好きのうち?

突然思い出したのですが、「嫌よ嫌よも好きのうち」という言葉があります。これ、嫌いなんですよね。というか、日本の文化のこういうところが私は好きになれないのです。

まあ、表面上の意味に囚われずに深層の意味を汲み取るというコミュニケーションは、ひとつの職人芸としては見事なものでありますが、それは汲み取る側が望んで芸を競うものであって、「さあ、汲み取ってみろ」と言われても、言われたほうはメンドクセーなあという感じがするということです。

いや、メンドクセーと言うより、非常に失礼な感じを受けます。伝えようという気があるのか? 好きなら好きと言うのが明快なコミュニケーションではないのか、という思いです。

こういうコミュニケーションは世界で通用しないよ、と思うのですが、まあ、世界で通用しなくても日本人同士のコミュニケーションはこれで良いではないか、という反論もあるのでしょう。しかし、私にはご勘弁いただきたいものです。

少なくともお願いしたいのは、もしもあなたが「嫌よ嫌よ」と言った時に相手が「なんだ、嫌なのか」と逃げて行った場合は、自分の選んだ表現方法が誤っていたと素直に認めて諦めてほしいということです。

仮に理解できなかったのは言われたほうが裏側もヒダヒダも読み取れない唐変木であったからだとしても、コミュニケーションが成立しなかったのはそういう表現を選んでしまった自分の責任だと観念してほしいということなのです。

「分かるだろ!」とか「読み取れよ!」などと言うのは野蛮なことだと思うのです。

自分の気持をどう表現するか──それは言うまでもなく自由です。でも、それが伝わるか伝わらないかは、自分が選んだ表現方法に大きな部分を負うているのだと自覚してほしいのです。

私は本気で伝えたいこと(例えば相手のことを好きだと思う気持ちなどはそのひとつです)はシンプルな、そのまんまのことばで伝えたいと思っています。

私の言ったことに対しても、変に勘ぐらずに文字通りに理解してほしいと思っています。最近、私が好きな言葉は「他意はない」です(笑) 勝手な憶測はできれば差し挟まないでほしいと思っています。

何故なら、「嫌よ」という言葉を「好きのうち」という風に勝手に解釈することを許すと、「嫌よ」が本当に「嫌よ」であった場合、セクハラとか、あるいはもっとひどい場合は性犯罪に繋がってくる可能性があるのではないかと思うからです。

シャイな日本人というのもそれ自体は悪いものではありません。ただ、微妙なニュアンスを読み取れない日本人が近年とみに増えているようにも思うのです。

そういう中で、言うほうだけが「好きのうち」のつもりであっても、相手がちゃんと読み取ってくれるのか、本当に「嫌よ」なのに「そんなたぁねぇだろ」と都合よく思われたりしないか──そういうことがとても心配なのです。そして、その一方で、ああ、メンドクセーなあと思うのです。

メンドクセーこと言ってすみません。でも、どう考えても私はこの表現が嫌なのです(もちろんこれは「好きのうち」ではありません)。

Copyright©yama-a Jul.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ