6=3+3?

先日私が勤める放送局にかかってきたクレーム(?)電話のひとつにこういうのがありました。

アナウンサーがプエルトリコをプエル=トリコという風に区切って発音しているが、あれは間違いで、正しくはプエルト=リコである。

これはしかし、ウチのアナウンサーが「プエル」と「トリコ」の間で半拍置いたり息継ぎしたりしたということでもなくて、思うに区切りと言うよりはアクセントの問題ではないでしょうか?

原語と(それが日本語になった)外来語のアクセントが違っているのはよくあることなので、この国名をスペイン語風に発音しなければならないと言うことでもないとは思います。

ただ、おっしゃっていることは確かで、プエルトリコは Puerto Rico です。o で終わる男性名詞 Puerto を、それに合せて o で終わる活用形になった形容詞 Rico が後ろから修飾しています。「豊かな港」「美しい港」という意味の国名なのです。

だから、確かに切れ目はプエルト=リコなのです。

これは以前「4=2+2」というタイトルで書いた文章に通じる話で、日本人は6という数字に遭遇すると同じように「6=3+3」とやってしまいがちで、プエルトリコを「6=4+2」に分解するのは思いもよらないのではないでしょうか。

同じようにサンフランシスコを、私は子供の頃ずっとサンフラン=シスコだと思っていました。上の流れで言うと「8=4+4」に分解しそうなものですが、それをやってしまうと後半が「ン」で始まってしまうので、「8=5+3」になったのかもしれません。

しかし、ご存知の通り、サンフランシスコは San Francisco です。ロサンゼルスもロサン=ゼルスだと思っていたら Los Angeles だったのですが、ここにはリエゾンが絡んできているので、少し措くことにします。

また、同じようにクアラルンプールがクアラルン=プールではなく、Kuala Lumpur であることを知った時も驚きました。ここでも勝手に「8=5+3」としていた(サンフランシスコ同様「8=4+4」にすると後半が「ン」で始まってしまうので)のが誤りだったのです。

地名ではありませんが、アクアスキュータムやペレストロイカも同じです。

アクアスキュータムは語源としては「水」を表すアクアと「盾」を表すスキュータムに分かれます(つまり元々は「防水」の意味だったそうです)。

ペレストロイカは「再」の意味の接頭語ペレと「構築」の意のストロイカからなる単語で、英語にすると restructure です。

私たちはついついアクアス=キュータム、ペレス=トロイカという風に、前後をできるだけ均等なバランスで分けてしまいます(ペレスト=ロイカという風に4+3に分解しないのは「トロイカ」という有名なロシア民謡があったからでしょう)。

さて、これは如何なる所以なのでしょう?

「4=2+2」で書いた時と同じく、これもまた私の拙い知識では解明しきれません。心理学や言語学の専門家でこういうことを研究している方がおられたら、是非教えてほしいものです。

Copyright©yama-a Jun.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ