生きもののことば

先日、部下が「まるで蜂の子を散らすように」と言うので、それを言うなら「蜘蛛の子を散らすように」だと訂正したのですが、まあ、それも仕方がないでしょう。蜘蛛の子も蜂の子も実際見たこともないのですから。

かく言う私にしても、実際蜘蛛の子が散るところを見たという記憶が定かにはありません。あるいはテレビの動物番組か何かで見たのかもしれません。蜂の子にしても山村の温泉宿で佃煮になったものしか見たことがないように思います。

こんな具合に、喩えの元となる風景が日本の国から消えかかっているために、そのことばも一緒になくなるのではないか、あるいは、ことばだけが残って語源の想像がつかなくなるのではないかという例がたくさんあります。

例えば「雨後の筍のように」などと言いますが、その表現を聞いて雨の後にタケノコがにょきにょき出てくるさまを想像して愉しめる人が、今の日本にどれくらいいるのでしょう?

そもそも収穫した状態でしかタケノコを見たことがない日本人も増えているのではないでしょうか?

私はもちろん生えているタケノコを見たことがあります。しかし、「一昨日見た時には何もなかったのに、昨日雨が降ったら急に出てきたなあ」などと実感したことは一度もありません。

「柳が風になびくように」という表現も実感の湧かない人が増えてきているのではないでしょうか? 私が幼少の砌には、柳の木なんてそこかしこにあったものですが、最近はめっきり見なくなったような気がします。

この表現も「雨後の筍」のように、いつしか誰かが「なんでそう言うの?」と言い出しそうな気のする表現です。

タケノコはまだ良いのです。スーパーに行けば売っているので、せめてそこで見ることができます。しかし、現物を全く見なくなってしまうものもあります。

例えばヘビ。ヘビなんて昔はそこら辺にいたものですが、都会暮らしをしていると、もう何年も見たことがないと言う人が多いのではないでしょうか?

ヘビにまつわる表現としては、「蛇腹」「蛇口」「蛇の目」などたくさんの日本語があります。昔の日本人はいろんなものの形状をヘビになぞらえたようです。ヘビを見なくなった今の若い子たちにすれば、どうしてそういう言い方になっているのか想像がつかないのではないでしょうか。

ま、でも動物はまだ良いのです。動物園に行けば見られるわけですから。いや、「蛇の目」などというものはそれ自体が生活の中から消えようとしていますので、どっちみち分からなくなるものなのかもしれません。

そして、「蛇の目」という表現が消えるのであれば、同じように「蝙蝠傘」という表現も消えるのでしょう(たとえ蝙蝠傘という物自体は残ったとしても)。コウモリなんて、都市部では全く見なくなりましたから、それも仕方がないでしょう。

「蛇口」という表現はしっかり残っていますが、今このことばを音で聞いてヘビを意識する人はいないでしょう。同じように「がま口」と聞いて「蝦蟇(ガマ)」を思い浮かべられる人も極めて少ないはずです。

ま、「がま口」もまたそれ自体が生活のシーンから消えて行きつつありますが。

同じように消えつつあるものとして「張子の虎」があります。私の親の世代は中身の乏しい物や人間を「張子の虎みたいに」という言い方でよく揶揄していました。

昔は張子細工の置物は大抵の家にひとつぐらいはありましたからね。今それを説明するのは至難の業になってきています。

逆にものは決して消えていないのに語源が全く分からなくなるものもあります。例えばイソギンチャクです。

これは磯巾着なのですが、「磯」のほうは分かるにしても、和装の衰退とともに「巾着(キンチャク)」という入れ物も「がま口」同様使われなくなってきて、この生きものの名前がこれになぞらえて付けられているのだという実感が失われてしまいました。

今回は動植物にちなんだことばを取り上げましたが、ことばもまた生きものなのです。動物や植物たちと同じように、次々と生まれてはまた死んで行き、新しいことばに取って代わられて行くのです。

そう考えると当然なのかもしれません。

Copyright©yama-a May.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ