列車の種別に悩む

私は大阪で生まれて阪急沿線で育ちました。高校大学も阪急電車で通っていたので、社会人になるまで、旅行の時を除けばほとんど阪急以外の電車に乗ったことがありませんでした。

就職して、そして東京にも転勤して、いろんな会社の電車に乗るようになって、列車にはいろいろな種別があることを知る一方で、慣れない路線ではどの電車に乗れば良いのか戸惑うことも多くなりました。

そう、阪急だけに乗っているのならとても分りやすかったのです。

私が乗っていた頃の阪急宝塚線には4つの列車種別がありました。普通(各駅停車)、準急、急行、特急です(ひょっとしたら幼少の頃は宝塚線にはまだ特急がなかったかもしれません)。

話は逸れますが、最近あまり使われなくなった表現に鈍行というのがあります。これはのろのろ行くという意味で、つまり普通より劣っているというニュアンスがあります。

しかし、考えてみれば、各駅停車が特に劣ったものであるはずはなく、せっかく作った駅があるのだから、そこに停まるのはむしろフツーのことで、かくして各停は「劣等」から「普通」に格上げされたのではないかと、これは私の穿った見解です(笑)

閑話休題。

さて、各駅停車よりも急行のほうが速いのは名前からして自明です。急いで行くわけですから。で、準急はその急行に準ずるわけですから、各停と急行の間。特急は特別急行の略ですから急行よりも速いわけです。

ところが、国鉄(現JR)や他の私鉄には快速などというのもあります。快い速さと言うぐらいですから、多分各停よりも速いのだろうと想像はつきます。そして特快(特別快速)というのもあります。これが快速よりも速いということも分かります。

ただ、会社によってはこの「快速/特快」カテゴリと「急行/特急」カテゴリが混在するところがあるのです。そうなってくると、例えば快速と急行とではどちらが速いのか、私には分からなくなるのです。

この辺は日本統一の基準があるわけでもなく会社によってバラバラですし、さらに会社によっては快速急行なんてのもあるからややこしくて仕方がありません。

それだけではありません。通勤急行とか通勤快速などというのもあります。

冗談でもなんでもなく、私は乗りつけない路線のホームにこの電車が入ってきた時、果たして乗って良いものやら悪いものやらと一瞬悩んだのでした。

つまり、通勤者でなくても乗れるのか?と(嘘ではありません。本当の体験談です)。

女性専用車両なら女性しか乗れません(法的な強制力はないとも聞きますが)。しかし、通勤快速には通学者も行商人も乗れるのです。なんと変な名前の電車なのだろうと首を傾げました。

通勤時の(いや、この表現も紛らわしいなあ)、ラッシュ・アワーの快速という意味なんですかね?

あと分からなかったのが区間急行や区間快速です。「区間」って何なのだろう?

これは多分、「ある区間は各停だが、ある区間は急行(快速)である」と言う意味なのかと思うのですが、急行とか快速って所詮そういうものではないかと思うのです。

特急なのにどこかの駅を過ぎたら全部停まるなんてよくあることじゃないですか? 違いますかね?

阪急電車では「この駅にはラッシュ時だけ特急が停まる」というようなケースもあるのですが、多分そういう不統一を嫌って新しい名前をつけたのがこの区間急行みたいなもんかなという気がします。

言わば変則的な特急や快速を、時間帯で限定したのが通勤快速、空間(駅間)で限定したのが区間快速、みたいな理解をしているのですが、鉄道マニアの方に言わせると違うのかもしれません。

ま、違ってても良いのです(ま、違ってたらとりあえず謝りはしますが)。私が言いたいのはこのネーミングが解りにくいなあということだけですから(笑)

論理性を重視すると、ことほどさようにネーミングというのは難しいのです。だから、論理的でないネーミングも結構多く、何でも論理的に理解しようとする私には甚だ解りにくいわけです。

それを言い出すと、そもそも、急行とか快速とかいう名前の付け方自体が問題です。これは電車の速度の問題ではないのですから。

いくら急いでいても、急行の停まらない駅に行くのに急行に乗るわけには行きません(もちろん途中で乗り換えたほうが早いケースはありますが)。急行が停まらない駅で電車を待っていると、急いでいるのに特急や急行ばかりが通過していらいらすることもあります。

問題は早いか遅いか、急いでいくかゆっくり行くかではなく、どの駅をいくつ飛ばすかなのです。それをスピードを表す漢字で表現しようとするのは少し違うような気がします。

もちろん、特急の最高速度は各停のそれよりも間違いなく速いでしょうが、それは結果論に過ぎず、特急の性質ではあっても定義ではありません。そして、もっと言えば「新快速」なんてネーミングはもってのほかで、この名前では快速よりも後にできた種別であることしか表していません。

というわけで、考えれば考えるほど、どの電車に乗って良いか分からなくなるのです。

しかし、それよりも何よりも、私が阪急以外の列車に乗ろうとして一番驚いたことは、「特急に乗るのに別料金が要るのか!」ということでした。それが最初の、「電車って、会社によってこんなに違うのか!」という驚きでした。

今では PC やスマートフォン用にいろんな時刻表アプリが出ているので、初めて乗る路線でも、それを使えば昔みたいに迷うことはなくなってきました。

ただ、おかげで、こんな風に列車種別のネーミングについてくよくよ考えてそれに疑義を呈するようなこともなくなってしまいました。

存外、ことばにとってはそのほうが痛手かもしれません(笑)

Copyright©yama-a Jun.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ