてやってみ」などと言います。──「どの辺りなのか定かではないが、大体この辺りと目星をつけてやってみなさい」って感じ? そうそう「目星」や「見当」と同じような意味と言えば良いのでしょうか?

これは辞書に載っていませんし、ググってもほとんど適当なものは出てこないので、語源も漢字も分かりません。しかし、何度も言いますが、これって私たち以外には使われていない表現だったんですね。びっくり。

そして、次の例はやや「如何にも大阪」臭がある言葉ですが、「きずつない」。

これも標準語にはしにくい表現ですね。「相手に迷惑をかけている気がして申し訳なくて気詰まりである」みたいな感じですかね?

私はなんとなく「きづつない」が正しい表記だと思ってきたのですが、「大阪ことば事典」には「きずつない」という見出して掲載されており、漢字で書くと「気術ない」なのだそうです。

ちなみに「大阪ことば事典」では「切ない。苦しい。気がねな。気づまりな」等と解説し「ズツナイ[術ない]の項参照」とあります。

それで「ずつない」を引くと「すべなし。苦しい。切ない」などとあります。なんと、近松門左衛門や竹田出雲らも使っている由緒ある表現のようです(笑)

言うまでもないですが、関西でしか、大阪でしか通じない言葉というのは山ほどあります。

しかし、例えば「もみない(もむない)」とか「ねき」とか「てんご」とか「いてこます」などと言った、如何にも「上方ことば」風のものとは別に、上に挙げたような得体の知れない、不思議な感じのものもあるなあと思って、今回取り上げてみた次第です。


【追記】

早速読者の方からこんなメールをいただきました。

私の周りでは「きじゅつない」と発音している人がいるのですが、記事を拝見して「おおっ!漢字通りだったんだ!」と驚きがありました。

あと記事では紹介されていない言葉で「おがる」は普通に使われていますが、大阪弁なんですよね。ふ〜む。大阪弁は大阪人には区別がつきにくいですよね。

ところで「のつこつする」っていうのは、我が家ではふつうの表現ですが、通じるご家庭は少ないようです。

「おがる」? それ何ですかね? 一度も聞いたことないです。というわけで「大阪ことば事典」で調べてみたら、「さけぶ」「どなる」。ふーん、全然知りません。

で、「のつこつ」! これは傑作なものを! もう何十年も聞いたことないけど、ウチのおばあちゃんがよう言うてました。いやあ、こういうのこそ、響きが変で語源の見当もつかない、まさに不思議な関西弁です。リリカさん、どうもありがとう。


今度は別の読者の方から「めっこ」の語源に関する新情報です。

「目効」という単語が広辞苑に載っているのだそうです。「本物・真実を見極める力。観察眼。めきき」の意味で、「めっこ」はこのことばの訛りではないかとのこと。はあ、なるほど。

「めっこ」がよく使われる割には「目効」があまりに知られない単語だという恨みはありますが、音の類似性には説得力がありますね。

Copyright©yama-a May.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ